車椅子で行く 相模川ふれあい科学館 バリアフリー情報

車椅子で行く 相模川ふれあい科学館 バリアフリー情報

神奈川県相模原市の「相模川ふれあい科学館」は、工夫された展示と企画が楽しい相模川が再現されたコンパクトな科学水族館です。車椅子での利用は可能です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年1月の取材に基づいています。

○家族連れに大人気

「相模川ふれあい科学館」は、相模川の自然を科学的に展示解説する施設。通称は「アクアリウムさがみはら」。相模川沿いの水郷田名にあります。

小さな子供から楽しめる施設で、週末は家族連れで賑わいます。施設はバリアフリー設計。車椅子で利用できます。

相模川ふれあい科学館

○無料駐車場あり

アクセスは車が便利。無料駐車場が第三まであり、障害者用駐車区画は第一駐車場に2台分用意されています。週末はよく満車になるので注意して下さい。

第一駐車場の障害者用駐車区画を利用出来れば、駐車場から科学館までフラットな舗装路で移動できます。

相模川ふれあい科学館

○障害者減免あり

エントランスを入るとすぐに入館券の販売機があります。「相模川ふれあい科学館」は、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。受付スタッフに手帳を提示して入館手続きを行ってください。

相模川ふれあい科学館

○障害者トイレは一つ

トイレはエントランスの左側で、障害者用が一つ用意されています。週末は小さな子ども連れ、赤ちゃんがいる家族が多く来館するので、障害者用トイレは混むことを想定して行動してください。

相模川ふれあい科学館

○展示はほぼバリアフリー

コンパクトな科学館です。魚類の展示が目立つので、水族館といったほうが良いかもしれません。館内展示は車椅子から見学・観察が可能です。相模川を再現した「川ゾーン」はスロープ構造。車椅子で水槽を観察することが出来ます。

相模川ふれあい科学館

○水槽展示も車椅子から観察可

「生命ゾーン」を中心に、水槽での生物展示があります。このゾーンもフラットで通路幅は余裕があり、車椅子で観察可能です。

相模川ふれあい科学館

○定例イベント、特別企画あり

「おさかなのブランチ」「ふれあいワゴン」など、毎日開催される定例イベントがあります。また「特別企画展」室があり、その時々の企画展が開催されます。

相模川ふれあい科学館「相模川ふれあい科学館」は、車椅子で利用できる施設です。人気があるので週末は混みあいます。駐車場が満車の場合が多いので注意して下さい。