文京春日 牛天神 令和元年「菊わらべまつり」バリアフリー情報

東京都文京区、牛天神北野神社の「第19回牛天神菊わらべまつり」に車椅子で行きました。現地はバリアフリーではありませんが、コンパクトな境内が美しく菊で飾られています。

会期は2019年11月1日から20日までです。

牛天神北野神社の「第19回牛天神菊わらべまつり

○「菊わらべまつり」とは

参拝者が幼少の頃を思い出しながら菊を楽しむ、という意味です。

令和元年のテーマは「敬愛」「初心」「思いやり」です。

牛天神北野神社の「第19回牛天神菊わらべまつり

○牛天神への車椅子でのアクセス

文京春日の高台に建つ社です。飯田橋方面から直接アクセスすると、急階段が参道になります。

牛天神北野神社の「第19回牛天神菊わらべまつり

後楽園駅、春日駅方面からは、春日通りの坂を上ります。

茗荷台駅方面からは、比較的アップダウンが少ないルートです。

参拝者用の駐車場はありません。

牛天神北野神社の「第19回牛天神菊わらべまつり

○境内のバリアフリー状況

境内は未舗装路面でデコボコがあります。また砂利路面のゾーンもあります。

拝殿への通路は、車椅子では通過が難しいデコボコがあります。

牛天神北野神社の「第19回牛天神菊わらべまつり

境内の車椅子での移動は、移動可能な路面を選んで、無理のない範囲に限られます。それでもコンパクトな境内なので、「菊わらべまつり」の様子を車椅子で鑑賞することが出来ます。

牛天神北野神社の「第19回牛天神菊わらべまつり

○菊飾りの様子

本殿拝殿のまわりが色鮮やかに飾られています。

牛天神菊わらべまつり

牛天神菊わらべまつり

特設展示コーナーが設けられ、奉納された菊花が展示されています。

牛天神菊わらべまつり

牛天神菊わらべまつり

牛天神菊わらべまつり

境内全体がテーマによって統一されたデザインです。

牛天神菊わらべまつり

牛天神北野神社はバリアフリー環境ではありませんが、現地に着けば「第19回牛天神菊わらべまつり」を車椅子で鑑賞することが出来ます。

湯島天神菊まつり2019 車椅子からみたバリアフリー情報

東京都文京区の「第41回湯島天神菊まつり」に車椅子で行きました。現地のバリアフリー状況を紹介します。

開催期間は2019年11月1日から23日までです。

第41回湯島天神菊まつり

○車椅子でのアクセスルート

湯島天神は坂の上の高台に建つ社です。車椅子では「唐門」から境内に入るのが最も楽なルートになります。

湯島天神菊まつり2019 

「唐門」までのアクセスルートは、湯島駅方面からは傾斜の強い坂道を上るので、本郷三丁目方面からのアクセスが楽です。ただし春日通りの歩道は幅に余裕がなく、ところどころに小さな段差があります。

湯島天神

参拝者用の専用駐車場はありません。「唐門」の近くにコインパーキングがありますが、障害者用駐車区画の用意はありません。

湯島天神菊まつり2019 

○境内菊飾りの配置

「唐門」から境内に入るとすぐに「盆栽」「切花」の展示があります。

湯島天神菊まつり

その隣が「菊人形」です。湯島天神菊まつり2019の代表作品です。

湯島天神菊まつり

本堂周辺は様々な形式の菊で飾られています。

湯島天神菊まつり

湯島天神菊まつり

湯島天神菊まつり2019 

本堂の裏側の壁側は、すべて菊の展示コーナーになっています。

湯島天神菊まつり2019 

湯島天神菊まつり2019 

湯島天神菊まつり2019 

湯島天神菊まつり2019 

鳥居から境内に入ってすぐの場所も、大型作品の展示があります。

湯島天神菊まつり2019 

湯島天神菊まつり2019 

湯島天神菊まつり2019 

湯島天神菊まつり2019 

○境内のバリアフリー状況

「湯島天神菊まつり」は、春の「梅まつり」に比べると、それほど混雑しません。屋台の出店も少なく、境内は車椅子で移動しやすい状況です。

湯島天神菊まつり2019 

「唐門」から本堂周辺までは、舗装されたフラット通路なので、混雑していなければ、車椅子での菊飾りの鑑賞に大きな問題はありません。

湯島天神菊まつり2019 

鳥居から本堂へ向かう参道の路面は、少しデコボコがあります。そして拝殿の周辺が最も混みやすい場所です。

湯島天神菊まつり

参道脇の菊作品の展示を鑑賞する場合は、一度「唐門」から外に出て、鳥居から入り直した方がフラットルートです。

湯島天神菊まつり2019 

湯島天神は、坂と階段があるので車椅子でのアクセスルートに悩みますが、境内に入れば「菊まつり」は、「梅まつり」よりも比較的楽に車椅子で鑑賞できます。

入谷 小野照崎神社 車椅子での参拝案内 バリアフリー情報

東京都台東区入谷の小野照崎(おのてるさき)神社は入谷駅の近く、下谷の氏神様です。そして渥美清さんがご利益を得た芸能学問の神様として有名です。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2019年11月の取材に基づいています。

入谷小野照崎神社

○渥美清さんがご利益で寅さん役を得た神社

小野小町の祖父、学者であり歌人の小野篁が祭神。後に学問の神様、菅原道真も祀られ、芸能と学問の神社となりました。絵馬は筆に文鳥がとまっている絵柄。学芸絵馬、と称されています。

芸能関係での成功祈願の絵馬が数多く見受けられます。東京で他に同種のご利益で有名なのは、新宿花園神社や赤坂豊川稲荷です。

入谷小野照崎神社

○境内のバリアフリー状況

境内は決定的な段差はありませんが、ちょっとした段差やデコボコが多数あります。道路から境内に入る入り口は2箇所ありますが、ちょっとした段差があります。車椅子で境内に入ることは出来ますが、注意が必要です。

入谷小野照崎神社

入谷小野照崎神社

入谷小野照崎神社

拝殿の手前には低い2段の段差があります。車椅子では段差の手前からの参拝になります。

小野照崎神社 

入谷小野照崎神社

○富士塚と狛犬

夏山開山の2日間以外は登れませんが、境内には見事な富士塚が現存しています。この塚の岩は、富士山から運ばれた溶岩ということ。江戸富士講の貴重な国指定文化財です。一対の猿像が富士塚を守ります。座って合掌している猿です。

入谷小野照崎神社入谷小野照崎神社本堂を守るのはやや琉球系の狛犬。凛々しく且つ愛嬌がある狛犬です。

入谷小野照崎神社

お末社のお稲荷さんを守るのは狐。背伸びをしているような、なんとも形容し難い姿のおキツネさんです。

入谷小野照崎神社

入谷小野照崎神社

入谷小野照崎神社

○大祭には6万人

3年に一度の神輿担ぎの年は、6万人の人出で入谷界隈が埋まるということです。三社祭や神田祭などに比べれば一般的な知名度はありませんが、大祭は大いに盛り上がります。

小野照崎神社

入谷小野照崎神社

入谷小野照崎神社

入谷の小野照崎神社は、小さな段差や路面の凹凸がありますが、注意すれば車椅子で見処が多い境内に入ることができます。