東京ミッドタウン ラブサマー2019 バリアフリー情報

東京ミッドタウン ラブサマー2019 バリアフリー情報

東京都港区六本木、東京ミッドタウンの夏イベント「MIDTOWN LOVES SUMMER 2019」。2019年7月12日から8月25日の開催です。

車椅子からみた主なイベントのバリアフリー状況を紹介します。

MIDTOWN LOVES SUMMER 2019

○デジタルアート庭園は段差の上

芝生広場では「水と生きるSUNTRY 光と霧のデジタルアート庭園」が公開されます。

15:00からは霧の演出が開始、そして18:00からは光の演出が追加されます。

デジタルアート庭園は木製の周回デッキの中にあり、デッキに上がり庭園を見下ろして鑑賞することができます。

デジタルアート庭園は段差の上

2018と同様に、周回デッキへは階段で上ります。スロープの用意はありません。

デジタルアート庭園は段差の上

なお、湿度が75%以上の天候の時は、安全上の理由で霧の演出が中止されるそうです。

 

○ビアガーデンが開業

芝生広場の横には「ROKU MIDPRRK LOUNGE」が開業。お洒落なビアガーデンです。

未舗装路面での営業ですが、ガタゴトはひどくはありません。車椅子での利用は可能です。

ビアガーデンが開業

○ASHIMIZUもオープン

恒例の企画、ミッドタウンガーデン内の小川を利用した「ASHIMIZU」が2019もオープンしました。座って足を小川に入れる企画なので、車椅子のままでの利用は出来ません。

ASHIMIZUもオープン

「MIDTOWN LOVES SUMMER 2019」は、例年通りの定番企画が行われます。芝生広場のデッキは、今年も段差の上です。