車椅子で行く丸の内~東京国際フォーラム バリアフリー情報

魅力的なイベントが開催される東京国際フォーラム。竣工は1996年。まだバリアフリーが確立されていない時代の設計なので、車椅子での利用に少し戸惑うポイントがあります。東京国際フォーラムのバリアフリー状況を詳しく紹介します。

丸の内~東京国際フォーラム

○施設の全貌

コンサートなどがおこなわれる座席付きのホールが「ホールA」と「ホールC」。どちらも1階に車椅子対応席の設置が可能なシートがあります。ただし、どのような使用状況になるかはそのイベント次第。個別に確認してください。

オープンスペースのイベントホールが「ホールB」「ホールD」「ホールE」。この中で「ホールE」が地階です。いずれもホール内は段差の無いフラット構造です。

丸の内~東京国際フォーラム

「ガラス棟」とよばれる大きなビルは、上階が会議室、B1がギャラリー。B2は「ホールE」に繋がります。

骨董市やフリーマーケットなど、屋外イベントが開催されるのは「地上広場」。中庭的な空間で問題になるような段差はありません。

丸の内~東京国際フォーラム

○抜群のアクセス

東京フォーラムは地下鉄有楽町駅から直結。地下駐車場完備。JR東京駅からもすぐ。どういうアクセス手段でも車椅子利用に大きな問題はありません。

唯一気を付ける点は、ガラス棟B1「ロビーギャラリー」に地上広場から車椅子でアクセスする場合です。ガラス棟1Fの入口は、東京駅寄りと有楽町駅寄りの2カ所ありますが、車椅子でB1へ降りることが出来るエレベーターに通じているのは、有楽町寄りの入口です。東京駅寄りの入口から入ると、エスカレーターしかありません。

丸の内~東京国際フォーラム

○ガラス棟のエレベーターへ

車椅子で有楽町寄りの入口からガラス棟へ入ります。正面はエスカレーター。車椅子では右側の壁沿い通路を進みます。この通路はやや狭くすこし暗い。初めて利用すると不安になるかもしれません。通路の途中に障害者用トイレがあります。トイレを過ぎるとエレベーターがあります。

丸の内~東京国際フォーラム

○ガラス棟B1から「ホールE」へ

ガラス棟B1「ロビーギャラリー」から「ホールE」へは、B1の「中央ブリッジ」にあるエレベーターで下ります。「ホールE」は天井高9mの大展示場。B2とB1を吹き抜けたホールで、入口はB2になります。「ホールE」があるB2は地下コンコースで、地下鉄の有楽町駅と直結。東京駅方面にも地下で連絡しています。

丸の内~東京国際フォーラム

○地上とB2は2か所のエレベーターで

地下コンコースがあるB2と地上は、2か所のエレベーターで結ばれます。エレベーターがあるのは、東京駅寄りと有楽町駅寄り。地下駐車場と結ぶエレベーターもこのB2からの利用です。またB2フロアには障害者用トイレが3カ所あります。

丸の内~東京国際フォーラム

○ホールABCDの入口は1F

AからDまでのホールの入口は地上1F。「地上広場」周辺、および東京国際フォーラム周辺には決定的な段差構造箇所はありません。東京駅方面からでも有楽町駅方面からでも、それほど苦労せずに車椅子でアクセスできます。

丸の内~東京国際フォーラム

○飲食店と美術館

B2には3軒の飲食店と「相田みつを美術館」があります。飲食店はやや店内通路が狭いお店がありますが、概ね車椅子での利用は可能です。

「相田みつを美術館」はバリアフリーで、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。車椅子で美術館内のカフェを利用する場合は、昇降機の利用となります。

 

車椅子利用でわかりにくいのは、地上広場からガラス棟B1「ロビーギャラリー」に行くところ。そこ以外は戸惑うことはないはずです。