車椅子で行く東京ミッドタウン~デザインハブのバリアフリー事情

東京ミッドタウン~デザインハブ

東京ミッドタウンにあるデザインネットワークの拠点「デザインハブ」。場所はミッドタウンタワーの5F。約100坪の展示スペースがあり、開催期間が2週間から一か月程度の、デザインに関わる展覧会がバンバン企画され、公開されています。デザインハブのバリアフリー事情を紹介します。

東京ミッドタウン~デザインハブ

○ミッドタウンタワーB1または1Fからアクセス

「ミッドタウンタワー」の5Fなので、「ガレリア」などの商業棟からのアクセスがわかりにくい。「ミッドタウンタワー」B1または1Fの、オフィス用セキュリティガードがかかったエレベーターとは別の、左手奥にあるエレベーターの利用が便利です。ちょっと場所が解り難いかもしれませんが、絶対にあるのでご安心を。B1には、このエレベーターの近くに、障害者用トイレがあります。

もちろん地下鉄駅からも、地下駐車場からも、外に出ないで行くことができます。車椅子での雨の日のお出かけ先として、お薦めできます。

東京ミッドタウン~デザインハブ

なお「ミッドタウンタワー」4Fと「ガレリア」3Fが階段でつながり、そこには昇降機があります。この昇降機を利用するには、管理事務所からスタッフに来てもらい操作をしていただきます。スタッフに手間をかけて申し訳ないので、B1か1Fの利用をお薦めします。

東京ミッドタウン~デザインハブ

○会場はバリアフリー

「ミッドタウンタワー」の5Fに行けば、「デザインハブ」の場所はすぐに解ります。エントランス部は、やや距離のあるアプローチ。30mほど進むとメインの展示スペースに到着します。

東京ミッドタウン~デザインハブ

企画によって場内のレイアウトは変わりますが、会場は全域フラットでバリアフリー。また手動ドアを通る必要はありますが「デザインハブ」内のトイレにも、障害者用が併設されています。

東京ミッドタウン~デザインハブ

○主催団体は3つ

メインの展示スペースの横、窓側には独立した3つの仕切られたスペースがあります。この「デザインハブ」に参加している3つの機関のスペースです。

・デザインによる国際連携拠点「インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター」

・グラフィックデザイナーの全国組織「日本グラフィックデザイナー協会」

・企業と大学がつながる交流拠点「武蔵野美術大学デザイン・ラウンジ」

それぞれ、企画に連動したセミナーなどのイベント、あるいは日常的な活動の拠点として利用されています。

いずれもガラス張りのスペースなので、メインの展示スペースから中は丸見え。その先には、ミッドタウン5Fからの眺望が広がります。「デザインハブ」は、視覚的にとても開放的な空間です。

東京ミッドタウン~デザインハブ

○「デザインハブ」とは

2007年に開設されたデザインネットワークの拠点です。多頻度開催する展覧会によって、人と社会、日本と世界を「つなげる」。展覧会に連動したセミナーやワークショップなどで、デザインを「ひろげる」。専門的な学びの場を提供して、デザイン人材を「そだてる」。この「つなげる」「ひろげる」「そだてる」の3つが、「デザインハブ」の活動目的です。

例えば、夏休みの人気企画は子供向けのワークショップ「キッズウィーク」。デザイナーが先生になって子どもにモノづくりを指導する企画です。夏休みの自由研究にぴったりな企画。無料のワークショップもありますが、1000円程度の参加費をとる企画もあります。この企画は定員制で、募集が始まるとすぐに満員になるそうです。

東京ミッドタウン~デザインハブ

○近年の主な無料企画展の開催実績

 

「日本ジュエリー展」―2016年9月17日から9月25日。ジュエリーデザインの最前線を体感する、1965年から続く伝統の公募展。

東京ミッドタウン~デザインハブ

「おいしい東北パッケージデザイン展2016」―2017年3月3日から3月31日。震災を契機に始まって3回目、デザインで東北を元気にするイベントの巡回展。

東京ミッドタウン~デザインハブ

「東京デザインテン」―2017年4月14日から5月21日。現在の東京の課題を見つめ、10年後の東京をデザインの視点から見通す。これまでの10年、現在の課題10点、これからの10年、と「テン」をキーワードにした「東京デザインテン」。

東京ミッドタウン~デザインハブ

「暮らしの未来」―2017年5月26日から6月3日。10組の若手デザイナーが考えるインテリアデザイン展。

東京ミッドタウン~デザインハブ

「日本のグラフィックデザイン2017」―2017年6月17日から8月6日。年鑑掲載300作品が展示される、日本のグラフィックデザイン総合展覧会。

東京ミッドタウン~デザインハブ

「JAGDA学生グランプリ2017」―2017年8月25日から9月18日。2017年のテーマは「食」、参加者は高校生以上学生限定のポスター展。

東京ミッドタウン~デザインハブ

「私の選んだ一品」―2017年10月4日から27日。グッドデザイン賞の審査員82人が、各自の“一押し”を紹介する企画展。

東京ミッドタウン~デザインハブ

「第57回日本クラフト展」―2018年1月6日から14日。800点近い入選作品を展示。

東京ミッドタウン~デザインハブ

「地域×デザイン2018」―2018年2月23日から3月11日。日本全国の面白い地域プロジェクトを紹介する企画展。

東京ミッドタウン~デザインハブ

「JAGDAつながりの展覧会」―2018年3月16日から4月22日。障がいのあるアーティストの作品によるマスキングテープの展示とチャリティ販売会。

東京ミッドタウン~デザインハブ

本当に続々と、入場無料の展覧会が開催されます。面白そうな企画があれば、ぜひお出かけください。また、ほとんどの展覧会で、トークショーなどのレセプションがあります。多くは定員制、なかには有料の企画もあります。これは、という企画があれば、早めにお申し込みください。