日本のアニメ史を知る 国立近代美術館「高畑勲展」バリアフリー情報

日本のアニメ史を知る 国立近代美術館「高畑勲展」バリアフリー情報

東京都千代田区、国立近代美術館の「高畑勲展」に車椅子で行きました。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

会期は2019年7月2日から10月6日です。

 

○竹橋駅が改良工事中

最寄りの竹橋駅は、現時点ではバリアフリー改修工事中です。エレベーターや昇降機はなく、車椅子での利用は駅係員による対応になります。

車利用の場合は、身体障がいのある人の利用に限り、国立近代美術館の前庭への駐車が認められます。現地スタッフに車椅子利用を申告し誘導をうけて下さい。

竹橋駅が改良工事中

○ワンフロアの企画展

国立近代美術館のエントランス付近はフラットな構造で自動ドア、車椅子での移動は可能です。

企画展示室内にトイレはありません。1Fの障害者用トイレはエントランスの近くと、ミュージアムショップ方面の2か所に用意されます。

館内を進むとすぐに「高畑勲展」の入口があります。観覧料は障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。入口で手帳を提示して入場してください。

「高畑勲展」はワンフロアを使用した企画展です。フラットな展示室内を車椅子で進みます。

ワンフロアの企画展

○年代順、作品別展示

展示は4つの章に区分されていますが、製作年代順の作品別展示です。

1960年代の「狼少年ケン」や「太陽の王子ホルスの大冒険」などの展示から始まります。それぞれの作品での高畑氏の担当した範囲と、製作にあたっての狙い、用いられた技術、視聴者へのメッセージなどが紹介されます。以下、最後の「かぐや姫の物語」のコーナーまで、そのような構成で作品別に展示が続きます。

ほぼすべての展示は車椅子からの鑑賞が可能ですが、一部にはイラスト現本など小さな資料が平面的に展示されている箇所もあります。それでも概ね、車椅子からでも資料をみることが出来ます。

年代順、作品別展示

○名場面のリピート上映

展示室には多くのモニターが用意され、各作品の名場面などが上映されます。

モニターの前から長時間動かない来場者がいます。会場内が混雑してくると、車椅子で移動できない箇所が発生するかもしれません。

名場面のリピート上映

○構成上のハイライトはカルピス劇場の作品

どの作品のコーナーも力の入った展示ですが、展示の半ばにある「アルプスの少女ハイジ」は、撮影可のジオラマがあり、展示構成上のハイライトになっています。

ハイジの次は「赤毛のアン」と「母をたずねて三千里」コーナーで、そこにミニシアターがあります。

構成上のハイライトはカルピス劇場の作品

○出口手前にショップ

企画展の最後は「高畑勲展」関連グッズを展示販売するショップコーナーです。ここもフラットで店内通路幅に余裕があるので、車椅子での買物や店内通過は可能です。

 

○出口の先に記念撮影ポイント

ショップを抜けて展示室から出たところに、記念撮影ポイントが用意されています。ここは無料エリアです。

出口の先に記念撮影ポイント

国立近代美術館「高畑勲展」は、車椅子でみやすい企画展です。最寄りの竹橋駅は2020年までにはエレベーターが完成するといわれています。