車椅子で行く東京ミッドタウン~21-21DESIGN SIGHTのバリアフリー事情

東京ミッドタウンガーデン内にある「21_21DESIGN SIGHT」は、デザインを通じてさまざまなできごとやものごとについて考え、世界に向けて発信し、提案を行う場。あらゆる人々を対象に、デザインについての理解と関心を育てていくことを目指しています。21-21DESIGN SIGHTのバリアフリー事情の紹介です。

東京ミッドタウン~21-21DESIGN SIGHT

○庭に埋まった半地下構造

「21_21DESIGN SIGHT」はミッドタウンガーデンに、半分埋まっているような独立棟。設計は安藤忠雄氏。ミッドタウンガーデン内を通る歩道はバリアフリー。ただし歩道に屋根はないので、雨の日は濡れます。

建物のコンセプトは、三宅一生氏のデザインに触発された「一枚の布」。単純なバリアフリー設計よりも、コンセプト優先の設計です。それでも車椅子での利用に決定的な問題はありません。

東京ミッドタウン~21-21DESIGN SIGHT

○企画展は障害者減免有り

これまで開催された企画展では、障害者手帳の提示で、本人と介助者1名の入場料が無料に減免されています。建物内に入ると、左手に受付。ここで障害者手帳を提示すると入館の手続きをしていただけます。右手はグッズを販売している小さなミュージアムショップがあり、ここは入場無料です。

○エレベーターで展示室へ

展示室は半地下階。受付の先に階段があり、一般入場者は半地下展示室に降りていきます。車椅子利用者は受付の横にあるエレベーターの利用。問題なくバリアフリーに半地下展示室へ移動できます。

エレベーターをおります。半地下展示室へは、更に数段の階段があり、この階段には昇降設備はありません。車椅子の場合、いったん一般順路とは逆にあるスロープを利用します。

21-21DESIGN SIGHTのバリアフリー

スロープを下ると、半地下展示室の中間地点付近にでるので、そこから一般順路の最初に逆流して戻ります。この点は、車椅子利用者にとって、面倒な構造です。

東京ミッドタウン~21-21DESIGN SIGHT

○ギャラリー3はやや狭い

「21_21DESIGN SIGHT」には、「ギャラリー3」という、別館のような展示室があります。過去の事例では、ここは入場無料の企画が不定期で開催される会場。1Fワンフロア構造です。

21-21DESIGN SIGHTのバリアフリー

「ギャラリー3」には段差はありませんが、入口が狭く、絶対的なスペースも狭い。企画にもよりますが、車椅子で快適に利用できることは稀です。無理せずご利用ください。

東京ミッドタウン~21-21DESIGN SIGHT

○近年の企画展をご紹介

「土木展」―2016年6月24日から9月25日。人間が培ってきた土木の技術や力を誇示することが目的ではなく、見えにくい土木と自分との距離を縮めて、日常を見つめ直すことを目的にした企画展です。

21-21DESIGN SIGHT

「デザインの解剖展」―2016年10月14日から2017年1月22日。「きのこの山」「ブルガリアヨーグルト」など、ロングセラー商品のデザインを解剖。成功している商品が、デザインからみてどこがいいのかを分析します。

東京ミッドタウン~21-21DESIGN SIGHT

「アスリート展」―2017年2月17日から6月4日。デザインの視点からアスリートの動き、アスリートの道具などを解剖します。

東京ミッドタウン~21-21DESIGN SIGHT

「そこまでやるか壮大なプロジェクト展」―2017年6月23日から10月1日。壮大なスケールのアーツプロジェクトを紹介する企画展です。

東京ミッドタウン~21-21DESIGN SIGHT

「野生展」―2017年10月20日から2018年2月4日。「飼いならされない感覚と思考 野生展」。人間の内部にある様々な野生のデザイン展です。

東京ミッドタウン~21-21DESIGN SIGHT

「写真都市展」―2018年2月23日から6月10日。20世紀を代表する写真家「ウィリアム・クライン」と、22世紀の都市デザインを見据えた21世紀の若手写真家たちによる、ビジュアルコミュニケーション展です。

東京ミッドタウン~21-21DESIGN SIGHT東京ミッドタウン~21-21DESIGN SIGHT

このような実績です。デザインに関心のある人も、そうでもない人も、「21_21DESIGN SIGHT」では、車椅子利用者でも参加できる企画展が開催されています。