茨城県道の駅バリアフリー情報~県北編~

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県北編

「道の駅」は車椅子で利用出来る施設です。しかし現地のバリアフリー状況はそれぞれ。車椅子目線での情報と施設の特徴を紹介します。

本稿は茨城県の県北(北茨城市、高萩市、常陸太田市、常陸大宮市、日立市、那珂市、ひたちなか市、大子町、東海村)にある「道の駅」情報です。開業年が新しい順に紹介します。

 

 

 

「道の駅ひたちおおた」(常陸太田市)

2016年開業。段差が全くないバリアフリー設計の施設です。障害者用駐車区画は3台分用意。施設の正面ではなく横側に配置されています。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県北編

障害者用トイレは計3つを用意。24時間開放の独立棟トイレには、男女別トイレの入り口にそれぞれ障害者用トイレを配置。異性介護でも利用でき、同性介護で異性側の障害者用トイレを使用しても問題ありません。メイン棟の中の屋内トイレにも障害者用トイレがあります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県北編

屋内施設の主な構成は、産直ショップ、フードコート、レストラン、CVSです。出入口は自動ドア。車椅子で利用しやすいフラットで広い通路。ビュッフェレストランも一般的な車椅子利用者なら、大きな問題はなく利用できます。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県北編

屋外施設もバリアフリー。イベント広場、こども広場とも、車椅子での利用は可能です。トマトハウスは栽培ハウスで、要予約で収穫体験が出来ます。利用者の障がいの状況によりますが、概ねバリアフリー仕様になっています。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県北編

 

 

「道の駅常陸大宮」(常陸大宮市)

2016年開業。施設全域、段差が全くない構造です。障害者用駐車区画は3台分を用意。トイレは別棟と屋内の2カ所にあり、それぞれに障害者用トイレが用意されます。

「かわプラザ」と称していますが、久慈川沿いの立地で「親水広場」を整備。その一角には「ドクターヘリポート」が設置されています。川に向かってバリアフリー歩道が整備され、河原のすぐ手前まで車椅子で行くことができます。

敷地面積は55,884㎡と広く、産直ショップ、食事処に加えて小規模ながらフードコートを備えています。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県北編

産直ショップ店内の通路幅はとても広く、車椅子で利用しても全く問題のない余裕があります。

力を入れている特産品は「エゴマ」。「えごま油」を絞る加工場が施設内に併設されています。生絞り「えごま油」から、えごま油入りのジェラートやパンなど、名物を目指して常陸大宮産の「エゴマ」の加工品が販売されています。

フードコートや食事処からは久慈川の雄大な風景を臨むことができます。展望コーナーが2Fに設けられていますが、2Fへは階段のみです。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県北編

施設建物の裏、久慈川を臨む高台には「バーベキュー場」があり、手ぶらでバーベキューが楽しめます。この「バーベキュー場」はバリアフリー仕様で、車椅子での利用は可能です。

施設建物の横には、屋根付きで舗装された広い「イベント広場」、大型遊具もあるある芝生の「公園」、更に「体験農園」まであります。どこに行くにも段差無の無いバリアフリー設計です。

「道の駅常陸大宮」は、「次世代の道の駅」として、中継地ではなく、旅の目的地になることを目指しています。

 

 

 

「道の駅日立おさかなセンター」(日立市)

道の駅登録されたのは2014年ですが、「日立おさかなセンター」としては1992年から営業しています。トイレとその周辺の駐車場を整備して「道の駅」になりました。そのため車椅子では苦労する古い設備も現存しています。

新設した独立棟のトイレには障害者用を一つ用意。広くて設備もよく、冬季は暖房が入ります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県北編

駐車場は施設前と施設後方の2か所に分かれ、どちらにも障害者用駐車区画があり、計6台分が用意されます。施設後方の新設トイレ近くの駐車場が整備されたばかりなので綺麗ですが、機能的にはどちらもそれほど違いはありません。どちらからでも施設前まではバリアフリーに行くことができます。

施設は3つに分かれます。第一センターは1F鮮魚店街と2Fに飲食店、第二センターは平屋の飲食店街、第三センターが1Fの飲食店と鮮魚店になります。

第二センターは駐車場と同じ高さで、飲食店は5店舗と売店レベルが2店舗。いずれもそれほどバリアフリーに気を配った店舗ではありませんが、車椅子でもなんとか利用できます。

第一と第三センターは50cmほどかさ上げされた敷地に並んで建っています。第一と第三センターに車椅子で行くには、幅が狭く傾斜が少し急なスロープを利用します。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県北編

第一センターの入口のドアは手動式で、2Fの飲食店と休憩所へは階段のみです。1Fの鮮魚店街は、通路幅があり車椅子で利用できます。

第三センターは「みなと町横丁商店街」。センターの奥半分は鮮魚店コーナーで、通路幅は広く、車椅子でも極端な混雑時以外は店内を回遊できます。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県北編

手前半分を占める飲食街には、鮮魚店で買ったものを自分で焼いて食べられる「浜焼きコーナー」、好きなネタを選んで買って丼にする「味勝手丼」、そして「立ち食い寿し」のお店があります。「浜焼きコーナー」「味勝手丼」とも可動式の席なので、空いていれば車椅子で利用できます。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県北編

第一センターと第三センターの中央部を繋ぐ通路は、手動ドアをそれぞれ開閉して移動します。

車以外のアクセス方法です。JRの駅とおさかなセンターを結ぶ、「ひたちBRT」というバスがあります。廃線になった日立電鉄線の線路軌道を、バス専用の道路にして走る交通システムです。いわゆる「低床バス」で運行されています。

 

 

 

「道の駅奥久慈だいご」(大子町)

1998年に開業した施設ですが、車椅子利用者への配慮が伝わってくる設備改良がおこなわれています。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県北編

広い区画の障害者用駐車スペースは2台分で屋根無しタイプ。駐車場から施設へはロングスロープで上ります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県北編

トイレは独立棟と屋内があり、それぞれ障害者用が一つ用意されます。どちらも綺麗に改装されています。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県北編

2フロア構造の道の駅で、エレベータがあります。1Fが産直ショップとお土産コーナー、そして食事処。2Fは天然日帰り温泉で施設入浴料金は500円です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県北編

産直ショップやお土産コーナーの店内通路は、混んでいると車椅子での店内回遊は難しい、少し狭い設定です。産直ショップは外部通路も売り場に活用しています。外部売場はスペースに余裕があり、車椅子での利用は十分に可能です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県北編

扱い商品は山の幸を中心に美味しいものが並びます。特産品はリンゴ。お肉ならシャモ。こんにゃく、蕎麦なども特産。「凍みこんにゃく」「奥久慈しゃも」などが並び「奥久慈茶」も自慢のブランド。大子町はお茶の栽培北限の地で、周辺にはお茶畑があります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県北編

 

 

「道の駅さとみ」(常陸太田市)

1995年開業。凝った設計が光る道の駅です。ここは里見地区。里見牧場の乳製品などが特産です。

駐車場に障害者用駐車区画が2台分ありますが、一般駐車区画と全く同じサイズで乗車スペースの余裕はありません。道の駅施設は駐車場からは段差の上。車椅子では障害者用駐車区画の近くにある、折り返し構造のスロープで施設へ上がります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県北編

施設建物はとても凝った設計で、お金をかけたことが解ります。モチーフは「傘」。バブル期にこの地区で「アンブレラ展」というイベントが開催されたことに由来します。良いものを大切に長く使っている施設です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県北編

「道の駅さとみ」は、半独立型の公衆トイレ、観光情報コーナー、産直ショップ、食事処という4つの施設で構成されます。

「半独立型の公衆トイレ」と「観光情報コーナー」は暖房がないので、体力に問題のある重度障害のある方は冬季の利用は注意してください。障害者用トイレは上層が吹き抜けの構造で、ウォームレットとウォシュレット付きです。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県北編

建屋への出入口は手動ドアの箇所もあります。「産直ショップ」から「食事処」へはインドアで繋がる構造。床面は基本的にフラットなので車椅子での移動に大きな問題はありません。

「産直ショップ」の店内通路幅は並みレベル。空いていれば車椅子での利用に大きな問題はありません。「食事処」はフラット構造でバリアフリー。車椅子での利用は可能です。

 

 

 

「道の駅みわ」(常陸大宮市)

1995年の開業。常陸大宮市の美和地区にあります。夜空の綺麗な星と、美味しい地産農産物、とりわけ「しいたけ」と「そば」が名産で、巨大な「しいたけ」のモニュメントがあります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県北編

5台分の障害者用駐車区画があります。この施設は山の傾斜部を活用した構造で、駐車場が下部、施設が上部の構造です。そのため障害者用駐車区画からも、いったん車道にでて、車椅子で幅の狭い傾斜の歩道を上ります。

トイレは「満てんトイレ」と称し、天井に夜空の満天の星空の画を掲げ、入り口付近には往年の映画スターのポスターを貼り、清掃に心を配ることを是としています。障害者用トイレは一つ用意されます。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県北編

商業施設の総称は「みわ★ふるさと館 北斗星」。農産物直売所「しんせんファクトリー」は規模の大きなショップです。この店舗のほぼ半分の床は緩い斜面になっています。車椅子では気をつけて利用してください。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~茨城県県北編

他に名産品・お土産品コーナー「ショップほくとせい」と、「常陸秋そば」を提供する食事処「レストラン北斗庵」があり、小規模ですが車椅子で利用できます。

 

 

茨城県「道の駅」の紹介記事は、別に「茨城県県央編」「茨城県県西編」「茨城県鹿行編」を掲載しています。クリックすると別稿が開きますので、ぜひご覧下さい。

現時点では茨城県の県南(石岡市、かすみがうら市、土浦市、つくば市、つくばみらい市、守屋氏、取手市、牛久市、龍ヶ崎市、稲敷市、阿見町、利根町、河内町、美浦村)には、「道の駅」登録された施設はありません。