車椅子で行く丸の内~有楽町エリアの商業ビル バリアフリー情報

 

東京丸の内、丸の内仲通り有楽町エリア

丸の内~有楽町エリア

には、建て直されずに知名度がやや低いビルが複数ありあす。丸ビルや新丸ビルに比べれば、マイナーな古いビル群。実は侮れないバリアフリー商業施設があります。車椅子で利用できるマイナービルの魅力をご紹介します。

丸の内~有楽町エリア

○有楽町電気ビル

1Fと地階が主な商業フロア。有楽町駅方面のエントランスは段差構造ですが、スロープ対応があるので車椅子での入館は可能です。B1には障害者用トイレを配置。

丸の内~有楽町エリア

魅力的なグルメ店が数多く入店。お手頃価格のお店もあります。一般的な車椅子利用者なら、利用可能なお店も多い。一部週末もフル営業しているお店もあります。グルメ情報をチェックしてご利用ください。

丸の内~有楽町エリア

丸の内パーキングの地下駐車場あり。障害者用駐車区画の用意があります。入庫ルートがやや解り難く、且つ急カーブなので運転にはご注意ください。

丸の内~有楽町エリア

○有楽町ビル、新有楽町ビル

丸の内~有楽町エリア

ビックカメラの前に2棟並びで建つ兄弟ビルです。それぞれに丸の内パーキングの地下駐車場があり、障害者用駐車区画が設定されています。エントランスもスロープ対応。古いながらもバリアフリー改装されて、車椅子でもなんとか利用できます。

丸の内~有楽町エリア

1Fと地階が主な商業フロア。グルメ系のお店が多く、お手頃で美味しいお店が魅力的です。週末はお休みのお店が多いので、営業日はご確認ください。

丸の内~有楽町エリア

○国際ビル

読み方は「クニギワ」。皇居日比谷濠に面して建ち、帝国劇場、出光美術館と一体になった構造です。地階がグルメ店を中心にした商業フロアなのですが、国際ビル地階と帝劇地階は数段の段差があります。またエレベーターは出光美術館専用などがあり、利用し慣れていないと車椅子で戸惑うかもしれません。最初は国際ビルの地階だけ、帝劇側には行かないのが賢明です。

丸の内~有楽町エリア

地下が丸の内パーキングで、国際ビル地下と帝劇地下が駐車場も繋がっています。帝劇地下側に停めると、エレベーターは出光美術館専用しかなく、帝劇地階へは階段ルートになります。国際ビル側の障害者用駐車区画に停め、最寄りの入口からビルに入って下さい。車椅子ではそのルートです。

丸の内~有楽町エリア

○新国際ビル、新東京ビル

東京国際フォーラムの前、丸の内仲通りの間に並びで建ちます。商業フロアは1Fで、ほとんどが外側から利用するお店です。ややバリアフリー面は後進的で、入口が段差でスロープがないお店や施設があります。丸の内界隈で車椅子利用者が要注意なビルです。新東京ビルは地下が丸の内パーキング。新国際ビルには一般利用のパーキングはなく、隣接して丸の内パーキングがあるのは新日石ビルです。

丸の内~有楽町エリア

古いながらも車椅子利用者にお薦めなのは「有楽町電気ビル」「有楽町ビル」「新有楽町ビル」。「国際ビル」は帝劇と出光美術館の連結に注意。「新国際ビル」「新東京ビル」は、一部段差に注意です。

丸の内~有楽町エリア

有楽町エリアの商業ビルを車椅子で上手にご利用ください。

丸の内~有楽町エリア