房総横断鉄道沿線情報 車椅子で菜の花と桜を楽しめる上総中野駅

春の訪れとともに菜の花畑の中を走るローカル鉄道「小湊鐡道」と「いすみ鉄道」は、千葉県を代表する観光名所になりました。しかしながら両鉄道の駅および車両は、あまりバリアフリーではありません。車椅子で電車に乗り、車窓から菜の花や桜を楽しむのは、かなりの苦労が必要です。

菜の花と桜を楽しめる上総中野駅

また線路の脇などで、のどかな春の風景、菜の花畑とレトロな電車のコラボレーションを車椅子で安全に楽しめる場所も、あまりありません。例えば撮り鉄に人気の、小湊鐡道が菜の花畑の中を走る「石神菜の花畑」一帯は、駐車するスペースは近くにありますが、そこから急坂路や段差路を通り、花畑に近づきます。花畑はもちろん未舗装路面です。

菜の花と桜を楽しめる上総中野駅

大多喜町にある「小湊鐡道」と「いすみ鉄道」の接続駅「上総中野駅」は、車椅子で菜の花と桜を楽しめるスポットです。ただしホームと車両のドアは段差があるので、車椅子での車両の乗降は、楽ではありません。車で駅を訪れて、ホーム周辺から春の風景を楽しむことをお薦めします。

菜の花と桜を楽しめる上総中野駅

菜の花と桜を楽しめる上総中野駅

駅前広場はスペースに余裕があります。障害者用駐車スペースが整備されているわけではありませんが、よほどの混雑日でなければ、適当な場所に駐車可能です。

菜の花と桜を楽しめる上総中野駅

駅舎は貫禄のあるログハウス風。ハウスの中が待合室になっています。

菜の花と桜を楽しめる上総中野駅

ホームは2本あり、駅舎側が小湊鐡道、線路を跨いだ先がいすみ鉄道のホームという案内でした。

菜の花と桜を楽しめる上総中野駅

駅舎の出入口は段差のない構造で、車椅子で小湊鐡道ホームに問題なく移動できます。

菜の花と桜を楽しめる上総中野駅

そこからスロープ路を下ると、線路の高さまで車椅子で下りることができます。この位置が撮り鉄に人気の場所です。

その気になれば、多少デコボコはありますが、車椅子で線路を跨ぎ、スロープを上がり、いすみ鉄道のホームまで移動することも可能です。

菜の花と桜を楽しめる上総中野駅

駅の周辺は、線路沿い、そして近隣一帯が、菜の花と桜に彩られています。

菜の花と桜を楽しめる上総中野駅

菜の花と桜を楽しめる上総中野駅

竹を割ったデザインの建物はトイレ棟です。バリアフリートイレはありません。

菜の花と桜を楽しめる上総中野駅

電車の運行本数は、多くはありません。電車との出会いを求める人は、運行ダイヤを確認して現地を訪れてください。

菜の花と桜を楽しめる上総中野駅

春の房総半島で人気のローカル線観光。上総中野駅は、車椅子で菜の花と桜とレトロ電車を楽しめるスポットです。

(本稿は2021年3月に執筆しました)

千葉県 道の駅たけゆらの里おおたき 車椅子バリアフリー情報

竹とタケノコが特産の大多喜町にある施設。「たけゆら」とは当て字で「竹遊楽」と書きます。道の駅登録は2000年ですが、供用は1999年から。したがって今どきのバリアフリー設計ではありません。車椅子からみた現地の状況を紹介します。

道の駅たけゆらの里おおたき

〇障害者用駐車スペースは2台分

大きなサインがないので、わかり難いのですが、障害者用駐車スペースは、施設エントランス前に1台分、そしてトイレ棟の横に1台分あります。どちらも屋根なしで、路面に障害者マークはペイントされています。横幅はゆとりがある駐車スペースです。

道の駅たけゆらの里おおたき

〇施設の全体構造

直売所と食事処が入るメイン棟、独立休憩棟、そして独立トイレ棟で構成される施設です。

トイレ棟にはバリアフリートイレが2つ用意されています。どちらもスペースは余裕がありますが、今回取材時の状況では、ウォシュレットがないシンプルな設備のトイレでした。ユニバーサルベッドはありません。

道の駅たけゆらの里おおたき

道の駅たけゆらの里おおたき

独立休憩棟は、段差はありませんが、テーブルとベンチは固定式です。固定テーブルの横の場所なら、車椅子のまま利用できます。テーブルは2つで、残りはベンチだけの設備です。

道の駅たけゆらの里おおたき

道の駅たけゆらの里おおたき

〇メイン棟のバリアフリー状況

出入口は段差構造ですが、段差回避スロープ板が設置されています。

道の駅たけゆらの里おおたき

エントランスから館内に入ります。

道の駅たけゆらの里おおたき

正面からみて左側が直売所「採れたて市場」、右側が「たけゆら食堂」です。どちらも段差なく移動できます。

「採れたて市場」内の通路幅は一般的なサイズで、混雑していなければ車椅子で買い物ができます。売り場が2つに分かれている構造で、広い売り場が農産物中心、狭い売り場は物産品中心の品ぞろえです。この2つの売り場をつなぐ箇所の通路幅がやや狭く、ほかにお客さんがいると車椅子での通行に苦戦します。

「たけゆら食堂」は食券式のセルフサービス店です。フラットな構造で可動式のテーブル席が配置されています。スペースはとても余裕があるので、セルフサービスに対応できる人なら、車椅子で問題なく利用できます。

道の駅たけゆらの里おおたき

〇タケノコ、シイタケ、ジビエ・・・

春には名産のタケノコが、平台に山積みになって販売されます。キノコ類も豊富で、原木栽培のシイタケなどが自慢です。そして大多喜の山中で捕獲されるイノシシ肉。地元の特産品が豊富です。コロナ禍以前は、観光客を乗せた大型バスが次々に立ち寄りました。施設の駐車場は、大型バス用の駐車区画が4台分用意されています。

 

〇大多喜城はバリア施設

大多喜を代表する観光スポットの一つは大多喜城。正式名称は「千葉県立中央博物館大多喜城分館」で、上総大多喜城本丸跡に建設された天守閣づくりの歴史博物館です。

道の駅たけゆらの里おおたき

この博物館はエントランスが階段、内部も階段構造、スロープやリフトなどはありません。車椅子での見学は出来ない博物館です。

道の駅たけゆらの里おおたき

ただし、お城の横に身体障がい者用の駐車スペースがあり、その場で電話連絡をすると利用できます。博物館の入館料は障害者減免制度があり、本人と介助者が無料に減免されます。駐車場の横のトイレ棟には、設備はシンプルですがバリアフリートイレがあります。

道の駅たけゆらの里おおたき

したがって、博物館には車椅子で入館できませんが、天守閣の周りを車椅子で一周することは出来ます。

道の駅たけゆらの里おおたき

道の駅たけゆらの里おおたき

山の恵みがあふれる大多喜。「道の駅たけゆらの里おおたき」は、新しい施設ではありませんが、車椅子で利用できます。

(本稿は2021年3月に執筆しました)

千葉県 道の駅おおつの里花倶楽部 車椅子バリアフリー情報

南房総市富浦町大津にある施設です。一般的な道の駅とは異なり、「花」に特化した構成で、農産物直売所や食事処はありません。

道の駅に登録されたのは2003年ですが、施設としては1993年に開業しています。したがって今どきのバリアフリー設計の施設ではありません。

ユニークな道の駅「おおつの里花倶楽部」の、車椅子からみたバリアフリー状況を紹介します。

道の駅おおつの里花倶楽部

〇駐車場の状況

冨浦ICから車で5分ほどの距離です。

駐車場は20台程度の収容と広くはありません。状況によっては、空きスペースを活用します。

道の駅おおつの里花倶楽部

障害者用駐車区画は屋根なしで1台分。ブルーの塗装が施されています。

道の駅おおつの里花倶楽部

〇施設全体の状況

道の駅ではなく、大きな温室がある花畑のイメージです。バリアフリートイレは、24時間利用の独立トイレ棟に1つあります。今回取材時の状況では、シンプルな設備のトイレでした。清掃は行われています。

施設のエントランス周辺は、段差はありません。車椅子で施設内に移動できます。中に入ると左手にお会計やソフトクリームなどのテイクアウトをオーダーするカウンター、そして小規模な物産品のお土産コーナー、フリーテーブルが置かれる休憩コーナーがあります。床面は一部高低差がありますが、スロープ化されているので、車椅子での移動は可能です。

道の駅おおつの里花倶楽部

この一角以外は、すべて花のコーナーで、エントランス近くは切り花が販売されるエリア、その奥は花畑です。切り花売り場は車椅子で移動できるフラットな路面です。

道の駅おおつの里花倶楽部

屋外に季節のお花が栽培される広場があります。舗装路面があるので、車椅子からお花を観賞することが出来ます。

道の駅おおつの里花倶楽部

〇花畑のバリアフリー状況

お花の栽培エリアは舗装路面と未舗装路面があります。未舗装路面でもデコボコが少なく固い路面が多いので、車椅子で広範囲を移動できます。

道の駅おおつの里花倶楽部

鉢植えで栽培されている花卉もあり、様々な植栽を鑑賞することができます。

道の駅おおつの里花倶楽部

今回取材時は、キンギョソウとポピーの花摘みができました。鋏を受付で借り、摘んでから本数に応じた料金を精算します。

道の駅おおつの里花倶楽部

花摘み畑の様子です。キンギョソウの畑は通路が狭く、全体的には車椅子での花摘みは難しい状況です。

道の駅おおつの里花倶楽部

ポピーの栽培エリアは、もちろん未舗装路面ですが、その気なれば車椅子で花摘みができそうな状況です。

道の駅おおつの里花倶楽部

スタッフの人は、出荷用の切り花の準備に、忙しく手を動かしています。道の駅おおつの里花倶楽部は、一般的な道の駅のイメージではありません。花に特化したユニークな施設です。

(本稿は2021年3月に執筆しました)