太東崎灯台展望台 車椅子観光ガイド バリアフリー情報

千葉県いすみ市、九十九里浜の最南端に位置する絶景ポイントです。バリアフリーとはいえませんが、少し無理をすれば車椅子で大海原を見渡す景観を楽しめます。

アクセスは車です。外房を走る国道128号線の「太東崎灯台入口」から横道に入ります。ここから先は舗装路ですが狭い道を通行します。灯台に近づくにつれて、急こう配の狭い道になります。対向車が来るとすれ違えない区間が多々あるので、慎重にドライブして下さい。

灯台の横まで来ると、視界が広がる高台の空間にでます。灯台よりも海寄りの場所が駐車場で、10台程度収容する広さがあります。舗装路面ですが、障害者用駐車区画はありません。

太東崎灯台展望台

駐車場の隣が絶景ポイントの展望台です。その距離は10m程度。ただし駐車場から先はガタゴトの未舗装路面で傾斜もあります。そこを多少無理して車椅子で乗り越えれば、展望台にでます。

太東崎灯台展望台

太東崎灯台展望台

展望台もデコボコがある未舗装路面ですが、傾斜は少なくほぼフラットな路面です。

太東崎灯台展望台

海に突き出した崖の上なので、200度以上の視界で大海原を眺望します。素晴らしい景観です。

太東崎灯台展望台

振り返ると、太東崎灯台が建っています。

太東崎灯台展望台

駐車場の少し下の場所に、公衆トイレがあり、障害者用トイレが1つ用意されています。

太東崎灯台展望台

外房の大パノラマを楽しめる展望台です。多少の悪路なら乗り越えることができる車椅子利用者は、太東崎灯台展望台を利用できます。

(本稿は2021年1月に執筆しました)

千葉県立富津公園 車椅子観光ガイド バリアフリー情報

東京湾に突き出した砂洲、富津岬の先端は県立公園です。ジャンボプールや運動場、テニスコートなど、スポーツ施設が充実しています。車椅子で富津公園を楽しむなら、岬先端の「明治百年記念展望台」付近から、東京湾の絶景を眺めるのがお薦めです。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

 

○岬の先端を目指す

アクセスは車です。千葉県立富津公園は大きな公園です。カーナビで富津公園を目的地に指定すると、公園の入口に誘導されるはずです。そこから岬の先端までは、まだ距離があります。一本道なので、迷わず真っすぐに進んでください。

 

○明治百年記念展望台が目印

先端にある展望台は「明治百年記念展望台」です。この展望台は階段しかなく、車椅子で利用できません。展望台の横を通り過ぎると、すぐに無料駐車場があります。

千葉県立富津公園

○障害者用駐車スペースは駐車場の奥

明治百年記念展望台の近くに障害者用駐車スペースがありそうな気がしますが、障害者用駐車スペースは展望台から最も遠い駐車場の奥にあります。

千葉県立富津公園

海を向いて車椅子マークの駐車区画が用意されています。この駐車区画以外の場所からは、駐車場と歩道に段差があり、車椅子で移動できません。段差解消があるのは、車椅子マークの駐車区画の横です。

千葉県立富津公園

その奥に公衆トイレがあり、障害者用トイレが1つあります。

千葉県立富津公園

○車椅子での散策範囲

段差なくフラットな舗装路を散策できるのは、駐車場の周囲だけです。車椅子マークの駐車区画から歩道に上がります。目の前は砂浜です。東京の東側から千葉の西側の湾岸を正面に臨みます。

千葉県立富津公園

そこから明治百年記念展望台へ移動すると、東京の西側から三浦半島方面が見えます。更に先には、相模湾越しの富士山が見える方向です。

千葉県立富津公園

千葉県立富津公園

千葉県立富津公園

明治百年記念展望台の目の前の島は第一海保。引き潮の時は陸続きになるそうです。ただし徒歩での島渡は禁止されています。

千葉県立富津公園

千葉県立富津公園は、車椅子で東京湾の眺望を楽しめます。視界の良い、好天の日の行楽をお薦めします。

(本稿は2021年1月に執筆しました)

東京湾観音 車椅子での拝観と山頂のバリアフリー情報

千葉県富津市、東京湾を見下ろす大坪山に建つ東京湾観音は、その胎内を階段で拝観できます。しかしエレベーターはないので、車椅子では胎内拝観は困難です。近くから、そのお姿を仰ぎ見るお参りになります。

アクセスは車です。山の頂上へ続く道が、表参道とされています。カーブが多い長い急坂路を上がりますが、道路は整備されているので、車の通行は問題ありません。

山頂に参拝者用の無料駐車場があります。しかし路面は未舗装で石がゴロゴロしている路面です。車椅子では慎重に移動する必要があります。

東京湾観音

観音様の足元の敷地内に入るのは有料です。拝観所が新しくなりました。ここで拝観料を支払います。拝観所への石畳アプローチ周辺の砂利路面は深く、車椅子が動かなくなりました。そのようなこともあり、今回の取材では、新拝観所内へ行くことは断念しました。

東京湾観音

駐車場の未舗装路面を越えると、舗装路にでます。ここから有料エリアの柵の手前までは、車椅子で楽に移動できます。

東京湾観音

その付近から見上げた観音様と、柵の外からみた有料エリア内の様子です。

東京湾観音

東京湾観音

東京湾観音

東京湾観音は、未舗装砂利路面を通行できれば、有料エリアに車椅子で入ることができます。胎内拝観は324段の階段を上がります。エレベーターはありません。

(本稿は2021年1月に執筆しました)