車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~千葉県東葛・印旛・京葉・君津エリア編~

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~千葉県東葛・印旛・京葉・君津エリア編

「道の駅」は車椅子で利用出来る施設です。しかし現地のバリアフリー状況はそれぞれ。車椅子目線での情報と施設の特徴を紹介します。

本稿は千葉県の東葛・印旛・京葉・君津エリア(我孫子市、柏市、鎌ケ谷市、流山市、野田市、松戸市、印西市、栄町、佐倉市、酒々井町、白井市、富里市、成田市、八街市、四街道市市川市、市原市、浦安市、千葉市、習志野市、船橋市、八千代市、木更津市、君津市、袖ケ浦市、富津市)にある「道の駅」情報です。開業年が新しい順に紹介します。

 

 

 

「道の駅いちかわ」(市川市)

2018年開業。施設全域段差の無いフラット構造です。

障害者用駐車区画はトイレ棟近くに2台分を用意。屋根付きタイプで、トイレ棟と施設棟両方向に庇が続くので、雨の日も濡れずに利用できます。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~千葉県東葛・印旛・京葉・君津エリア編

24時間利用出来る独立型トイレ棟は、デザイン建築といってよい建物。木材を強調した棟の天井は高く、内部のスペースはゆったり。障害者用トイレは完全独立個室が一つ。他に男女別トイレ内にもスペースに余裕のある個室があります。

そして女性トイレ内だけではなく、男性トイレ内にも、赤ちゃんおむつ替えスペースの用意があります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~千葉県東葛・印旛・京葉・君津エリア編

施設内の通路幅は広く、車椅子で問題なく利用出来ます。産直野菜売り場はありますが小規模。むしろ行徳の海産物コーナーなど、千葉産物販コーナーが目立ちます。フードコートはなく、トラットリアが出店。カルチャースクールがあります。「道の駅」の新しいスタイルを提案している施設です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~千葉県東葛・印旛・京葉・君津エリア編

 

「道の駅木更津うまくたの里」(木更津市)

2017年開業。施設内は段差が全くないバリアフリー設計。車椅子で安心して利用できます。アクセスの表記が「海ほたるから20分」。アクアライン利用者へ、近さをアピールしています。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~千葉県東葛・印旛・京葉・君津エリア編

障害者用駐車区画は、独立トイレ棟の前に屋根付きで2台分を用意。トイレ棟には2つの障害者用トイレがあります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~千葉県東葛・印旛・京葉・君津エリア編

施設建物の規模感は中型から小型のコンパクトな道の駅です。産直、物産、軽食、観光情報で構成されます。店内通路はそれほど余裕がありません。少し混雑すると車椅子では苦戦するレベルです。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~千葉県東葛・印旛・京葉・君津エリア編

現在のところ、もっとも目立たせているのはピーナッツ。正面エントランスには巨大な落花生オブジェを配置。店内にもピーナッツ関連のディスプレイ、ピーナッツ関連商品が溢れています。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~千葉県東葛・印旛・京葉・君津エリア編

木更津市内の特産農産物はブルーベリー。関連商品を多数開発して、ブルーベリーの「6次産業化を進める」と、木更津市は力強く宣言しています。6次産業化とは、生産(一次)、加工(二次)、販売(三次)をすべて行うこと。1+2+3=6次、という意味です。

 

 

 

「道の駅あずの里いちはら」(市原市)

2002年開業。産直ショップと軽食コーナーなどが入るメイン棟、独立型のトイレ棟、そして別館「ふるさとハウス」で構成された施設です。キャッチコピーは「四季を感じる都会と田舎の出会いの場」。まさにその通りの「道の駅」です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~千葉県東葛・印旛・京葉・君津エリア編

障害者用駐車区画は施設正面左側のトイレ棟前の位置に2台分。もう一か所、施設正面右側の別館「ふるさとハウス」寄りにも2台分あります。

段差をスロープで回避する構造の施設です。駐車場からメイン棟やトイレ棟へは、スロープを上ります。トイレ棟の障害者用トイレは一つです。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~千葉県東葛・印旛・京葉・君津エリア編

メイン棟内の通路幅や飲食スペースはやや狭い設計です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~千葉県東葛・印旛・京葉・君津エリア編

別館「ふるさとハウス」の1Fは、イートインコーナーがある焼き立てパン屋。店内はやや狭く、車椅子での利用はギリギリです。

車椅子で利用できない決定的なポイントは2つ。道の駅の裏側から隣接する「農業センター」方面へのルートは山登り型の階段。そして別館「ふるさとハウス」の2Fへは階段のみです。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~千葉県東葛・印旛・京葉・君津エリア編

 

 

「道の駅しょうなん」(柏市)

2001年開業。手賀大橋のたもと、風光明媚な場所にあります。手賀沼の南側なので「しょうなん」です。沿道の交通量は多く、右左折の規制があるので、進入路をしっかり予習して利用してください。

駐車場は大きく2区画に分かれ、更に遠隔地に臨時駐車場があり、そして駐車場間の移動が出来ない構造です。障害者用駐車区画は2台分用意がありますが、混雑時は駐車に苦労する可能性があります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~千葉県東葛・印旛・京葉・君津エリア編

産直ショップ、レストラン、観光案内コーナーで構成されるシンプルな施設です。

産直ショップは「農産物直売所」と称しています。70軒の農家が出品。現在では主流になりましたが、地元の農家が経営に参画して、自分たちで商売をする、農業BtoCモデルの草分け的な存在です。

地場産朝採り野菜は美味しい。いつも地元の人で人気の「農産物直売所」ですが、店内通路は狭く、動線も一方通行方式。車椅子での店内回遊は苦戦します。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~千葉県東葛・印旛・京葉・君津エリア編

レストランは食券制セルフ方式で、イメージはフードコートに近い施設。開放的な窓からは手賀沼を一望します。フラットで広々した、車椅子で利用できる施設です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~千葉県東葛・印旛・京葉・君津エリア編

この他に道の駅にはレンタサイクルステーションが併設。観光案内コーナーは、各種の観光パンフレットが置かれ、PR映像がモニターで流れています。

 

 

 

「道の駅ふれあいパーク・きみつ」(君津市)

道の駅としての登録は1999年ですが、1996年から営業しています。「片倉ダム記念館」と「きみつふるさと物産館」で構成される施設です。

「片倉ダム記念館」はダムを紹介する展示がある無料公開の施設。障害者用駐車区画があり、館内に障害者用トイレがあります。車椅子で利用出来る記念館です。

道を挟んだ「きみつふるさと物産館」は、産直ショップと地元の物産販売、軽食コーナーなどがあります。トイレは独立棟内に障害者用が一つ用意されます。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~千葉県東葛・印旛・京葉・君津エリア編

「きみつふるさと物産館」側の駐車場の構造が変わっています。通り抜けが出来ない袋小路タイプで、障害者用駐車スペースは、袋小路の入口に2台分あります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~千葉県東葛・印旛・京葉・君津エリア編

全国でも珍しい“湖に浮かぶ道の駅”という紹介になっています。現地ではそういう印象は受けませんが、地図上では片倉ダムの“中”にあります。

房総半島の中心部は森と泉の山岳エリア。人造湖が多いのですが、幾つもの湖があり、豊かな森林が広がります。初夏の新緑や晩秋の紅葉も美しいエリアで、ドライブコースとしても人気。そんな房総半島中央部での貴重な休憩施設です。

 

 

 

「道の駅やちよ」(八千代市)

川を隔てた2つの施設、1997年に開業した「八千代ふるさとステーション」と、2013年に誕生した「やちよ農業交流センター」で構成される道の駅です。開業年次の隔たりにより、両施設のバリアフリー状況には差があります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~千葉県東葛・印旛・京葉・君津エリア編

「八千代ふるさとステーション」は、産直ショップ、食事処、売店という構成です。障害者用駐車区画、障害者用トイレはありますが、駐車場からのアクセスですら小さなデコボコが多数あり、施設内の通路は広さに課題があります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~千葉県東葛・印旛・京葉・君津エリア編

8月9月は名産の梨の季節。地元の梨が産直され、多くの買い物客で賑わいます。

「八千代ふるさとステーション」と「やちよ農業交流センター」間は、川に歩道橋が整備され、徒歩で移動することが出来ます。

「やちよ農業交流センター」の駐車場にも障害者用駐車区画があります。施設全般、段差のない構造で、屋内に障害者用トイレは一つ用意されます。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~千葉県東葛・印旛・京葉・君津エリア編

「やちよ農業交流センター」の開設主旨は「八千代市における市民と農業者の交流の拠点」となること。センターには「惣菜販売店」、小規模な「産直コーナー」、「休憩所兼軽食レストラン」、「研修室」などのパブリックスペース、収穫体験などの農業企画を受け付ける「事務所」、そして庭がバリアフリーな「バーベキュー場」になっています。

 

 

 

千葉県「道の駅」の紹介記事は、別に「千葉県香取・海匝エリア編」「千葉県山武・長生・夷隅エリア編」「千葉県安房エリア編」を掲載しています。クリックすると別稿が開きますので、ぜひご覧下さい。