神奈川県相模原エリア 車椅子バリアフリードライブコース

神奈川県相模原エリア 車椅子バリアフリードライブコース

相模原には車椅子で利用できるバリアフリー施設が数多くあります。その中から障がいのある家族と一緒に楽しめる、ドライブでの立ち寄り先に適した施設や公園、産直ショップなど観光スポットを紹介します。

 

JAXA宇宙科学探査交流棟

相模原には宇宙研究開発機構(JAXA)のキャンパスがあります。その中にある、無料公開の展示館です。

JAXA宇宙科学探査交流棟

収容台数は少ないですが無料駐車場があります。

屋外展示は、実物または実寸大模型のロケット。屋内では月探査機や大気圏突入技術など、JAXAの活動が紹介されます。

JAXA宇宙科学探査交流棟

施設全般バリアフリー仕様で、車椅子で見学可能です。交流棟内には障害者用トイレがあります。

JAXA宇宙科学探査交流棟

相模原市立博物館

JAXA宇宙科学探査交流棟の隣接地にある博物館です。相模原の歴史民俗を紹介する常設展は無料公開。プラネタリウムは有料ですが、観覧料の障害者減免制度があります。

相模原市立博物館

無料駐車場があり、館内はバリアフリー仕様で、車椅子での見学に大きな問題はありません。

市立の歴史民俗博物館としては、施設の設備、展示内容とも、ハイレベルな博物館です。

相模原市立博物館

相模川ふれあい科学館

相模川の自然を展示する施設です。魚類の展示が多いので、科学館というよりも水族館のような施設です。

相模川ふれあい科学館

無料駐車場があり、入館料の障害者減免制度があります。

ワンフロア構造のコンパクトな施設です。全館車椅子で見学できます。

相模川ふれあい科学館

相模湖記念館

ダム湖である相模湖の建設の歴史や意義を展示する無料施設です。相模湖の近く「相模湖交流センター」の2Fにあります。

相模湖記念館

駐車場は、観光シーズンは有料になりますが、障害者用駐車区画は年中無料で利用できます。

展示物は13種類。すべて車椅子で見学できます。展示は子供向けの内容です。

相模湖記念館

相模の大凧センター

江戸時代から伝わる、相模の大凧揚げ文化を紹介する無料施設です。公民館「れんげの里あらいそ」内にあります。

相模の大凧センター

吹き抜け構造のアトリウム天井に大凧を展示。1Fは大凧の解説展示。2Fは回廊ギャラリーに日本各地、世界各国の凧が展示されます。

1F、2Fとも車椅子で見学できます。

相模の大凧センター

女子美アートミュージアム

相模原には女子美術大学のキャンパスがあります。その中にある美術館で、年間6本程度の無料企画展が開催されます。

女子美アートミュージアム

一般来館者用の駐車場はありませんが、障害者用駐車区画が1台分用意されています。一般的には隣接する「相模原麻溝公園」の無料駐車場を利用します。

館内はバリアフリー仕様で、車椅子での展示室内の鑑賞は可能です。

女子美アートミュージアム

相模原麻溝公園

相模原には大きな公園があります。その一つがここで、障害者用駐車区画がある無料駐車場があります。

相模原麻溝公園

広さは21ha。高さ38mの展望台「グリーンタワー相模原」は、エレベーターがあり車椅子で利用できます。

丘陵の公園なので、散策路はゆっくりした傾斜があります。

散策路の路面など、設備面では老朽化が進んでいます。この点を除けば、車椅子で散策ができる公園です。

相模原麻溝公園

神奈川県立相模湖公園

相模湖畔の公園です。駐車料金は障害者手帳の提示で1時間無料になります。

神奈川県立相模湖公園

園内の段差箇所にはスロープがあり、障害者用トイレがあります。

相模湖を眺めながら、車椅子で散歩を楽しめる公園です。

1964年の前回東京オリンピックでは、カヌー競技の会場になった公園です。

神奈川県立相模湖公園

農産物直売所「ベジたべーな」

相模原には車椅子で買い物ができる産直ショップがあります。JA相模原市の「ベジたべーな」は、2014年に開店した産直ショップで、バリアフリー仕様です。

障害者用駐車区画があり、障害者用トイレがあります。

農産物直売所「ベジたべーな」

農産物直売所「あぐりんずつくい」

津久井湖の近くにあるJA神奈川つくいの「あぐりんずつくい」は、2013年の開店でバリアフリー仕様です。

障害者用駐車区画あり、障害者用トイレありで、店内の通路幅は余裕があります。

農産物直売所「あぐりんずつくい」

以上相模原エリアで、障がいのある家族とのドライブ立ち寄り先に、お薦めできる主な施設です。

(本稿は2020年3月に執筆しました)