車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県西編~

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県西編~

「道の駅」は車椅子で利用出来る施設です。しかし現地のバリアフリー状況はそれぞれ。車椅子目線での情報と施設の特徴を紹介します。

本稿は茨城県の県西(桜川市、筑西市、結城氏、下妻市、常総市、坂東市、結城氏、古河市、八千代町、境町、五霞町)にある「道の駅」情報です。開業年が新しい順に紹介します。

 

 

「道の駅まくらがの里こが」(古河市)

2013年開業。キャッチコピーは「茨城県最大級の道の駅」です。施設全域段差がなく、スペースに余裕があります。車椅子から見て、現時点では茨城県で最もバリアフリーな道の駅です。

障害者用駐車区画は屋根付きで3台分を用意。障害者用トイレは屋外と屋内の2か所にそれぞれ設置されています。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県西編~

店舗への出入口ドアは、手を近づけて作動させるタイプの自動ドアでワイドタイプ。ショップの通路幅は余裕のある設定です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県西編~

農産物産直ショップは「古河マルシェまくらが」。物産コーナーは「お土産処ゆきはな」。食事処は「地産地消フードコートみやことほまれ」。パン屋は「カフェベーカリーはなもも」。銘茶が「お茶コーナーさしま」。惣菜コーナーは「惣菜屋けやき」。すべて車椅子で利用可能です。CVSが併設されています。

 

 

「道の駅ごか」(五霞町)

2005年開業。産直ショップとレストラン、フードコートの構成。障害者用駐車区画は屋根付きで2台分用意されます。障害者用トイレは屋外別棟トイレに一つ。屋内トイレにはありません。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県西編~

「五霞IC」から至近の施設で、2018年3月から高速道路を一時退出しても通行料が変わらない「立寄り施設」に指定されています。ただし適用には各種の条件があります。「道の駅ごか」は、67台分の大型車両駐車区画が用意されています。

産直ショップ、店内フードコート、レストランが横並びにあります。屋内施設はフラットでドアは自動ドア。車椅子での利用に大きな問題はありません。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県西編~

産直ショップは「わだい万菜」。通路幅は余裕があり、よほど混んでいる場合を除けば、車椅子で店内移動は可能。品数豊富な産直ショップです。

レストラン「華こぶし」は車椅子で利用できます。地場産に拘ったメニューで、野菜とお米、そして常陸秋そば、ローズポーク、ナマズ。天然ナマズ天丼があります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県西編~

屋内外にお店があるフードコートでは、お饅頭、お団子の単品から、肉まん、から揚げ、ラーメンなどの軽食類まで販売しています。セルフ形式ですが、席は車椅子での利用が出来る、椅子移動が可能なテーブルタイプ。ただし車椅子で利用するには、通路がやや狭いのが難点です。

 

 

「道の駅しもつま」(下妻市)

1999年の開業ですが、2015年9月にリニューアルオープン。メイン棟の1Fが大改装されてバリアフリーになりました。また駐車場から施設棟の間の段差が削られて、やや不完全ながら段差のない路面に改修されています。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県西編~

 

障害者用駐車区画は、施設メイン棟の中央部に近い一般駐車場ゾーンに幅広い駐車区画が数台分あります。

障害者用トイレは別棟トイレと施設メイン棟屋内にそれぞれ一つ用意されます。

施設メイン棟内には複数のショップが入ります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県西編~

産直ショップの通路幅は並みレベルで、混雑しなければ車椅子での買い物が楽しめます。

CVSがあり7時30分から20時の営業。CVSながら地元のお酒、納豆、お豆腐に油揚げなどが充実。道の駅のお土産屋さんとしての使命を担っています。産直ショップが農産物、CVSがお土産、という分担です。

インストアベーカリーの店名は「ベーカリー しもんぱん」。下妻のパンの短縮だと推定されます。フードコートの店名は「しもん亭」。いずれも車椅子での利用は十分に可能。ただしフードコートはセルフサービスです。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県西編~

施設別棟があり「そば打ちめいじん亭」と「下妻食堂陽陽」が入ります。この2店は車椅子で利用できます。

隣接して別棟に「納豆工場」があります。ここは車椅子での見学は難しい段差構造です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県西編~

施設メイン棟の3F部は、お城のような外観の「展望ギャラリー」です。ただしアクセスは階段のみでエレベーターはありません。

 

 

「道の駅さかい」(境町)

1996年開業。千葉県、埼玉県、茨城県の境にある町、境。利根の流れのすぐ脇に建つ蔵造り風の建物が特徴的な道の駅です。

駐車場が第一と第二に分かれています。第二はトンネルをくぐった道の反対側。第一駐車場に障害者用駐車スペースが2台分あります。施設に向かう歩行ルートは、人と車の分離がされていない設計で、車道の端を進むイメージです。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県西編~

別棟トイレに障害者用トイレが一つあります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県西編~

休憩および観光案内コーナーと、産直ショップと軽食レストランで構成される施設です。

産直ショップの通路は狭く、車椅子での店内回遊はギリギリです。

軽食レストランは、出入口は幅が狭いのですが、中に入れば車椅子で食事が出来るスペース的な余裕があります。

 

 

茨城県「道の駅」の紹介記事は、別に「茨城県県北編」「茨城県県央編」「茨城県鹿行編」を掲載しています。クリックすると別稿が開きますので、ぜひご覧下さい。

現時点では茨城県の県南(石岡市、かすみがうら市、土浦市、つくば市、つくばみらい市、守屋氏、取手市、牛久市、龍ヶ崎市、稲敷市、阿見町、利根町、河内町、美浦村)には、「道の駅」登録された施設はありません。