茨城の道の駅 まくらがの里こが 車椅子からみたバリアフリー情報

茨城の道の駅 まくらがの里こが 車椅子からみたバリアフリー情報

古河市の「道の駅まくらがの里こが」は、2013年に開業した、段差がまったくないバリアフリー設計の施設です。とても人気があるため、駐車場の混雑が問題でしたが、隣接地に新駐車場が増設されて、収容台数が大幅に増加しました。今回取材した2020年3月現在では、駐車場の再整備工事が行われています。完成後は、より車椅子で利用しやすい施設になりそうです。

道の駅 まくらがの里こが 車椅子からみたバリアフリー情報

〇屋根付きの障害者用駐車区画あり

障害者用駐車区画は屋根付きで3台分用意されています。スペースに余裕があり、とても使いやすい駐車区画です。ここに停められれば車椅子での乗降に問題はありません。

道の駅 まくらがの里こが 車椅子からみたバリアフリー情報

障害者用駐車区画が満車の場合は、増設された新駐車場の一般区画は横幅がやや幅広い設定になっています。ただし現時点では施設への通路は工事中です。

道の駅 まくらがの里こが 車椅子からみたバリアフリー情報

〇トイレは屋外と屋内に用意

障害者用駐車区画の近くに24時間利用の独立棟トイレがあります。また施設内の農産物販売コーナーの近くにもトイレがあります。どちらにも障害者用トイレが用意されています。

道の駅 まくらがの里こが 車椅子からみたバリアフリー情報

〇施設の概要

農産物直売所、物産品販売コーナー、イベント販売コーナー、フードコート、総菜店、パン屋、コンビニなどがあります。基本的には段差のない構造で、車椅子での利用は可能です。

道の駅 まくらがの里こが 車椅子からみたバリアフリー情報

物販コーナーは販売台の置き方によって、部分的に通路が狭い箇所があります。そのため混雑時は車椅子での移動に苦戦することがあります。

道の駅 まくらがの里こが 車椅子からみたバリアフリー情報

フードコートはセルフサービスです。車椅子利用者への特別な装備はありません。

コンビニの店内通路は幅広くはなく、混雑に備えて一方通行が指定されています。

道の駅 まくらがの里こが 車椅子からみたバリアフリー情報

混雑対策として新駐車場が増設され、さらに駐車場は改良工事中です。

道の駅 まくらがの里こが 車椅子からみたバリアフリー情報

「道の駅まくらがの里こが」は、ますます使いやすくバリアフリーに進化しています。