早稲田 穴八幡宮 車椅子で参拝バリアフリー情報

早稲田 穴八幡宮 車椅子で参拝バリアフリー情報

東京都新宿区早稲田の「一陽来復」のお守りで有名な穴八幡宮は、車椅子での参拝ルートが限定される神社です。現地の状況と段差回避できるルートを紹介します。

なお本稿は2019年9月の取材に基づいています。

 

○地下鉄早稲田駅のエレベーター

2019年2月に、2番線高田馬場中野方面行きホームから利用できる地上行きエレベーターが新設されました。これにより早稲田駅は、両ホームからエレベーターで地上に上がれる駅になりました。

1番線日本橋西船橋方面行きホームからのエレベーターとは別のエレベーターです。地下には両ホーム間を移動出来るバリアフリー通路はありません。

車椅子で早稲田駅を利用する場合は、乗車するホーム行きのエレベーターを利用して下さい。

 

○車でのアクセスと駐車場の状況

穴八幡宮には参拝者用の駐車場はありません。近隣には小規模なコインパーキングはありますが、現時点で調査できた限り、車椅子利用者にお薦めできるバリアフリー仕様の有料駐車場は見つかりません。

神社の横を通る「諏訪通り」は、パーキングメーター設置路線です。

 

○穴八幡宮のバリアフリールート

早稲田通りと諏訪通りが交差する「馬場下町」交差点の近くから、境内への階段の参道があります。諏訪通りに面して、もう一つ別の階段ルートもあります。

穴八幡宮のバリアフリールート

穴八幡宮のバリアフリールート

車椅子では、早稲田通りを高田馬場方面へ進みます。歩道はデコボコの少ない舗装路面ですが、傾斜はきつい上り坂です。

坂を上ると、ほどなく穴八幡宮の車両入口があります。さらに上り坂が続きますが、このルートを通れば決定的な段差を回避して境内に向かうことができます。

穴八幡宮のバリアフリールート

穴八幡宮のバリアフリールート

穴八幡宮のバリアフリールート

穴八幡宮のバリアフリールート

○境内のバリアフリー状況

本殿と拝殿の周囲は車椅子で移動できる舗装路面です。

拝殿の前は5段の階段があり、迂回スロープはありません。車椅子での参拝は段の手前からになります。

境内のバリアフリー状況

境内は未舗装の砂利路面ですが、フラットな舗装面が一部あり、本殿周辺から山門の先、階段参道まで、境内のフラットなスペースは車椅子で移動することができます。

境内のバリアフリー状況

○「一陽来復」のお守りについて

「一陽来復」のお守りが「頒布(りょうふ)」されるのは、冬至から節分までの期間です。冬至の日は午前5時から「頒布」が始まります。冬至の日とその直後の祝日や土日は混雑します。

壁張りタイプのお守りと、携帯用のお守りがあります。

壁張りタイプのお守りは、その年の恵方に向けて、冬至・大晦日・節分の日の深夜12時に飾らなくてはならない、とされています。飾っていいのは3日間だけです。

したがって冬至に授かり、その日の深夜12時に飾るのが人気です。

冬至に来られない人は年内に授かり、大晦日の深夜12時に飾る。

そこを逃した人は、節分までに授かり、節分の日の深夜12時に飾る。こういうことになります。

「頒布」時間は期間により変わります。取材時の情報では、冬至の日は5時~21時。以後大晦日までは8時~19時。元旦から節分までは9時から17時です。

穴八幡宮

日頃は閑散としていますが、大祭の日と流鏑馬の日、そして冬至の日とその直後の祝日や土日は賑わいます。穴八幡宮は段差構造の神社ですが、車椅子で境内に入ることは出来ます。