車椅子で行く丸の内~新丸ビル バリアフリー利用ガイド

丸の内~新丸ビル

丸の内を代表する新丸ビル。7Fまでの低層階が一般商業施設です。バリアフリー施設で、車椅子での利用は可能。それでも時には困ることも。新丸ビルをもっと車椅子で快適に利用できる、知っていると役立つ情報をお届けします。

 

○丸ビルとは地下で直結

新丸ビルB1からは、兄弟ビルの丸ビルB1へも地下で直結。途中には行幸通り地下スペースを活用した「行幸ギャラリー」があります。

この間のフロア表面は基本的にフラット。車椅子での移動に大きな問題はありません。

新丸ビル

○イベント会場は3F

クリスマスツリーなど、新丸ビルでメインのイベント会場になるのは、3Fアトリウム。1Fではないのでご注意ください。

丸の内~新丸ビル

これまで幾多のイベントが開催されました。基本設計はバリアフリーなので、車椅子での利用は可能です。

丸の内~新丸ビル

○空いている北側エレベーター

新丸ビルの一般商業フロアはB1から7F。B1から他のフロアに移動する場合です。

丸の内~新丸ビルフロア中央にあるエレベーターは2基。このエレベーターは混みます。もう一系統、ビル北側に3基のエレベーターがあります。こちらはほとんど混みません。車椅子利用者にお薦めなのは北側のエレベーター。わざわざ移動してでも、北側エレベーターの利用をお薦めします。

丸の内~新丸ビル

この空いている北側エレベーターのB1乗降口は、ビルから一歩外に出たようなスペースにあります。知らないとエレベーターの存在に気が付かないかもしれません。空いている理由は、そこでしょう。

丸の内~新丸ビル

○車椅子での飲食店利用は要注意

数多くの飲食店が入る新丸ビル。グルメを楽しみたい車椅子利用者も多いはずです。

ところが案外、車椅子では利用しにくい店舗があります。出入口に小さな段差のある店。止まり木方式の席の店。店内スペースが狭いので車椅子がつかえる店。お店は入れ替わるので、この先バリアフリー店舗が増えるかもしれませんが、グルメ情報をみてお店を決め打ちするタイプの人は、事前にバリアフリー状況を確認することをお薦めします。

丸の内~新丸ビル

○1Fのショップは奥にある

新丸ビルの1Fのショップは、ちょっと目立たない場所に並びます。B1からエスカレーターで1Fへ上った場合、お店は全く見えません。1Fは何もないのか、と早合点しないようにご注意でください。

丸の内~新丸ビル

○B1にはスーパー

B1には様々なグルメ系店舗が入店。スーパーもあります。この新丸ビルB1のスーパーは、ガラガラ状態の時は問題がありませんが、混み合うと車椅子での店内回遊は苦戦します。無理のない範囲でのお買い物をお薦めします。

丸の内~新丸ビル○満車でも駐車場は路上待機が可能

先ずはアクセスから。電車利用なら東京駅と地下通路で直結。車移動派の車椅子利用者には、地下駐車場があります。

新丸ビル

駐車場情報です。混雑時は満車マークが点灯し、スタッフが駐車場入口に立ち誘導します。新丸ビルの駐車場の場合、機械式駐車場の入庫に少々時間がかかるので、本当の満車ではなく、入庫が混んでいる場合がほとんどです。

丸の内~新丸ビル駐車場入口の道路の交通量が少ないため、数台程度なら左折入庫の路上待機は、厳密には違法ですが事実上可能です。そしてそれほど長時間は待ちません。

地下での入庫処理にかかる時間相当、概ね1分に1台程度の間隔で地下へ入場できるのが標準です。

その時々の状況次第ではありますが、他の丸の内パーキングに比べて、満車でも待つことができる駐車場です。

丸の内~新丸ビル

○機械式駐車場が車椅子では快適

地下に車で入ります。新丸ビルの駐車場のメインは機械式です。車が横移動する今どきの機械式駐車場なので、一般的な車椅子での乗降は可能です。

く丸の内~障害者用駐車場徹底ガイド

欠点は降車口、乗車口とも、1カ所しかないこと。したがって混雑時は、入庫だけではなく出庫にも時間がかかります。乗降に時間がかかるタイプの車椅子利用者は、他に待っている人に対して、モタモタしていると罪悪感を覚えます。

平置きの障害者用駐車スペースが、機械式入庫ゲート前に1台分だけあります。モタモタ入出庫が気になる人は、スタッフに申告相談をしてください。ただし1台分のスペースは、ふさがっていることも少なくありません。

そして台数が少ないのですが、平置きスペースもあります。この駐車スペースは狭い区画のみ。車椅子での乗降は苦戦必至。機械式の方が絶対に楽です。新丸ビルの一般平置き駐車スペースは、利用しないことをお薦めします。

丸の内~新丸ビル○B2からB1へは専用エレベーターあり

駐車場に停めました。駐車場は新丸ビルのB2になります。健常者はエスカレーターで、車椅子利用者はエレベーターでB1へ。B2フロアの奥、見えない場所にB2とB1間専用のエレベーターが1基あります。当然全く混みません。快適に車椅子でB1へ移動できます。

新丸ビル利用ガイド

新丸ビル利用ガイド

○大手町へ通じる地下通路

新丸ビルを起点にした地下通路は、大手町まで繋がっています。B1から「イーヨ」が入る永楽ビルディングを目指してください。途中の日本工業倶楽部会館の下が一部屋根無しのゾーン。脇には庇があるので小雨程度なら濡れません。新丸ビルそして「イーヨ」へ。さらに進むと地下鉄大手町駅へと下るエスカレーターがあります。その横にはエレベーターが完備。車椅子で丸の内から大手町まで、地下通路で移動できます。丸の内~新丸ビル丸の内を代表する新丸ビル。商業フロアのB1から7Fには、1Fを除き各階に障害者用トイレが配置されています。もちろん基本はバリアフリー。お買い物、お食事に、車椅子で安心してご利用ください。