千葉県道の駅バリアフリー情報~山武・長生・夷隅エリア編~

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~千葉県山武・長生・夷隅エリア編~

「道の駅」は車椅子で利用出来る施設です。しかし現地のバリアフリー状況はそれぞれ。車椅子目線での情報と施設の特徴を紹介します。

本稿は千葉県の山武・長生・夷隅エリア(大網白里市、九十九里町、山武市、芝山町、東金市、横芝光町、一宮町、白子町、長生村、長南町、長柄町、睦沢町、茂原市、いすみ市、大多喜町、御宿町、勝浦市)にある「道の駅」情報です。開業年が新しい順に紹介します。

 

 

「道の駅みのりの里東金」(東金市)

2014年から一部は営業していますが、道の駅として全面開業したのは2015年です。農産物直売所と花木売場、レストランで構成されます。コンセプトは「人・もの・情報が行き交う。東金市民のリフレッシュ空間」です。

障害者用駐車区画は4台分。障害者用トイレは独立棟トイレに一つ用意されます。施設全般バリアフリーで、車椅子での利用に大きな問題はありません。

産物直売所は「東金マルシェ」。幅広通路でバリアフリーなショップです。扱い商品は地場産品比率が高く、価格設定も適正です。

例えば千葉名産品の「みそピーナッツ」は、容器の形状、内容量、生産者がいろいろあり、選ぶ楽しみがあります。ピーナッツや野菜類だけでなく、乳製品や鶏卵なども充実しています。

屋外の花木売場は「緑花木市場」。全域がほぼバリアフリーです。その名通り植木を中心にした植栽、ハウス内のお花、野菜の苗、そして造園用の石や置物などが配置されています。この地は元々、植栽や庭園造営関係の施設だったところです。

独立棟レストランは「リストランテ とっチーノ」。店内はフラットでスペースの余裕があり、可動式のテーブルと椅子席を配置。車椅子での利用は可能です。地場の野菜を活かしたパスタ料理などがメインメニューです。

「東金マルシェ」が入るメイン棟の中には、アイスなどのテイクアウトショップと、車椅子で利用できるフリーテーブル席があります。

 

 

 

「道の駅風和里(ふわり)しばやま」(芝山町)

道の駅登録は2011年ですが、供用開始は2008年です。場所は成田空港のすぐ近くで、2014年に同じ経営母体が運営する同姓同名の「空の駅風和里」が、直線距離で3kmの近所にオープンしました。成田周辺の道を走っていると、「空の駅」「道の駅」それぞれの案内板があります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~千葉県山武・長生・夷隅エリア編~

障害者用駐車区画は2台分。障害者用トイレは一つ用意されます。施設全域、ほぼ段差の無い構造で、車椅子で利用しやすい施設です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~千葉県山武・長生・夷隅エリア編~

産直ショップ、喫茶、観光情報センターで構成される施設で、自由に利用できる芝生広場が整備されています。

産直ショップの通路幅は並みで、混雑していなければ車椅子での買い物は可能です。直売所の商品は、芝山町の約300人の会員が生産する地場ものが中心です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~千葉県山武・長生・夷隅エリア編~

喫茶・軽食コーナーはフラットで可動式のテーブルと椅子を配置。車椅子での利用は可能です。ソフトクリームが人気です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~千葉県山武・長生・夷隅エリア編~

芝山は「はにわ博物館」まである「はにわ」の町です。「道の駅風和里しばやま」が面している県道62号線は、通称「はにわ道」。九十九里から成田空港までを結び、そのところどころに人間の等身大程度の大きさの「はにわ」が設置されています。

 

 

 

「道の駅つどいの郷むつざわ」(睦沢町)

道の駅登録は2004年ですが、供用は2002年。小規模な道の駅です。

障害者用駐車区画は2台分。独立トイレ棟に障害者用は一つ用意されます。それぞれ独立棟の産直ショップと食事処で構成されます。敷地内にはCVSが出店しています。

直売所は小規模なショップですが、スペースの余裕はあり、車椅子での利用は可能です。

食事何処は「創作料理の店 彩創喜(さつき)」。小さなお店で過半は座敷席。テーブル席が利用出来れば車椅子で食事が出来ます。予約可、という案内です。

 

 

 

「道の駅ながら」(長柄町)

2005年の開業ですが、2018年に産直ショップを増改築しました。

障害者用駐車区画は2台分。独立トイレ棟に障害者用は一つ用意されます。トイレと産直ショップ、観光情報コーナー、休憩コーナーで構成されます。

シンプルな道の駅ですが、車椅子での産直ショップ利用は可能です。

 

 

 

「道の駅オライはすぬま」(山武市)

2005年開業。九十九里海岸から近く、とても人気のある道の駅です。海水浴シーズンだけではなく、オールシーズン週末は混みあいます。

障害者用駐車区画は3台分を用意。第一駐車場が満車の場合は、隣接する山武市蓮沼支所の駐車場が第二駐車場のように開放されますが、途中のルートに小さな段差があり、車道を横断することになります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~千葉県山武・長生・夷隅エリア編~

障害者用トイレは一つ。レストラン棟の奥、物産館の横のトイレ棟内にあります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~千葉県山武・長生・夷隅エリア編~

レストラン「蓮味」のランチは混みます。席の約半分は小間上がり席で車椅子では利用不可。半分が一般的なテーブル席です。

物産館「喜太陽」は地場産の野菜、九十九里特産の海産物などが並ぶ産直ショップです。空いてれば車椅子での利用は可能ですが、店舗内の通路幅にあまり余裕がないので、混雑時は車椅子での店内回遊に少し苦労します。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~千葉県山武・長生・夷隅エリア編~

別棟の案内所内に、山武郡蓮沼村出身で「蓮沼小学校」「蓮沼中学校」卒業の、元中日D鈴木孝政投手の記念展示があります。ユニホーム、パネル写真、記念ボールなどが展示され、鈴木氏の略歴やプレー記録が紹介されています。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~千葉県山武・長生・夷隅エリア編~

 

 

「道の駅たけゆらの里おおたき」(大多喜町)

道の駅登録は2000年ですが、供用は1999年から。その後改装がおこなわれている施設です。

障害者用駐車区画は2台分。トイレ棟内に障害者用トイレが2つ用意されています。

農林産物直売コーナー「とれたて市場」、郷土料理の「たけゆら食堂」、観光センター、休憩所で構成されます。

いずれの施設も車椅子で利用できます。

 

 

 

千葉県「道の駅」の紹介記事は、別に「千葉県東葛・印旛・京葉・君津エリア編」「千葉県香取・海匝エリア編」「千葉県安房エリア編」を掲載しています。クリックすると別稿が開きますので、ぜひご覧下さい。