山種美術館「速水御舟」展 車椅子からみたバリアフリー情報

山種美術館「速水御舟」展 車椅子からみたバリアフリー情報

東京都渋谷区広尾、山種美術館の「生誕125年記念 速水御舟」展に車椅子で行きました。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

「速水御舟」展の会期は2019年6月8日から8月4日です。

 

○アクセスの状況

山種美術館は恵比寿駅から徒歩約10分の場所にあります。

来館者用の一般駐車場はありませんが、身体障害者専用駐車場が1台分用意されています。利用は事前予約制です。ただし、スタッフにわざわざ開門していただく上に、駐車スペースが狭く、あまり利用しやすい駐車場ではありません。美術館前の通りはパーキングメーター設置道路です。

アクセスの状況

○受付から展示室へ

山種美術館のエントランスは、フラットな構造で自動ドア。車椅子での移動は可能です。

障害者用トイレは1Fの奥、無料エリア内にあります、展示室内にはトイレはありません。

「速水御舟」展の観覧料は、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。1F受付で手帳を提示する運用です。

受付の先、左手に大型エレベーターがあります、車椅子ではこのエレベーターで地下の展示室に向かいます。

受付から展示室へ

○展示品目録は地下入口前に

エレベーターを下りると、すぐ右に展示室入口があります。目録は入口の手前に置かれています。

エレベーターから展示室入口まで、段差は無くスペースに余裕があるので車椅子での移動に問題はありません。

展示品目録は地下入口前に

○炎舞は第二展示室

展示室入口から右手が大きな第一展示室。左手が小さな第二展示室です。どちらへも段差なく移動できます。

御舟の代表作「炎舞」は、第二展示室の中央に飾られています。

炎舞は第二展示室

○車椅子でみやすい展示

ほとんどの作品は壁面ケース内に垂直に展示されているので、車椅子からの低い目線でも問題なく鑑賞できます。今回は後期展示を取材しましたが、ケース内に水平に展示されて、車椅子からは見えにくい作品は1点だけでした。

車椅子でみやすい展示

○年代別展示にみる画風の変遷

御舟の短い創作活動を時系列でみる展示です。展示作品は明治末から昭和10年に創作された絵画。画風の変遷を楽しむことができます。

「炎舞」は大正14年の作品です。御舟の活動期間の中盤に描かれた傑作です。

展示作品中「翠苔緑芝」は撮影可です。所蔵は山種美術館。本稿中に掲載しているのはこの作品です。

車椅子でみやすい展示

年代別展示にみる画風の変遷

山種美術館「速水御舟」展は、車椅子で鑑賞しやすい企画展です。美術館スタッフのお話では、週末の午前中が混雑する傾向があるそうです。