車椅子で参拝~靖国神社バリアフリー情報

靖国神社とその関連施設は、バリアフリー化が進んでいます。それでも車椅子では苦労することも。バリアフリー状況を詳しく紹介します。

靖国神社

○アクセス方法

九段下駅方面からアクセスすると、舗装路ですが長い上り坂を進むことになります。

飯田橋駅方面からも、最短ルートは急な上り坂を通ります。JR飯田橋駅からは西口からのアクセスです。

市ヶ谷駅方面からも、長い上り坂を進むことになりますが、傾斜がもっとも緩いのは市ヶ谷方面からです。

車の場合は参拝者用の有料駐車場があり、障害者用駐車区画の用意はあります。

靖国神社バリアフリー

○境内は舗装路、スロープ対応有り

境内の主要動線は、車椅子で通行しやすい舗装路が用意されています。「神門」はスロープ対応有り。拝殿へも舗装路とスロープで車椅子での移動は可能。正式参拝も車椅子で可能です。

靖国神社

靖国神社バリアフリー

○障害者用トイレ

境内には2か所の公衆トイレに障害者用トイレがあります。「参拝者駐車場」のトイレは、年季がはいっています。

「外苑休憩所」と「靖国会館」の前にある「参拝者休憩所」はまだ新しい施設で障害者用トイレが綺麗です。

靖国神社

靖国神社

他に「靖国会館」「参集殿」「遊就館」の中にも、障害者用トイレがあります。「参集殿」は正式参拝の施設。「遊就館」は有料施設です。

「外苑休憩所」「靖国会館」「参拝者休憩所」は、トイレだけではなく、無料で利用できる休憩コーナーがある施設です。

靖国神社

○未舗装の区間

靖国神社境内で未舗装路しかないのは「神池庭園」周辺と、そこから「本殿」の裏側を通り「南門」へ続く道です。この区間の車椅子での移動は苦労します。

靖国神社

「神池庭園」を回遊するには、池に浮かぶ飛び石などを通るので車椅子では無理ですが、池の手前から景観を楽しむ程度なら、未舗装ですが車椅子でも可能です。

靖国神社

靖国神社

○遊就館のバリアフリー状況

「遊就館」は、各種障害者手帳の提示で、入館料が本人と介助者2名まで無料に減免されます。館内は完全バリアフリー対応で、障害者用トイレは3カ所あります。

見学コースは2Fから。車椅子ユーザーは、奥のエレベーターを利用します。すべての展示をみるコースは「120分コース」と案内されています。出口近くにゼロ戦と蒸気機関車の展示があり、そこだけが写真撮影OKです。

靖国神社バリアフリー

靖国神社は、神社のなかでは相対的に車椅子で参拝しやすい、バリアフリーレベルが高い神社です。

(本稿は2020年11月に加筆修正しました)

車椅子で行く新宿~歌舞伎町バリアフリー情報

日本を代表する歓楽街「歌舞伎町」。雑居ビルで階段、内部は狭いお店が多い中、車椅子でも利用出来るバリアフリー施設を詳しく紹介します。

(本稿は2016年に執筆しました)

○新宿東宝ビル

ゴジラヘッドがシンボルの「新宿東宝ビル」は、歌舞伎町随一のバリアフリー施設です。1Fが飲食店街、2Fはパチンコ店、3Fから6Fがシネコン、7Fはなく8F以上がホテルとなっています。

1Fの飲食店街は完全フラット構造。概ねどのお店も、一般的な車椅子での利用に大きな問題はありません。ほとんどのお店はリーズナブルな価格帯の飲食店で、カジュアルに利用できます。

歌舞伎町バリアフリー

3Fのシネコンへはエレベーターで上がります。今どきのバリアフリーシネコンです。

1Fにあるトイレには障害者用トイレが一つ併設されていますが、1F飲食店で発行される「トイレメダル」がないと利用できません。入店して「トイレメダル」を申請し、トイレを利用します。

歌舞伎町バリアフリー

○健康プラザ ハイジア

1993年竣工の東京都の関連施設です。地下4階、地上18階の大型物件で、大久保病院、オフィス、飲食店、物販店、スポーツ施設などが入る複合施設です。都の関連施設なのでバリアフリー。地下駐車場は、障害者手帳の提示で駐車料金が時間無制限で無料に減免されます。

B1と1Fが24時間誰でも利用出来るパブリックスペース。1Fに2カ所障害者用トイレがあり、通常は施錠されています。障がいのある人が利用する時は、近くにいる警備会社のスタッフに合図をしてください。キーを持っていて手動で開錠していただけます。使用後はまた警備会社のスタッフに合図。すぐにキーで施錠します。

歌舞伎町バリアフリー

○西武新宿ペペ

新宿プリンスホテルと一体化している駅ビルで、B2と1Fから8Fが「ペペ」。B1と9Fから最上階25Fまでがプリンスホテルです。西武新宿駅改札とは2Fで連絡しています。エレベーターは1系統2基で、混みあって待つことが多いのが欠点。障害者用トイレは5F一か所だけです。

ペペの上層階は大型店舗が入店。店舗面積が広いために車椅子でも利用しやすい店舗です。私見ですが、新宿の「100均」で、もっとも車椅子で買い物しやすい店舗は、ペペの8Fかと思われます。

歌舞伎町バリアフリー

○花園神社

歌舞伎町内ではありませんが、近隣の神社では「鬼王神社」は車椅子では参拝が全く無理な神社ですが、「花園神社」は本殿に近づくことはできます。

大鳥居から本殿にむかう参道は、車椅子でも通行可能な石畳。本殿は階段の上なので、車椅子では社務所側の車用坂道に迂回します。坂道までの境内の迂回路はオフロードです。車用の坂道をのぼれば、社務所まで車椅子で行けます。しかし本殿の拝殿はさらに数段の階段の上。車椅子ではこの段の下からの参拝になります。

歌舞伎町バリアフリー

社務所に向かう坂道の下にある神社の公衆トイレは、障害者用トイレを併設。残念ながら設備のレベルは低いトイレです。

歌舞伎町バリアフリー

境内の稲荷神社の赤い鳥居が並ぶ参道は、狭くややゴツゴツ石畳みのバリア道。車椅子での通行は厳しいレベルです。

歌舞伎町バリアフリー

歌舞伎町とその周辺の歩道は、問題なく車椅子で通行できます。車椅子で利用出来る施設は多くはありませんが、ゴジラヘッドの新宿東宝ビルなどを上手に活用してください。

車椅子で行く日本橋~福徳の森

日本橋に誕生した鎮守の森「福徳の森」では、車椅子で参加できる様々なイベントが開催されます。主な恒例イベントの様子を、まとめてご紹介します。

日本橋~福徳の森

春~日本橋桜フェスティバル

春の恒例イベントです。「福徳神社」では「桜みくじ」。桜色のおみくじで、みくじかけに設置された桜の枝に結び、おみくじで社を満開にする企画。初穂料は100円です。

日本橋~福徳の森

桜屋台は、仲通りと浮世小路に約20店が出店。日本橋地元店やコレド室町のお店、そして三越も出店。

日本橋~福徳の森

仲通りは「SAKURA TUNNEL」が登場。17:30から20:00の間は映像音響演出が行われます。夜の仲通りは光と音と水も飛び散る演出。福徳の森は桜の花びらが舞い散る演出。ライトアップというよりも、光のショー。力の入った演出です。

 

夏~ECO EDO 日本橋

夏のイベント。2008年から始まった、今や伝統のイベントです。浴衣、金魚、提灯。お江戸日本橋モチーフで企画が繰り出されます。大行列が出来る人気イベントが「アートアクアリウム」です。

日本橋~福徳の森

福徳の森では縁日。ヨーヨー釣り、金魚すくい、射的・・・。高さ4mのやぐらが組まれ、盆踊りやDJパフォーマンスが行われます。連日11時から20時の開催。懐かしい夏祭りが再現されます。

日本橋~福徳の森2018年夏は「金魚すくい」と「金魚売り」です。風鈴の小道も登場しました。

車椅子で行く日本橋~福徳の森

車椅子で行く日本橋~福徳の森

車椅子で行く日本橋~福徳の森

車椅子で行く日本橋~福徳の森

秋~日本橋 熈代祭

秋のイベントは2016年から始まった企画。「熈代」。難しい言葉です。「熈(かがや)ける御代」という意味。1800年頃の日本橋を描いた「熈代勝覧(きだいしょうらん)」という絵巻の存在が確認されています。日本橋~福徳の森

企画コンセプトは、伝統文化や芸能。和の日本橋テイストです。着物の人大集合写真会、南京玉簾他の江戸芸能パフォーマンス、提灯や行燈のデコレーション。そして日本酒呑み放題。夏の金魚の延長線上のコンセプトです。

日本橋~福徳の森

各種の出し物が行われるステージは、福徳の森に開設。このステージは小さくて観客席も少ない。福徳の森内は屋台も出店しているので混雑。車椅子では近づくことは難しい状況になります。元々しっかり観るためのステージではなく、周囲の雰囲気を盛り上げるためのモノなのでしょう。

日本橋~福徳の森

 

冬~福徳願いの森

冬のイベントは日本橋の鎮守の森で、本物の流れ星をリアルに体験するイルミネーションイベント。福徳の森がイルミネーションで彩られ、福徳神社のライトアップとコラボ。見ようによっては“千と千尋”の世界のような夜景が広がる異空間。そこで本物の流れ星をリアルに体験する科学的なイベントです。

日本橋~福徳の森

日本各地の観測局のデータを集積し、リアルタイムで流れの星を検出するシステム「Meteor Broadcaster」を導入。福徳の森イベント広場に、中型ディスプレイ等を設置して、ただ今現在の日本上空流れ星状況を表示します。

日本橋~福徳の森

 

福徳の森~こぼれ話

福徳の森は日本橋に誕生した広さ1,000㎡超の鎮守の森。2016年9月28日に、森開きが行われました。

日本橋~福徳の森この造園を担当した榊原氏は、東京ミッドタウンの檜町公園、六本木ヒルズの毛利庭園などを手掛けた実績のある造園家。ライトアップ照明を手掛けた内原氏は、虎ノ門ヒルズ、羽田国際線ターミナルなどの照明を手掛けた有名デザイナーです。

日本橋~福徳の森

「福徳の森」の植栽は、2つのゾーンに分かれて設計。「福徳神社」側は、クヌギやモミジが中心の「福徳の森を象徴するみどり」。「薬祖神社」側は、シダレザクラやシダレウメが中心の「名所を華やかに彩るみどり」。春の梅や桜、秋の紅葉が、日本橋で楽しめます。

日本橋~福徳の森

バリアフリー施設、コレド室町とYUITOに囲まれた福徳の森。車椅子で楽しく利用できる鎮守の森。四季のイベントに車椅子で参加できます。