東京のお伊勢さま 東京大神宮 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

東京大神宮

飯田橋駅から徒歩5分の案内。参拝者用の駐車場はありません。縁結びの神「東京大神宮」は、コンパクトな神社ですが、車椅子での参拝は苦戦する社です。現地の状況を紹介します。

東京大神宮

周辺はアップダウンがありますが、車椅子での通行が困難なほどの傾斜ではありません。

東京大神宮

通常の参拝ルートは、階段を上り鳥居をくぐります。

東京大神宮

マツヤサロン側に境内へ車が入る道があります。通常は出口ですが、車椅子では車道から境内に入ります。

東京大神宮

この傾斜路は、以前よりもバリアフリーに改修されました。部分的に車椅子用のデコボコが少ない路面が用意されています。

東京大神宮

傾斜路から参道へ行く途中には段差があります。車椅子ではそのままマツヤサロン前まで進みます。

東京大神宮

突き当りに社務所があります。窓口の手前に大きな玉砂利と飛び石がある構造です。縁結びの神として人気がある神社で、参拝者の大多数は女性。参拝後に、お守りと絵馬を買い、絵馬に願い事を書き、絵馬をつるす。そして「恋みくじ」を引き、結びます。

東京大神宮

社殿の参拝所は段差の上です。段差回避スロープはありません。

東京大神宮

参拝所の段差の前の参道に行くには、大きな玉砂利と飛び石を通過しなくてはなりません。

東京大神宮

下の写真は、この難所のアップです。

東京大神宮

参拝所手前の石と段差の状況です。車椅子では段差の手前まで行くことに苦戦します。

東京大神宮

東京大神宮は神前式発祥の神社。大正天皇の結婚式を契機に、一般向けに明治30年代「神前式」を開発した神社です。

当時は日比谷にありました。神殿で行う厳かな結婚式が大評判になり、予約が殺到したという記録が残っているそうです。

その後現在の地に移転してからも、結婚式場のマツヤサロンが併設された、結婚式が有名な神社であり続けました。現在でも、神前式から披露宴まで出来る神社です。マツヤサロンのエントランスは一段の段差があります。

東京大神宮

以前よりも境内は改修されていますが、東京大神宮は現時点ではまだ、車椅子での参拝に苦戦する社です。

(本稿は2021年11月に書き直しました)