茨城県筑西下妻エリアの車椅子で楽しめるバリアフリードライブコース

茨城県筑西下妻エリアの車椅子で楽しめるバリアフリードライブコース

茨城県の筑西市から下妻市にかけてのエリアには、車椅子で利用できる美術館や道の駅、産直ショップなど、バリアフリーなドライブでの立ち寄り先があります。障がいのある家族とのお出かけ先にお薦めできる、ドライブコースを紹介します。

2019年に開業したバリアフリーな道の駅を起点にして、筑西市から下妻市へ南下するルートです。

道の駅グランテラス筑西

筑西市の国道50号下館バイパス沿いにある「北関東最大級のハイブリッド道の駅」です。

芝生広場を中心に、物販棟など4棟が並ぶ施設で、施設全般全く段差のないバリアフリー設計です。

駐車場は広く、屋根付きの障害者用駐車区画が6台分あります。

2Fの「渡り廊下デッキ」へエレベーターで上がることができます。

車椅子で買い物、食事、休憩、なんでもできるバリアフリー施設です。

道の駅グランテラス筑西

板谷波山記念館

グランテラス筑西から約3km、下館駅の北側にある記念館です。

陶芸界の巨匠、板谷波山は下館の生まれです。1872年に波山が生まれた生家、制作活動をしていた東京田端の工房の再現施設、そして小さな展示館があります。

有料施設ですが入館料の障害者減免制度があります。一部を除き車椅子で観覧可能な記念館です。

駐車区画が整備されていない、記念館の前庭のようなスペースが駐車場です。

板谷波山記念館

しもだて美術館

板谷波山記念館から約400m、公共施設「アルテリオ」の3Fにある美術館です。美術館利用者は無料で使用できる地下駐車場があります。施設全般、そして美術館内は、車椅子で利用しやすいバリアフリー設計です。車椅子での利用、美術館の鑑賞に問題はありません。

展覧会の観覧料は障害者減免制度があります。

しもだて美術館

日本ハム下館工房

しもだて美術館から約2km、下館駅の南側にある工場内の施設です。

ソーセージ作りが出来る工房と、売店、レストランがあります。平屋構造で段差のない施設ですが、障害者用トイレはありません。一般的な洋式トイレです。

工房は予約制、売店ではここでしか買えないオリジナル商品があります。レストランのメニューはサンドイッチが中心です。

日本ハム下館工房

道の駅しもつま

日本ハム下館工房から約10㎞南下、下妻市に移動します。

「道の駅しもつま」は2015年に大規模リニューアル。段差解消されて車椅子で利用しやすい道の駅になりました。ショップ、食事処、コンビニなどが入ります。

施設3F部に展望ギャラリーがありますが、ここへは階段でしか上がれません。

道の駅しもつま

下妻市ふるさと博物館

道の駅しもつまから約8km、戦国時代の居城をイメージした建物の博物館です。

施設全般バリアフリーで、入館料は障害者減免制度があります。市の博物館としては、とても内容の濃い施設です。見学フロアは1Fで2Fは収蔵庫です。

下妻市ふるさと博物館

大宝八幡宮

下妻市ふるさと博物館から約5km、関東最古の八幡様です。

舗装路面の駐車場があり、拝殿までのルートは段差箇所にはスロープがあり、車椅子で参拝が出来ます。

本殿は16世紀に再建された国の重要文化財、参道沿いには珍しい狛犬が並ぶ古社です。

大宝八幡宮

やすらぎの里しもつま

大宝八幡宮から南へ約8km、産直、食事処、公園がある施設です。道の駅ではありません。

産直ショップと食事処内は、あまりスペースに余裕がありませんが、混雑していなければ車椅子で利用できます。

広い公園には、わんぱく広場、芝生広場、花のエリア、そして合計で200mの「フジの回廊」があります。公園内にはフラットな舗装散策路が用意されています。

やすらぎの里しもつま

以上、筑西市から下妻市にかけてのドライブコースと施設です。家族や本人の障がいの状況に応じて、立ち寄り先を選択してドライブをお楽しみください。

(本稿は2020年3月に執筆しました)