車椅子で行く東京ミッドタウン~檜町公園のバリアフリー事情

港区立檜町公園は、東京ミッドタウンの一角にみえますが、檜町公園は独立した区立の公園。バリアフリーに整備された周回路があり、車椅子で和の美を堪能できる希少な日本庭園です。檜町公園のバリアフリー事情を紹介します。

 

○日本庭園を車椅子で周回する

公園の周回路を車椅子で進みます。東屋の池を挟んだ反対側にビュースポットがあり、ここだけはやや車椅子では苦戦するデコボコがありますが、そこ以外は“飛び石”などを除けば、ほぼすべて車椅子で散策できます。やや傾斜はあるルートですが、車椅子自走でも移動が可能な程度です。

東京ミッドタウン~檜町公園

○少々アップダウンはあります

檜町公園は傾斜地にあり、ミッドタウン側が高台、池を挟んだ東屋側が低地。ミッドタウンを起点に車椅子で公園を一周すると、前半は下り坂、後半は上り坂になります。

半周して東屋で一息いれて、後半の上り坂に挑みましょう。東屋の横に公衆トイレがあり、障害者用トイレが併設されています。もっともミッドタウンのトイレを使えばいいので、あまり利用者はいないでしょうが。

東京ミッドタウン~檜町公園

○メンテナンスは万全

ミッドタウンの建設に伴って、見違えるほどバリアフリーに整備されました。ミッドタウン開業にあわせて再公開されたのが2007年。それから随分月日が流れましたが、路面が荒れることもなく、いまだにインフラの傷みなどは感じられません。

入園無料の公園ですが、メンテナンスが行き届いています。安心して車椅子で散策をお楽しみください。

東京ミッドタウン~檜町公園

○公園の歴史

元々は萩藩、毛利家の麻布下屋敷の庭園の一部。現在の檜町公園よりも、はるかに広い敷地のお庭があり「清水亭」と呼ばれ、江戸の名園として名高かったそうです。

御屋敷にはヒノキが多く植栽されていたため、麻布下屋敷の俗称が「檜屋敷」。そこで地名も「檜町」。町名改称でその名はなくなりましたが、公園名称に名を残しています。

明治になり帝国陸軍の駐屯地。戦後はGHQに接収。そして返還後、敷地の大半は防衛庁に。明治以後は、そういう変遷があった場所です。

檜町公園として公開されたのは、1963年。防衛庁が市ヶ谷に移転したのが2000年。正確な調査ができていませんが、おそらくその間の40年近く、大規模な公園改修はなかったはず。一般的な知名度は高くはなく、知る人ぞ知る公園でした。

東京ミッドタウン~檜町公園

○都心の癒しスポットに

今ではミッドタウン・ガーデンと一体になった、都心の癒しスポット。周回路は、東京ミッドタウン公式認定ジョギングコースの一部に指定されています。

春夏秋冬、季節のお花が庭を飾り、特に春の桜は見事。ミッドタウン・ガーデンに103本、檜町公園に44本の桜があるそうです。

何度か夏場に訪れたこともありますが、それほどひどい蚊の攻撃を受けたことはありません。それでも蚊はいるでしょうから、重度障害があり蚊に弱い人は、十分にご注意ください。

 

六本木ヒルズの毛利庭園に比べれば、空いていると思います。桜のシーズンを外せば、静かに、ゆっくりと、庭園美を鑑賞できる可能性は高い公園。大人向け。車椅子で春夏秋冬のうつろいを、ゆっくり楽しめる公園です。