車椅子で行く東京ミッドタウン~サントリー美術館のバリアフリー事情

サントリー美術館

東京ミッドタウンはバリアフリー。そのなかにある「サントリー美術館」です。基本構造はバリアフリーで車椅子での鑑賞は可能ですが、企画によっては少々問題があることも。サントリー美術館のバリアフリー事情を紹介します。

東京ミッドタウン~サントリー美術館

○障害者減免あり

サントリー美術館は、バリアフリー美術館です。東京ミッドタウンの3Fと4Fを使った2フロア構成。両フロアとも、障害者用トイレが配置されています。

入館料は障害者手帳の提示で、本人と介助者1名が無料に減免。3Fと4F間は専用エレベーターが2基あり、車椅子での上下階移動に問題はありません。

東京ミッドタウン~サントリー美術館

○3F→4F→3Fの動線

4Fに第一展示室、3Fに第二及び第三展示室があります。ほとんどの企画展は、3Fの入口から最初にエレベーターで4Fに上り、階段で3Fに戻ってくるパターン。エレベーターの乗降口には、3F・4Fともスタッフが常駐、誘導しています。いつも感心しますが、ここはスタッフの応対が素晴らしい美術館です。

東京ミッドタウン~サントリー美術館

○混雑するとつらい

その企画展の展示方法によりますが、展示台の中に、ほぼ水平に作品が並べられた展示方式が多い企画展があります。これだと混雑すると車椅子での鑑賞はつらい。混雑しているので、場内壁面にそって並ぶ展示台には、来場者がびっしり。一作品を真上から見ることで出来るのは、常時1名。車椅子から漫然と会場内を眺めると、壁際に人垣が出来て、ゆっくり動いているように見えます。

こうなると、人垣の端に並んで、動きに合せて車椅子で進んで見るしかありません。車椅子は横移動が出来ないので、展示作品を横目で見ながら、前の人に続いて動きながらの鑑賞になります。

東京ミッドタウン~サントリー美術館

○一部、車椅子で見にくい展示台あり

展示台の高さは低いタイプとやや高いタイプの2種あり、やや高いタイプの展示台だと、一般的な車椅子から鑑賞できるギリギリの高さです。

また一部展示ケースが旧型。真上から除きこまないと作品が見えない展示ケース。高さもあるため車椅子からは、ほぼ見えません。この旧型展示ケースは早くお役御免になっていただきたいものです。

サントリー美術館

○11時までの来館方法

サントリー美術館の開館は10時です。サントリー美術館がある、東京ミッドタウンの商業施設の開館は11時。経験上、10時台のサントリー美術館は比較的空いていて、11時を過ぎると混み始めます。

ただし、11時までは美術館へのアクセスルートが限定されます。ガレリア内へ入ることが出来る入口は1Fの3か所。大屋根があるリッツカールトンの横の入口と、檜町公園側の入口、外苑東通り口です。

東京ミッドタウン~サントリー美術館

地下鉄でアクセスした場合、地階からはガレリア内へ入ることができません。健常者向けにはエスカレーターで1Fへ上るルートが推奨されていますが、車椅子利用者はP3直結の24時間エレベーターを利用して1Fへ向かって下さい。ただこのエレベーターのB1の場所は、初めてだと解り難い。事前に十分な予習をしておくことをお薦めします。

檜町公園側から入る場合は、広場横のエレベーターで連絡デッキに上がり、ミッドタウンガレリアに進んで下さい。ここのドアは10時から解放されています。

10時台でも、比較的空いているだけで、それなりに来場者はいます。必ずしも快適なガラガラ状態を保証するわけではありません。ご理解ください。

東京ミッドタウン~サントリー美術館

○近年の主な企画展開催実績

 

「広重ビビッド」―2016年4月29日から6月12日。初公開とうたわれた「六十余州名所図会」などを展示。

東京ミッドタウン~サントリー美術館

「鈴木基一」―2016年9月10日から10月30日。「江戸琳派の旗手」鈴木基一の生涯にわたる多彩な作品群を展示して実像を解明する企画展。

東京ミッドタウン~サントリー美術館

「小田野直武と秋田蘭画」―2016年11月16日から2017年1月9日。解体新書の挿絵を描き、殿様に絵を教えた画家、31歳で夭折した18世紀の天才の世界。

東京ミッドタウン~サントリー美術館

「神の宝 玉手箱展」―2017年5月31日から7月17日。鎌倉時代から室町時代、高貴な女性に愛された数多くの玉手箱と、箱の中に入る櫛や鏡なども数多く展示。

東京ミッドタウン~サントリー美術館

「おもしろびじゅつワンダーランド2017」―2017年8月1日から8月31日。夏休み子ども向け企画。同種の企画は前回2012年、5周年記念で開催。今回は開館10周年記念で5年ぶりの開催。

サントリー美術館

「狩野元信」―2017年9月16日から11月15日。歴代狩野派絵師の中で最高評価を受けている、狩野派二代目元信展。

東京ミッドタウン~サントリー美術館

「セーヴル、創造の300年」―2017年11月22日から2018年1月28日。「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年 」草間彌生氏デザイン「ゴールデン・スピリッツ」は目玉作品。

東京ミッドタウン~サントリー美術館

「寛永の雅」―2018年2月14日から4月8日。三代将軍家光、寛永時代の美にスポットを当てた企画展。

東京ミッドタウン~サントリー美術館

 

企画のセンスが光る「サントリー美術館」。東京ミッドタウンはバリアフリー。安心して車椅子で利用できます。