障がいとアート 東京ミッドタウン「LOVELOVELOVELOVE展」

障がいとアート 東京ミッドタウン「LOVELOVELOVELOVE展」

障がいのあるアーティストと多ジャンルのアート、そして全ての人をつなぐプログラム「LOVELOVELOVELOVE展」が2020年に開催されます。そのプレイベントが2019年7月14日から16日の3日間、東京港区六本木の東京ミッドタウンで開催されました。その様子を紹介します。

東京ミッドタウン「LOVELOVELOVELOVE展

○プログラムを詳しく紹介

今回はプレイベントです。本展は2020年の夏、東京オリンピック・パラリンピックの開催時期にあわせて、お台場の船の科学館を会場に約2か月間開催される予定です。

2020年の本展では40組の障がいのあるアーティストと、様々なジャンルのアーティストを迎えて、1,500点以上の作品展示と、多彩なプログラムが展開される計画です。

今回のプレイベントはそのキックオフ、ボランティアスタッフの募集が開始されました。

プログラムを詳しく紹介

○会場はバリアフリー

会場は東京ミッドタウンB1の東京ミッドタウン・ホールA。バリアフリー施設で車椅子での利用に問題はありません。

プレイベントは入場無料。会場内は段差のないフラット構造で、スペースに余裕があり、通路空間も広く、車椅子でのイベント参加は可能です。

会場はバリアフリー

○入口でハートづくり

会場に入ると最初のコーナーでハートづくり。カメラの前で手をハートの形にすると、オリジナルハートがデザインされます。

ここで創られたハートが、本展で採用されるかもしれない、ということでした。

入口でハートづくり

○16組の作品展示

メイン会場では、障がいのあるアーティストの作品が展示されます。

16組の作品展示

また福祉施設のアトリエによるワークショップ、ゲストによるトークショーなどのイベントもあります。

16組の作品展示

○本展も入場無料

このプレイベントから、1年後を目指した活動が始まります。展示やイベント企画の準備、WEBやSNSでの情報発信、ボランティアスタッフの組織化などに取り組むそうです。

なお2020年の本展も入場無料です。

本展も入場無料

アートを通じて障がいをつなぐ「LOVELOVELOVELOVE展」は注目のイベントです。