千葉県 密閉密集密接を避ける 車で行く屋外型バリアフリー施設

混雑を回避できる千葉県の穴場スポットお出かけ先情報です。

駐車場がありマイカーで行ける屋外型施設で、ピークを避ければ混雑することが少ない、車椅子やベビーカーで利用できるバリアフリーなお出かけ先を紹介します。

 

さんぶの森公園(山武市)

ややマニアックな公園から紹介します。

広い公園です。園内にはアップダウンがあるので、車椅子では体力の範囲で無理なく散策してください。四季折々のお花が楽しめます。

シンボルタワーはエレベーターで展望台へ上がる屋内型有料施設です。

さんぶの森公園

 

飯塚沼農村公園(匝瑳市)

夏には蓮の花が咲く池のある公園です。広さは1.9ha。遊歩道が整備され車椅子で散策できます。

隣接する商業施設「ふれあいパーク八日市場」の「花・植木見本園」も、バリアフリーな屋外型の施設です。

飯塚沼農村公園

 

佐久間ダム湖親水公園(鋸南町)

佐久間ダムは1986年に完成した農業灌漑用堰止湖で、周辺を「佐久間ダム湖親水公園」とし、花の名所としています。水仙と桜の名所で、紫陽花とハスの植栽もすすめています。

公園全体がバリアフリーではなく、車椅子では段差のないスポットを訪ねます。ドライブを主体に楽しむ観光になります。

佐久間ダム湖親水公園

 

袖ケ浦公園(袖ヶ浦市)

2つの池を中心に散策路や広場がある公園です。バリアフリー上のポイントは駐車場の選択です。来園者用の一般駐車場から園内に向かうと、距離は短いながら急坂を下ります。

園内に「袖ヶ浦郷土博物館」と「アクアラインなるほど館」、入館無料の2つの施設があります。この施設の入口前に、それぞれ障害者用駐車区画が用意されています。

袖ケ浦公園

 

水郷佐原あやめパーク(香取市)

知名度は高い施設です。

2017年にリニューアルオープンしたバリアフリー施設で、「あやめ祭り」期間は混雑しますが、フジやハスの季節は、普通はそれほど混みません。

あやめの開花ピークの期間を避ければ、安心して利用できます。

水郷佐原あやめパーク

 

ふなばし三番瀬海浜公園(船橋市)

潮干狩りで名高い人気の公園です。潮干シーズンの4月から6月は混雑します。その時期を避ければ、安心して利用できます。展望デッキがあり、三番瀬を眺望できます。

「環境学習館」は屋内施設です。

ふなばし三番瀬海浜公園

 

市原史跡上総国分尼寺跡(市原市)

バリアフリーな史跡を紹介します。

奈良時代の建築物を復元した大規模な復元施設です。中門、金堂、回廊があり、車椅子で見学ができます。史跡の解説がある展示館は屋内施設です。

市原史跡上総国分尼寺跡

 

宗吾霊堂(成田市)

珍しい由来の寺院を紹介します。

江戸時代の義民「佐倉宗吾」を祀るお寺です。境内は未舗装路面や段差箇所があります。車椅子ではルートを選びながら、無理のない範囲でのお参りになります。

祭礼の日などを避ければ、それほど混みあうことはありません。

宗吾霊堂

 

飯岡刑部岬展望館(旭市)

外房のバリアフリー展望施設です。無料で利用できます。車椅子で360度の眺望が楽しめます。

サンライズ、サンセット、そして夜景も人気です。

飯岡刑部岬展望館

 

九十九里有料道路

ドライブそのものが観光として楽しめるシーサイドロードです。「波乗り道路」と呼ばれます。

東日本大震災後に道路のかさ上げ工事を行い、2017年に再開業しました。途中にある九十九里を眺望する休憩施設は、改修されて綺麗です。

九十九里有料道路

 

東関道佐原PAパノラマ展望台

最後に高速道路のPAにある展望施設を紹介します。東関東自動車道の佐原PA(上り)にあります。

段差箇所にはスロープがある上り坂を進みます。展望台からは水郷エリアと利根川の流れが眺望できます。

東関道佐原PAパノラマ展望台

障がいのある家族や小さなお子様と、密閉密集密接を避けてお出かけが出来る、バリアフリーな穴場スポットで楽しい休日をお過ごしください。

(本稿は2020年3月に執筆しました)

銚子から九十九里へ 車椅子で訪ねる千葉のバリアフリードライブコース

青い海と砂浜、断崖絶壁、そして美味しい魚と出来たての醤油。千葉県の太平洋沿い、銚子から九十九里浜にかけて、障がいのある家族と一緒に楽しめる、バリアフリーな観光施設をめぐるお薦めのドライブコースを紹介します。

車椅子で訪ねる千葉のバリアフリードライブコース

ヤマサ醬油しょうゆ味わい体験館

銚子は高速道路からのアクセスが悪く、東関道の佐原香取ICから一般道で約40km、順調なペースで約1時間かかります。

銚子で最初にお薦めするは、ヤマサ醤油の工場内にある「しょうゆ味わい体験館」です。工場見学は予約制で途中に階段があるルートです。工場見学センターで映画を見る、体験館で醤油の歴史や製造方法を知る、そして煎餅を焼くのは車椅子で可能です。

工場直売ショップがあり、ここでしか買えない醤油もあります。

ヤマサ醬油しょうゆ味わい体験館

 

銚子ポートタワー・ウオッセ21

ヤマサ醬油から約4km。銚子を代表する観光施設です。「銚子ポートタワー」、レストラン「うおっせ」、水産物即売センター「ウオッセ21」があります。古い観光施設なのでバリアフリーレベルはそれなりですが、車椅子で利用できない決定的な問題はありません。

ポートタワーの入館料は障害者減免制度があります。

銚子ポートタワー・ウオッセ21

 

地球の丸く見える丘展望館

銚子ポートタワーから海岸沿いに約6km進みます。愛宕山の上に建つ展望施設です。

施設の裏側に障害者用駐車場があり、そこからはスロープで入館できます。入館料は障害者減免制度があります。

車椅子では3Fのカフェに上がり、カフェの中から眺望を楽しみます。カフェには、そのための車椅子専用席が用意されています。外のテラスに出ると、壁が高くて車椅子からは空しか見えません。

地球の丸く見える丘展望館

 

飯岡刑部岬展望館

地球の丸く見える丘展望館から屏風ヶ浦を通り約13km西へ移動します。高さ約60mの断崖絶壁に建つ無料の展望施設です。エレベーターがあり車椅子で問題なく利用できるバリアフリー展望館です。別称は「光と風の展望館」で、九十九里浜から屏風ヶ浦、そして内陸側まで、360度の眺望が楽しめます。

飯岡刑部岬展望館

 

道の駅季楽里あさひ

刑部岬展望館から約8km内陸に進みます。2015年に開業したバリアフリー施設です。車椅子で問題なく利用できます。

道の駅季楽里あさひ

 

道の駅オライはすぬま

道の駅季楽里あさひから、海岸沿いに戻り約23km走ります。距離はありますが、スムーズに流れれば30分程度で到着します。

2005年に開業した老舗の道の駅です。施設のバリアフリーレベルは最新の道の駅に比べれば劣りますが、レストランの美味しさは定評があります。席は約半分がテーブル席です。

道の駅オライはすぬま

 

海の駅九十九里

オライはすぬまから海岸沿いを約10km進みます。片貝漁港の横にある施設で開業は2015年。車椅子で問題なく利用できるバリアフリー施設です。

1Fは産直ショップと入館無料の「いわし資料館」、2F は海鮮料理もいただけるセルフサービスのフードコートです。

海の駅九十九里

 

国民宿舎サンライズ九十九里

海の駅九十九里から約5km、最後の立ち寄り施設はホテルです。バリアフリーなレストランやショップがあります。

サンライズ九十九里からは「東金九十九里有料道路」に直結します。

車椅子で楽しい休日をお過ごしください。

(本稿は2020年3月に執筆しました)

千葉のバリアフリーレストラン 恋する豚研究所 車椅子利用ガイド

千葉県香取市の「恋する豚研究所」は、車椅子で美味しいお肉料理がいただけるお店です。ミートショップやスイートポテトのお店もあります。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2018年7月の取材に基づき、2020年1月に加筆修正しました。

 

○安全で美味しいお肉

地元千葉の農場が養豚する、安全で美味しい豚肉のブランドです。こだわりの飼料や飼育環境による、口当たりがよく、臭みの無い、ヘルシーな肉質が特徴です。

そのお肉を使ったレストランと、ハム・ソーセージを中心にしたミニショップ、別棟でスィートポテト専門店があります。

千葉のバリアフリーレストラン 恋する豚研究所 車椅子利用ガイド

○車椅子でのアクセス

アクセスは車です。周辺は緑豊かな里山エリアで「道の駅くりもと」が近くにあります。

無料駐車場があり、屋根無しで障害者用駐車区画が用意されています。

駐車場の前に芝生広場があり、自由に使えるバトミントンの道具が用意されています。

恋する豚研究所

○レストランは2F

メイン棟は2フロア構造で、レストランは2Fにあります。

エレベーターがあり、車椅子での上下階移動は可能です。

2Fに障害者用トイレがあります。

レストランはフラットで席の並びにスペース的な余裕があります。可動式のテーブル席なので、車椅子で利用できます。

人気のお店です。今回お昼に取材したところ、レストランは1時間待ちの案内でした。

恋する豚研究所

○ミートショップコーナーの状況

レストランの入口付近が、小さなミートショップになっています。買い物の精算は、レストランの会計で行います。

スペースは広くはありませんが、車椅子で買い物が出来るミニショップです。

2F中央部のフリースペースで、イベント的に商品の販売をおこなうことがあります。

恋する豚研究所

○別棟2Fは階段のみ

2018年4月に、敷地内に別棟のスィートポテト専門店がオープンしました。

2Fが飲食スペースですが、階段のみです。

1Fのショップは、車椅子で購入可能です。

 

地元の知的障がいの方を積極的に雇用している会社です。

恋する豚研究所は、車椅子で利用出来るレストランです。