東京ミッドタウン「グッドデザインエキシビション2019」バリアフリー情報

グッドデザインを受賞した全1,420件の展示会が、東京都港区六本木の東京ミッドタウンで開催されました。入場は無料。会期は2019年10月31日から11月4日。車椅子での会場見学ルートなどを紹介します。

今回のテーマは「グッドデザインミュージアム」。デザインの博物館です。

グッドデザインエキシビション2019

○会場は6か所に分散

展示件数が多いので、会場は6か所に分散。

ベスト100受賞展やイベントステージがある「ミッドタウンホール」が「エリアA」。

ガレリアB1アトリウムの「エリアB」は、その場でグッドデザイン商品が買える「グッドデザインストア」が出店。

21-21のギャラリー3が「エリアC」で、ロングライフデザイン賞15件が展示。

キャノビースクエア1Fは、田植え機など新しい提案があるデザインが展示される「エリアD」。

ミッドタウンタワーの4F「カンファレンス」が「エリアE」で、カテゴリー別に1,000件以上を展示。

同5Fの「デザインハブ」が、建築関係の受賞作のパネル展示が並ぶ「エリアF」です。

グッドデザインエキシビション2019

○車椅子での鑑賞動線

どのような順番でまわっても問題はありませんが、車椅子で効率の良い見学動線の例を紹介します。

地上から東京ミッドタウンにアクセスした場合、最初はキャノビースクエア1F「エリアD」を見学。

次にエレベーターでB1へ下りてミッドタウンホール「エリアA」へ。

ミッドタウンホール

ミッドタウンタワーのB1へ移動して、エレベーターで4F「カンファレンス」の「エリアE」へ。次いでその上の5F「デザインハブ」「エリアF」へ移動。

4F「カンファレンス」

エレベーターでB1へ戻り、ガレリアB1アトリウムの「グッドデザインストア」の「エリアB」へ。

そこからミッドタウンガーデンへ出て21-21のギャラリー3「エリアC」を見学。

このようなコースでバリアフリーに全ての展示を見学することが出来ます。

「ミッドタウンホール」、「カンファレンス」、「デザインハブ」内にも、障害者用トイレはあります。

グッドデザインミュージアム

○展示のバリアフリー状況

いずれの会場も余裕のある通路幅を確保して、低い高さの展示台に受賞作が並べられる展示方法がメインです。車椅子での展示鑑賞に大きな問題はありません。

展示のバリアフリー状況

展示のバリアフリー状況

大型の商品はさらに低い台に展示されます。

客船は模型の展示。建築物はパネル写真展示です。

展示のバリアフリー状況

展示のバリアフリー状況

展示数が多いので、全てを丁寧に鑑賞すると、いくら時間があっても足りません。ある程度は見たいカテゴリーを絞った見学をお薦めします。

東京ミッドタウン「デザインタッチ2019」車椅子バリアフリー情報

東京都港区六本木の東京ミッドタウン「デザインタッチ2019」は、10月18日から11月4日までの開催です。

芝生広場にはオーデマピゲのパビリオンが建ちました。「時計以上の何か」を中心に、現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

時計以上の何か

○「時計以上の何か」の観覧方法

オーデマピゲのエキシビションは入場無料で事前予約制です。利用人数と30分単位での入場時間が予約できます。予約時に車椅子利用を申請する必要はありません。

時計以上の何か

予約時間に芝生広場に行き、車椅子利用をスタッフに相談してください。通常の入口は階段ですが、別のルートに案内をしていただけます。

オーデマピゲのエキシビション

東京ミッドタウン「デザインタッチ2019」車椅子バリアフリー情報

○パビリオンの裏から館内へ

バリアフリールートは裏側です。スロープに上がる箇所が少しだけ芝生路面で小さな段差がありますが、一般的な車椅子利用者ならクリアできます。

バリアフリールート

そのままスタッフの誘導に従いスロープを上り、スタッフ用の裏口から館内へ入ります。このドアは手動ドアですが、スタッフが開閉を介助していただけます。ドアの床面には小さな段差があるので慎重に移動します。

バリアフリールート

ここで首からかける入館証が渡されます。

裏口から入館受付がある正面入口側に館内を移動します。受付で予約番号などを提示して、正式に入館となります。

館内はフラット構造で車椅子での移動に問題はありません。ただし裏口から受付までの間は、照明が暗いので気をつけて走行してください。

パビリオンからの退館ルートは同じです。入館ルートを逆走します。

バリアフリールート

○障害者用トイレの状況

バリアフリースロープで上った場所、館内への裏口の手前に仮設タイプの障害者用トイレが2つ用意されています。仮設ですがとても綺麗なトイレです。

障害者用トイレの状況

トイレは左側がオストメイトあり、右側がユニバーサルベッド付きです。

障害者用トイレの状況

障害者用トイレの状況

○館内のバリアフリー状況

受付を済ませて展示の見学に向かいます。

暗い空間に大きなスクリーンがあり、インスタレーションが映し出されます。音響はそれほど大きくはありません。光が点滅する演出はあるので、その刺激に弱い障がいがある人は注意して下さい。

館内のバリアフリー状況

館内のバリアフリー状況

そこから12の展示室があるコーナーへ向かいます。混雑時はここで少し待たされます。インスタレーションを見ながら、展示コーナーへの入場を待ちます。

館内のバリアフリー状況

展示コーナーは概ね車椅子での見学は可能です。一部、車椅子では目線が合わない高さの展示、通路が狭いコーナーはあります。その時の混雑状況にもよりますが、展示の90%は車椅子で鑑賞可能です。

館内のバリアフリー状況

○展示の内容

12の展示室ごとにテーマがあります。

会場には相当数のスタッフがいて、展示の説明をしていただけます。特に第1室から第4室までは、スタッフの解説があると展示の理解が深まります。

展示の内容

展示の内容

展示の内容

展示の内容

展示の内容

○デザインタッチ、その他の展示

ミッドタウンガーデンは「六本木カラー渓谷」が出現。車椅子での散策および見学に問題はありません。

六本木カラー渓谷

六本木カラー渓谷

六本木カラー渓谷

六本木カラー渓谷

また「モーメント」や遊具などの作品が展示されます。

モーメント

ガレリア内ではドコモのデザイン展示や、空中モビールなど展示されます。

ではドコモのデザイン展示や、空中モビール

ではドコモのデザイン展示や、空中モビール

ではドコモのデザイン展示や、空中モビール

東京ミッドタウン「デザインタッチ2019」は、車椅子で楽しめるイベントです。

東京ミッドタウン「デザインタッチ2019」

デザインハブ「ゼミ展」車椅子からみたバリアフリー情報

東京都港区六本木の東京ミッドタウン内「デザインハブ」の「ゼミ展」に車椅子で行きました。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。
「ゼミ展」の会期は2019年9月2日から9月28日までです。

デザインハブはミッドタウンタワーの5F

○会場へのアクセス
デザインハブはミッドタウンタワーの5Fにあります。
車椅子でのアクセスは、ミッドタウンタワーのB1または1Fからエレベーターの利用が便利です。
ガレリア3Fからのミッドタウンタワーへアクセスルートは、段差箇所が昇降機の対応で、サービスセンターのスタッフを呼んで操作していただくことになります。

会場内のバリアフリー状況

○会場内のバリアフリー状況
デザインハブは段差のないフラット構造で、「ゼミ展」の展示はすべて問題なく車椅子で見学できます。
デザインハブ内に障害者用トイレがありますが、展示会場から手動ドアを開けて利用する必要があります。

会場内のバリアフリー状況

○ゼミ展の概要
9つの大学のゼミで研究されたデザインが紹介されます。
テーマはそれぞれで、デザイン教育のアプローチは各ゼミ独自の手法です。
展示はゼミ単位で、テーマと製作された作品、そして指導教員からのメッセージが展示されます。

ゼミ展の概要

ゼミ展の概要

○例えば、片麻痺の方へのデザイン
多摩美術大学のゼミのテーマは「脳になんらかの損傷があり、術後に身体の片側に麻痺が残った」という人を想定したデザインの提案です。
製作された、着やすい服、麻痺のある体で表現できる楽器、などが展示されます。

片麻痺の方へのデザイン

片麻痺の方へのデザイン

片麻痺の方へのデザイン

デザインハブ「ゼミ展」は、教育機関で取り組まれている現在を知り、将来のデザインの可能性をイメージする企画展です。