茨城県 道の駅たまつくり 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

茨城県行方市、旧玉造町にある道の駅です。霞ヶ浦大橋のたもとに位置する、霞ヶ浦に落ちる夕日の絶景スポット。その風景を楽しめるウッドデッキが用意されています。

道の駅たまつくり

開業は2001年。24時間独立トイレ棟と、商業棟「行方市観光物産館こいこい」で構成される施設です。

道の駅たまつくり

身障者用駐車スペースは、トイレ棟前に1台分。

道の駅たまつくり

そして「こいこい」の脇に2台分用意されています。

道の駅たまつくり

バリアフリートイレは、トイレ棟と「こいこい」内にそれぞれ1つあります。下の写真は「こいこい」内のバリアフリートイレです。

道の駅たまつくり

「こいこい」は中規模なショップで、農産物、物産品、テイクアウトコーナーがあるお店です。

道の駅たまつくり

出入口などの段差箇所は、すべてスロープが設置されています。

道の駅たまつくり

道の駅たまつくり

店内の通路幅は一般的なサイズで、混雑していなければ車椅子で買い物ができるお店です。

農産物も充実していますが、「こいこい」は霞ヶ浦の淡水魚の調理品が魅力です。鯉、わかさぎ、その他湖水に住む小魚系の煮込み、佃煮などが豊富に並びます。鯉の旨煮は定番商品。鯉のお刺身もあります。

道の駅たまつくり

テイクアウトコーナーの人気商品は「なめパックン」。ナマズのハンバーガーです。同シリーズは「鯉パックン」「鴨パックン」「豚パックン」と続きます。

道の駅たまつくり

「道の駅たまつくり」は、「行方市観光物産館こいこい」で、地元の美味しいものに出会える道の駅です。

(本稿は2021年7月に執筆しました)

霞ヶ浦車椅子観光 天王崎観光交流センター「コテラス」バリアフリー情報

茨城県行方市の天王崎観光交流センター「コテラス」は、霞ヶ浦の景勝地「天王崎」にある車椅子で利用出来る施設です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

○コテラスの全体概要

2013年に誕生した、観光拠点と地域交流を目的とした施設です。

駐車場には身障者用駐車スペースが用意されています。

天王埼交流センターコテラス

日帰り温泉、ショップとカフェ、そして会議室や多目的室など地域住民のための公共施設があります。

2フロア構造でエレベーターは1基。かごは一般的なサイズで、問題なく車椅子を収容します。

天王崎観光交流センター「コテラス」

バリアフリートイレは1Fと2Fにそれぞれ用意されています。下の写真は1Fのバリアフリートイレ。スペースは一般的なサイズで、設備はフル装備の綺麗なトイレです。ユニバーサルベッドはありません。

天王埼交流センターコテラス

天王埼交流センターコテラス

〇ショップ&カフェのバリアフリー状況

下の写真は「コテラスマルシェ」専用の出入口で、段差回避スロープが設置されています。

天王埼交流センターコテラス

次の写真はメインエントランス。段差のない構造、バリアフリー仕様です。

天王埼交流センターコテラス

1Fにはショップとカフェを併設しています。ショップとカフェはフラット構造で、車椅子で利用できます。

天王埼交流センターコテラス

○日帰り温泉の状況

日帰り温泉は、地元の人に人気の様子です。名称は「あそう温泉 白帆の湯」。霞ヶ浦をのぞむ展望風呂や露天風呂が自慢のお風呂です。

日帰り温泉は一般的なバリアフリー仕様です。入浴リフトなど、車椅子利用者のための特別なバリアフリー設備はないようです。

天王埼交流センターコテラス

○霞ヶ浦の眺望

この地は夕陽の美しさで知られる「天王崎公園」。この公園は湖岸を埋め立てて造られたそうです。霞ヶ浦を一望し、筑波山が見える景勝地。条件が良い日は、富士山が見えます。

1Fの霞ヶ浦側はテラスで、車椅子で霞ヶ浦ビューが楽しめます。冬場は営業していませんが、足湯があります。

屋上は展望デッキ。バリアフリーな霞ヶ浦ビューポイントです。車椅子で問題なく利用できます。

天王埼交流センターコテラス

○観光帆引き船の基地

天王崎観光交流センター「コテラス」は、「観光帆引き船」の「見学乗車船」の乗合基地になります。

観光帆引き船の基地

現在はコロナ禍の影響を受けていますが、2015年の企画では、霞ヶ浦の3市、「行方市」「かすみがうら市」「土浦市」が共同開催。それぞれの市で開催期間は違いがあり、ここ行方市の開催は9月5日から12月6日までの土日開催。1人2000円で「観光帆引き船」に伴走する「見学乗車船」に乗るという企画でした。午後に2回の運行で、2回目の15:30からの運行は「夕陽操業」です。

1月は「わかさぎ釣り大会」の拠点になります。

天王崎観光交流センター「コテラス」

バリアフリーな施設内から、車椅子で霞ヶ浦の眺望を楽しめる施設は希少です。天王崎観光交流センター「コテラス」は、車椅子で夕陽の景観を楽しめます。

(本稿は2015年に初稿を執筆し、2021年8月に加筆修正しました)

車椅子で行く 霞ヶ浦ふれあいランド バリアフリー情報

茨城根行方市の「霞ヶ浦ふれあいランド」は、2つのエリアに複数の施設があり、いずれも車椅子での利用が可能です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年2月の取材に基づいています。

※「水の科学館」は2020年3月末で閉館しました。以下は2019年時点の状況です。

○施設の全体状況

「霞ヶ浦ふれあいランド」は、「水の科学館」があるエリアと、「虹の塔」があるエリアに区分けされます。それぞれ有料施設ですが、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。

アクセスは車が便利。「水の科学館」エリアの第一駐車場、「虹の塔」エリアの第二・第三駐車場の3つの無料駐車場が用意されます。

「水の科学館」エリアは、「道の駅たまつくり」に隣接。霞ヶ浦沿いには「野外ステージ」があります。

「虹の塔」エリアには、無料でジャブジャブ水遊びが出来る「親水公園」があります。

霞ヶ浦ふれあいランド

○「水の科学館」入館までのバリアフリー状況

「水の科学館」エリアの第一駐車場に身障者用駐車区画が2台分あります。その横から段差解消スロープルートを上り、駐車場から施設方面へ向かいます。

「水の科学館」の正面入口は階段を上る2Fです。車椅子では、館の裏側の事務所入り口から入館します。施設周辺は段差箇所が多々ありますが、車椅子入口までは段差解消スロープルートが各ポイントに用意されています。

霞ヶ浦ふれあいランド

館内に入るとすぐに管理事務所があります。その先を左折するとエレベーターがあり2Fへ上がります。2F内も段差箇所が多いのですが、段差解消スロープルートが用意されています。

霞ヶ浦ふれあいランド

○「水の科学館」館内のバリアフリー状況

2Fの受付で障害者手帳を提示して入館受付を行います。

受付の裏側にあるスロープルートで科学館内へ。最初に2Fの展示を見学します。展示室内にも段差箇所がありますが、ほぼすべての展示を車椅子で見ることが出来ます。霞ヶ浦ふれあいランド

霞ヶ浦ふれあいランド

霞ヶ浦ふれあいランド

2Fの突き当たりから、健常者は階段で1Fへ下ります。車椅子では、昇降機があるのでスタッフを呼んで操作をしていただきます。最初の昇降機で中二階へ。もう一つ別の昇降機を乗り継いで1Fへ下ります。

霞ヶ浦ふれあいランド

1F内を見学したら、通路を通り別棟「水の交流館」1Fへ行き展示を見学。「水の交流館」はエレベーターがあり2Fへ。2Fの展示を見学しながら通路を進むと、「水の科学館」2Fへ戻ります。

霞ヶ浦ふれあいランド

霞ヶ浦ふれあいランド

○「水の科学館」のバリアフリートイレ

「水の科学館」内には2か所にバリアフリートイレがあります。「水の科学館」2Fエレベーターの横と、「水の交流館」1Fです。

 

○「虹の塔」入館までのバリアフリー状況

「虹の塔」エリアの第二・第三駐車場には身障者用駐車区画はありません。第一駐車場から「虹の塔」エリアへ行く通常ルートは、階段がある地下道です。車椅子で向かう場合は遠回りして横断歩道を利用します。

霞ヶ浦ふれあいランド

「虹の塔」入口周辺は段差構造ですが、スロープルートが用意されています。館内に入ると受付があるので、障害者手帳を提示して入館手続きを行います。バリアフリートイレは「虹の塔」内にも用意されています。

霞ヶ浦ふれあいランド

霞ヶ浦ふれあいランド

○「虹の塔」館内のバリアフリー状況

「虹の塔」の1Fが受付。2Fは「玉のミュージアム」。「玉」に関わる常設展示がある施設です。1Fから2Fまでは、健常者もスロープルートを利用。やや傾斜のきつい螺旋式のスロープルートです。

霞ヶ浦ふれあいランド

2Fから「虹の塔」展望室へはエレベーターを利用します。展望室は4F。健常者の帰りルートは4Fから階段で3Fへ下りてエレベーターを利用しますが、車椅子では4Fから帰りのエレベーターを利用できます。

霞ヶ浦ふれあいランド

霞ヶ浦ふれあいランド

4F展望室の窓は低い位置からあるので、車椅子から十分に眺望を楽しむことができます。

霞ヶ浦ふれあいランド

霞ヶ浦ふれあいランド

○「道の駅たまつくり」への動線

「水の科学館」エリアに隣接する「道の駅たまつくり」へは、段差解消ルートだけを通り、車椅子で移動することができます。

道の駅たまつくり「霞ヶ浦ふれあいランド」は、各施設ともバリアフリー改修が行われ、スロープや昇降機により、車椅子での利用は可能です。