茨城工場直営 日本ハム下館工房 バリアフリー情報

茨城工場直営 日本ハム下館工房 バリアフリー情報

茨城県筑西市の「日本ハム下館工房」は、日本ハムのハム・ソーセージ製品の3割を生産している「茨城工場」の敷地に2002年に開業した施設です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

下館工房は、ソーセージ作りが出来る工房と、売店、レストランの構成です。来館者用の無料駐車場があります。工房は独立棟の平屋構造で、駐車場から店内まで段差はなく、車椅子で移動ができる施設です。

今回取材時した時点では、バリアフリートイレはありません。一般的な洋式トイレだけです。

専属のマイスターが指導するソーセージ作りは予約制。一人500円+材料費肉1kg千円という料金設定です。主要時間は製造に1.5時間、加工に1時間で合計2~3時間コース。車椅子での参加も可能ということですが、食品製造ですから衛生管理は重要。消毒、エプロンや衛生帽子の着用など、その方の障がいの状況に応じてご照会下さい。また、3時間コースでバリアフリートイレがないことも、考慮に入れて下さい。

売店コーナーの冷蔵ショーケースに「下館工房」ブランドのハム、ソーセージ、ベーコンなどが並びます。ここだけのオリジナル商品です。いずれも高級品で、お値段もそれなり。豊富に試食が用意されていました。工場直営の売店ですがアウトレット品はありませんでした。

商品別のお薦め調理方法やいただき方がかかれたレシピがあります。例えば「アイスパイン」は「食べやすい大きさに切ってゼラチンと一緒に。また梅肉に付けると美味しい。」そうです。

レストランコーナーは可動式のテーブルの椅子席なので、車椅子での利用は可能です。メニューはサンドイッチ。売店コーナーで販売している「下館工房」ブランドのハム、ソーセージ、ベーコンを使った、かなりボリュームのあるサンドイッチです。具材が足りないと、冷蔵ショーケースから商品をもってきて、開封して使います。ランチセットは、各種のサンドイッチに、ソーセージ2本、サラダ、ドリンク付き。普通の人は、満腹になるボリュームです。

工場では約1,000人の社員が働いているそうです。取材した時点では、茨城工場は日本ハムで最新かつ最大規模の工場です。フラット構造の施設ですが、バリアフリートイレがないことに注意してください。

筑西市の農産物直売所「ファーマーズマーケットきらいち筑西店」を別稿で紹介しています。ご参照ください。

(本稿は2017年5月の取材に基づいています)