サントリー美術館「美濃の茶陶」展 車椅子からみたバリアフリー情報

サントリー美術館「美濃の茶陶」展 車椅子からみたバリアフリー情報

東京都港区六本木。東京ミッドタウン内のサントリー美術館で開催「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・綾部 美濃の茶陶」展に車椅子でいきました。現地のバリアフリー状況を紹介します。

同展の会期は2019年9月4日から11月10日までです。

 

○コピーは「しびれるぜ、桃山」

桃山時代に創造された美濃焼の名品の展示会です。期間中に3回の部分的な展示替えがありますが、各回おおよそ130点前後の作品が展示されます。内、国宝は1点、重要文化財が9点あります。

展示される作品は桃山時代の作品と昭和の名工2人の作品です。

サントリー美術館で開催「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・綾部 美濃の茶陶」展

○美術館のバリアフリー状況

サントリー美術館は東京ミッドタウンのガレリア3Fが入口です。東京ミッドタウンはバリアフリー施設で車椅子での来場に大きな問題はありません。

サントリー美術館の展示会場は3Fと4Fの2フロア構成。各フロア内はフラットな構造です。

館内には専用エレベーターが2基あります。障害者用トイレは3Fと4Fに用意されています。

障害者減免制度があり「美濃の茶陶」展の観覧料は、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。

サントリー美術館で開催「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・綾部 美濃の茶陶」展

○展示会場のバリアフリー状況

4Fが第一展示室、3Fに第二・第三展示室があります。

展示品はほとんどが茶碗などの小さい茶陶です。それらが壁面の展示ケースと、通路に置かれた中台ケースに展示されます。

壁面展示品は、車椅子目線で鑑賞できます。ガラス面は低い位置からあり、展示品の高さは車椅子目線より下です。展示品の解説版は傾斜して置かれて、低い位置から見ても読むことが出来ます。

中台ケースの展示品は、車椅子からの目線とほぼ同じ高さに展示されます。したがって、車椅子からはほぼ真横から鑑賞することになります。

中台ケース内の展示品の解説版は、ケース内に平面的に置かれています。したがって、車椅子から読むことは困難です。

一部の中台ケースは、側面が木枠で横から見えない構造です。この種のケース内の展示品は、車椅子からは全くみることが出来ません。

全展示品の60%程度が壁面展示、40%程度が中台展示です。車椅子から十分に鑑賞出来るのは、展示品の約60%です。

 

サントリー美術館「美濃の茶陶」展は、会場はバリアフリーですが、車椅子から見にくい展示があります。それでも過半の展示品は車椅子から鑑賞できます。