車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県鹿行編~

「道の駅」は車椅子で利用出来る施設です。しかし現地のバリアフリー状況はそれぞれ。車椅子目線での情報と施設の特徴を紹介します。

本稿は茨城県の鹿行(鉾田市、行方市、潮来市、鹿嶋市、神栖市)にある「道の駅」2施設の情報です。開業年が新しい順に紹介します。

 

 

「道の駅いたこ」(潮来市)

2002年開業。平成30年度の重点道の駅に選定されています。敷地面積約2ha。フラットな平地が広がる水郷エリア、東関道の終点「潮来IC」の近くにある道の駅です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県鹿行編

障害者用駐車区画は屋根付きで3台分を用意。スロープを利用して施設に向かいます。独立棟トイレの男女別入口にそれぞれ、障害者用トイレが用意されます。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県鹿行編

独立した観光「情報棟」がトイレ棟の横にあります。屋台出店などがある「ひかりの広場」と、新築されてバリアフリーレベルが上がった農産物産直ショップ「新鮮市場伊太郎」棟。そして土産品加工品の物産ショップ「うるおい館」とお食事処「おふくろ」。一番奥には2018年にフリースペース「グラスハウス」がリニューアルオープンしました。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県鹿行編隣接して20ホールのコースがある「グランドゴルフ」場があります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県鹿行編

新しい施設「グラスハウス」は、飲食可能な休憩スペースで、キッズコーナーを併設。出入口は手動ドアですが、車椅子で利用できる施設です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県鹿行編

 

 

「道の駅たまつくり」(行方市)

漢字では「玉造」。旧行方郡玉造町時代の2001年に開業した道の駅です。公衆トイレを含めた総称としては「道の駅たまつくり」ですが、産直ショップの名称は「行方市観光物産館こいこい」です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県鹿行編

「霞ケ浦ふれあいランド」に隣接しているため、駐車場への導入路はやや解り難い動線です。案内版にしたがって導入路を進んでください。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県鹿行編

身体障害者用駐車区画は「こいこい」の脇に2台分を用意。物産館施設へは、段差回避スロープで上ります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県鹿行編

障害者用トイレは、別棟トイレと「こいこい」内の屋内トイレにそれぞれ一つ用意されます。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県鹿行編

「こいこい」内の産直ショップは中規模店で、店内の通路幅は並みレベル。空いている状況なら車椅子での利用に大きな問題はありません。農産物は豊富。季節の産品が並びます。産直ショップの商品で、この地らしいのは淡水魚の調理品。鯉、わかさぎ、その他湖水に住む小魚系の煮込み、佃煮などが豊富です。店内のフードコートには「なまず」のハンバーガーがあります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県鹿行編

霞ヶ浦方面に向いた車椅子で利用できるウッドテラスがあり、美しい景観が楽しめます。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県鹿行編

 

 

茨城県鹿行エリアで「道の駅」登録されているのは、以上の2施設です。

他に鹿行エリアで、車椅子で利用出来る産直ショップがある施設を3つ紹介します。

 

 

 

「なめかたファーマーズヴィレッジ」(行方市)

2015年に誕生した施設。廃校になった小学校の校舎をリフォームして、有料の「やきいもファクトリーミュージアム」とショップ&レストランが入店。その周辺に東京ドーム7個分の農場が点在します。

 

一般駐車場は元小学校の敷地の外です。車椅子利用者は駐車場スタッフに声をかけて、車で坂を上り元小学校の敷地内に進みます。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県鹿行編

敷地内に障害者用駐車区画はありません。運転者が健常者の場合は、障害者を降車させ、正規の一般駐車場に戻るルール。障害者が運転者の場合は、敷地内に適当に停めます。健常者一人の介助で、そばから離れることのできない重度障がいの人を連れている場合は、その旨をスタッフに相談して下さい。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県鹿行編

やきいもミュージアム、産直ショップとレストランが入店する元小学校校舎内は、バリアフリーです。障害者用トイレあり、エレベーターあり。エレベーターで屋上にも上ることができ、学校の鐘を自由に鳴らすことができます。車椅子での館内施設の利用には大きな問題はありません。

 

 

 

「天王崎観光交流センター(コテラス)」(行方市)

2013年に誕生した、観光拠点と地域交流を目的とした施設。日帰り温泉、産直ショップ、そして会議室や多目的室など地域住民のための公共施設があります。

場所は夕陽の美しさで知られる「天王崎公園」。霞ヶ浦を一望し、筑波山が見える景勝地。条件が良い日は、富士山の雄姿も臨めます。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県鹿行編

無料駐車場には障害者用駐車区画があります。施設は2階建てで、屋上は眺望バルコニー。エレベーターは1基。館内1Fと2Fのそれぞれに障害者用トイレが配置されています。

1Fにある産直ショップは小規模なもので、簡単なカフェが併設されています。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県鹿行編

日帰り温泉は「あそう温泉 白帆の湯」。車椅子利用者への特別な設備はありませんが、手すりなど一般的なバリアフリー対応あり。霞ヶ浦をのぞむ展望風呂や露天風呂があります。

また観光拠点として、期間限定で「観光帆引き船」の見学乗車船の乗合基地になる施設です。

 

 

 

「ファーマーズマーケットなだろう」(鉾田市)

2006年に開業したJA系大型産直ショップです。施設正面に障害者用駐車区画を用意。独立棟のトイレには障害者用トイレがあります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県鹿行編車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県鹿行編

広い店内はフラットで、店内通路幅は車椅子で通行できるレベル。よほどの混雑でない限り車椅子での買い物は可能です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県鹿行編

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県鹿行編

鉾田はメロンの一大生産地。メロンの収穫時期は5月中旬から10月中旬。メロンがない季節は、イチゴの販売に力が入ります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県鹿行編

 

現在は「JA鉾田」の店舗です。元々は「JA鉾田町」と「JA大洋村」。この2JAが合併して「JAかしまなだ」になったのが1997年。「ファーマーズマーケットなだろう」が誕生した2006年は「JAかしまなだ」の時代。2012年までは「JAかしまなだ」で、行政名称の鉾田市にJA名称を合わせ「JA鉾田」になったのが2013年です。

 

 

 

茨城県「道の駅」の紹介記事は、別に「茨城県県北編」「茨城県県央編」「茨城県県西編」を掲載しています。クリックすると別稿が開きますので、ぜひご覧下さい。

現時点では茨城県の県南(石岡市、かすみがうら市、土浦市、つくば市、つくばみらい市、守屋氏、取手市、牛久市、龍ヶ崎市、稲敷市、阿見町、利根町、河内町、美浦村)には、「道の駅」登録された施設はありません。