ふなばし三番瀬海浜公園 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

千葉県船橋市の「ふなばし三番瀬海浜公園」は、車椅子利用への配慮がある施設です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年11月の取材に基づいています。

ふなばし三番瀬海浜公園

○公園全体のバリアフリー状況

都心から一番近い潮干狩り場として有名な公園です。車椅子での潮干狩りは無理がありますが、バリアフリーな施設がある海浜公園です。

ふなばし三番瀬海浜公園

管理事務所棟の中には車椅子で利用できる「環境学習館」があります。

ふなばし三番瀬海浜公園

芝生広場、噴水広場などがあり、フラットな舗装散策路が整備されています。

ふなばし三番瀬海浜公園

海を臨む展望デッキはエレベーターがあり、車椅子で利用できます。

千葉県船橋市の「ふなばし三番瀬海浜公園」

○障害者減免制度

アクセスは車が便利です。来園者用の有料駐車場があります。障害者用駐車区画は、管理事務所棟の近くに2台分用意されています。

千葉県船橋市の「ふなばし三番瀬海浜公園」

駐車料金は障害者減免制度があり、無料に減免されます。一回の利用につき一律料金制で、駐車場入庫の際に駐車料金を支払います。

入庫時にいったん駐車料金を支払い領収書を発行します。領収書と障害者手帳を管理事務所の受付に提示して、現金還付を受ける運用です。

千葉県船橋市の「ふなばし三番瀬海浜公園」

「環境学習館」は障害者本人と介助者1名の入館料が無料に減されます。学習館入口の受付で手帳を提示する運用です。

千葉県船橋市の「ふなばし三番瀬海浜公園」

○展望デッキのバリアフリー状況

車椅子で「ふなばし三番瀬海浜公園」に出かけたら、是非利用したいのはバリアフリーな展望デッキです。東京湾最奥部の1,800haにわたる水深5m以下の浅瀬「三番瀬」と、「関東の富士見百景」に選ばれた風景を楽しむことができます。10月と2月には、気象条件に恵まれればダイヤモンド富士が観られます。

ふなばし三番瀬海浜公園

展望デッキは3フロア構造です。エレベーターが1基あり、2F・3Fの両展望デッキを車椅子で利用できます。

ふなばし三番瀬海浜公園

3Fのデッキは何もない広々した空間です。フラット構造で、車椅子で問題なく利用できます。

ふなばし三番瀬海浜公園

2Fデッキは屋内部と屋外部があります。

ふなばし三番瀬海浜公園

エレベーターを下りると屋内部に出ます。ここには車椅子で利用しやすい可動式フリーテーブル席が用意されています。

ふなばし三番瀬海浜公園

屋外部に出ると、固定テーブル席が配置されています。このテーブルは車椅子の足が入らないタイプです。

ふなばし三番瀬海浜公園

展望デッキのエレベーターは、両サイドに開閉扉があるタイプで、1Fと2F・3Fは反対側の扉が開きます。したがって1Fから乗って、2Fまたは3Fで降りる場合、車椅子の向きを変えずに直線的に乗降できます。

ふなばし三番瀬海浜公園

○環境学習館のバリアフリー状況

環境学習館は2フロア構造で、車椅子で問題なく見学ができるバリアフリー施設です。対象は小学生で、子供向きの展示内容です。

ふなばし三番瀬海浜公園ふなばし三番瀬海浜公園

「ふなばし三番瀬海浜公園」は、車椅子で展望デッキからの眺望が楽しめる公園です。

ふなばし三番瀬海浜公園

千葉ポートタワー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

千葉港に建つ「千葉ポートタワー」は、車椅子で利用できる観光施設です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年11月の取材に基づいています。

千葉ポートタワー 

○タワーの全体概要

高さ125mの展望タワーです。

1Fがお土産品も扱う売店と休憩スペース。そしてタワーへの入場受付。

高さ105mの2Fは、恋人の聖地「サンセットプロムナード」。

高さ109mの3Fはレストラン。

そして最上階113mの4Fが展望フロアです。

千葉ポートタワー 

○施設のバリアフリー状況

1Fのエントランス周辺はフラットな構造です。

千葉港に建つ「千葉ポートタワー」

1Fフロア内もフラット構造で、車椅子で利用できます。

千葉港に建つ「千葉ポートタワー」

千葉港に建つ「千葉ポートタワー」

千葉港に建つ「千葉ポートタワー」

千葉港に建つ「千葉ポートタワー」

エレベーターで上る2Fから4Fの各フロア内も段差はありません。

千葉港に建つ「千葉ポートタワー」

2F以上の展望施設の利用は有料ですが、障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。1Fの受付で手帳を提示する運用です。

千葉港に建つ「千葉ポートタワー」

○駐車場は満車に注意

アクセスは千葉みなと駅から徒歩12分の案内です。車椅子利用者は車の利用が便利です。

周辺は「千葉ポートパーク」という公園で、無料駐車場があります。入口が分かれて、一般駐車場と大型バス用駐車場があり、障害者用駐車区画は大型バス用駐車場の中に2台分用意されています。

千葉ポートパークは人気の公園です。好天の週末などは、駐車場は満車になることが多いので注意して下さい。

千葉ポートパーク

千葉ポートパーク

○障害者用トイレは細長い

千葉ポートタワーの障害者用トイレは1Fにあります。幅が狭く奥に長いスペースのトイレです。広いスペースが必要な方は、利用が難しいトイレです。

千葉ポートタワーの障害者用トイレ

○4F展望フロアのバリアフリー状況

1Fからエレベーターで4Fへ上ります。エレベーターにはスタッフが同乗します。状況に応じた車椅子利用者への配慮をしていただけます。

展望フロアは床面からガラス構造です。車椅子から360度の眺望を楽しめます。

千葉ポートタワー

千葉ポートタワー

千葉ポートタワー

千葉ポートタワー

千葉ポートタワー

○3Fレストランのバリアフリー状況

一般利用者は4Fから階段で3Fと2Fへ下りて、2Fから下りのエレベーターに乗ります。車椅子利用者は各フロアからエレベーターが利用できます。

3Fは「シーガルキッチン」で、ビュッフェ形式の展望レストラン

3Fは「シーガルキッチン」で、ビュッフェ形式の展望レストランです。可動式のテーブル席なので、車椅子での利用は可能です。

ただしビュッフェなので、自分で料理をもってくる必要があります。

3Fは「シーガルキッチン」で、ビュッフェ形式の展望レストラン

3Fは「シーガルキッチン」で、ビュッフェ形式の展望レストラン

○2Fサンセットプロムナードのバリアフリー状況

4F展望フロアと構造的には同じフラットフロアです。

恋人の聖地なので、様々な演出があります。

2Fサンセットプロムナードのバリアフリー状況

2Fサンセットプロムナードのバリアフリー状況

2Fサンセットプロムナードのバリアフリー状況

2Fサンセットプロムナードのバリアフリー状況

2Fサンセットプロムナードのバリアフリー状況

2Fサンセットプロムナードのバリアフリー状況

○千葉ポートパークのバリアフリー状況

ポートタワーがある公園「千葉ポートパーク」は、1986年に開園した28haの広い公園です。

円形芝生広場やウォータープラザ、テニスコートなどがあり、車椅子で散策ができる通路が整備されています。

夏場は水遊びや手ぶらでBBQが楽しめます。

千葉ポートパークのバリアフリー状況

千葉ポートパークのバリアフリー状況

千葉ポートパークのバリアフリー状況

千葉ポートタワーは、車でアクセスした場合の駐車場の状況と、狭いトイレに注意して下さい。この2点以外は、問題なく車椅子で利用できるバリアフリー施設です。

義民を祀る宗吾霊堂 車椅子参拝 バリアフリー情報

千葉県成田市の「宗吾霊堂」は、江戸時代の義民「佐倉宗吾」を祀るお寺です。境内はバリアフリーではありません。車椅子でお参りができる施設を中心に、現地の状況を紹介します。

なお本稿は2017年4月の取材に基づいています。

 

○義民「佐倉宗吾」

四代将軍に佐倉藩の圧政重税を直訴し、その罪で処刑された義民、佐倉宗吾を祀るお寺です。

宗吾様の本名は公津村(現在の成田市)の名主、木内惣五郎。罪人なので、江戸時代は廟を建てることは許されませんが、100年忌に際して佐倉藩主が法号をあたえ、いわば名誉回復が行われ、以来信仰の対象になりました。

お寺としては、1000年前に創建された真言宗東勝寺が正式名称で、宗吾霊堂は通称です。

人が神になり信仰の対象になることは日本では珍しくありませんが、名主クラスが神になるのはとても珍しいことです。

 

○無料駐車場は2か所

徒歩圏内に駅はありません。車の利用が便利です。

参道の左右に無料駐車場があります。取材時は、どちらにも障害者用駐車区画はありませんでした。

一つの駐車場には、川魚のお土産店が出店しています。

駐車場の近くに公衆トイレがあり、障害者用トイレが用意されています。

 

○この地は江戸時代の処刑場

駐車場から参道へは、ルートを選べば舗装路があります。ただし経年劣化が進んだ舗装路なので、小さなデコボコがあります。

参道には小規模なお土産店があります。

境内入口近くに宗吾様と4人の子どものお墓「宗吾様御廟」があります。

宗吾様は磔刑、子ども達は打ち首刑。罪状は将軍への直訴の罪。このお墓の場所が当時の刑場で、処刑された場所にお墓が建てられています。

 

○本堂のバリアフリー状況

「宗吾様御廟」から参道を進みます。

「仁王門」の下は車椅子でそのまま通行できる段差の無い路面です。「金色仁王尊」がいらっしゃいます。

その先も「大本堂」まで参道は車椅子で通行できます。本堂の拝殿は階段の上です。車椅子では段の手前からのお参りになります。

 

○御一代記念館のバリアフリー状況

宗吾様の一代を人形66体で紹介する「御一代記念館」は有料施設です。観覧料の障害者減免制度はありませんが、車椅子で入館可能です。

御一代記念館の展示内容は感動的で、入館者の50%は泣いてしまう、という説があります。

遺品などを飾る「宗吾霊宝殿」は、入口が段差で靴を脱いで上がる施設です。車椅子での利用はできません。

 

○和庭園のリアフリー状況

本堂と御一代記念館の間は、信者の寄贈による美しく造営された和庭園があります。このお庭には車椅子で立ち入ることが出来ます。

また本堂裏手は7千株の紫陽花園があり、6月には紫陽花祭りが開催されて賑わいます。

その他には、薬師堂、鐘楼堂、聖天堂など、境内には見どころが多々あります。ただし一部は未舗装路になるので、車椅子は慎重に進んで下さい。

宗吾霊堂

宗吾霊堂はバリアフリー仕様ではありませんが、ルートを選べば車椅子でお参りが出来ます。