車椅子で行く 霞ヶ浦ふれあいランド バリアフリー情報

車椅子で行く 霞ヶ浦ふれあいランド バリアフリー情報

茨城根行方市の「霞ヶ浦ふれあいランド」は、2つのエリアに複数の施設があり、いずれも車椅子での利用が可能です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年2月の取材に基づいています。

○施設の全体状況

「霞ヶ浦ふれあいランド」は、「水の科学館」があるエリアと、「虹の塔」があるエリアに区分けされます。それぞれ有料施設ですが、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。

アクセスは車が便利。「水の科学館」エリアの第一駐車場、「虹の塔」エリアの第二・第三駐車場の3つの無料駐車場が用意されます。

「水の科学館」エリアは、「道の駅たまつくり」に隣接。霞ヶ浦沿いには「野外ステージ」があります。

「虹の塔」エリアには、無料でジャブジャブ水遊びが出来る「親水公園」があります。

霞ヶ浦ふれあいランド

○「水の科学館」入館までのバリアフリー状況

「水の科学館」エリアの第一駐車場に障害者用駐車区画が2台分あります。その横から段差解消スロープルートを上り、駐車場から施設方面へ向かいます。

「水の科学館」の正面入口は階段を上る2Fです。車椅子では、館の裏側の事務所入り口から入館します。施設周辺は段差箇所が多々ありますが、車椅子入口までは段差解消スロープルートが各ポイントに用意されています。

霞ヶ浦ふれあいランド

館内に入るとすぐに管理事務所があります。その先を左折するとエレベーターがあり2Fへ上がります。2F内も段差箇所が多いのですが、段差解消スロープルートが用意されています。

霞ヶ浦ふれあいランド

○「水の科学館」館内のバリアフリー状況

2Fの受付で障害者手帳を提示して入館受付を行います。

受付の裏側にあるスロープルートで科学館内へ。最初に2Fの展示を見学します。展示室内にも段差箇所がありますが、ほぼすべての展示を車椅子で見ることが出来ます。霞ヶ浦ふれあいランド

霞ヶ浦ふれあいランド

霞ヶ浦ふれあいランド

2Fの突き当たりから、健常者は階段で1Fへ下ります。車椅子では、昇降機があるのでスタッフを呼んで操作をしていただきます。最初の昇降機で中二階へ。もう一つ別の昇降機を乗り継いで1Fへ下ります。

霞ヶ浦ふれあいランド

1F内を見学したら、通路を通り別棟「水の交流館」1Fへ行き展示を見学。「水の交流館」はエレベーターがあり2Fへ。2Fの展示を見学しながら通路を進むと、「水の科学館」2Fへ戻ります。

霞ヶ浦ふれあいランド

霞ヶ浦ふれあいランド

○「水の科学館」の障害者用トイレ

「水の科学館」内には2か所に障害者用トイレがあります。「水の科学館」2Fエレベーターの横と、「水の交流館」1Fです。

 

○「虹の塔」入館までのバリアフリー状況

「虹の塔」エリアの第二・第三駐車場には障害者用駐車区画はありません。第一駐車場から「虹の塔」エリアへ行く通常ルートは、階段がある地下道です。車椅子で向かう場合は遠回りして横断歩道を利用します。

霞ヶ浦ふれあいランド

「虹の塔」入口周辺は段差構造ですが、スロープルートが用意されています。館内に入ると受付があるので、障害者手帳を提示して入館手続きを行います。障害者用トイレは「虹の塔」内にも用意されています。

霞ヶ浦ふれあいランド

霞ヶ浦ふれあいランド

○「虹の塔」館内のバリアフリー状況

「虹の塔」の1Fが受付。2Fは「玉のミュージアム」。「玉」に関わる常設展示がある施設です。1Fから2Fまでは、健常者もスロープルートを利用。やや傾斜のきつい螺旋式のスロープルートです。

霞ヶ浦ふれあいランド

2Fから「虹の塔」展望室へはエレベーターを利用します。展望室は4F。健常者の帰りルートは4Fから階段で3Fへ下りてエレベーターを利用しますが、車椅子では4Fから帰りのエレベーターを利用できます。

霞ヶ浦ふれあいランド

霞ヶ浦ふれあいランド

4F展望室の窓は低い位置からあるので、車椅子から十分に眺望を楽しむことができます。

霞ヶ浦ふれあいランド

霞ヶ浦ふれあいランド

○「道の駅たまつくり」への動線

「水の科学館」エリアに隣接する「道の駅たまつくり」へは、段差解消ルートだけを通り、車椅子で移動することができます。

道の駅たまつくり「霞ヶ浦ふれあいランド」は、各施設ともバリアフリー改修が行われ、スロープや昇降機により、車椅子での利用は可能です。