銀座の無料公開アートスペース 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

銀座の無料公開アートスペース 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

東京の中心地「銀座」には、車椅子で利用できるバリアフリーなアートスペースが複数あります。その中から企画展が無料公開、または障害者減免制度で無料になる主な施設を、銀座一丁目方面から歩きながら観覧する順で紹介します。

なお各施設のイベント開催スケジュールは、それぞれ個別に確認して利用してください。

LIXIL GALLERY

住所は中央区京橋です。1Fはミュージアムショップ。2Fに3つのアートスペースがあり、それぞれで企画展が開催されます。観覧は無料です。

2Fへの通常ルートは階段です。車椅子ではミュージアムショップ奥の手動ドアを開けて、ビルのエレベーターを利用します。ミュージアムショップに入らずに、スロープがあるビルのエントランスからエレベーターホールに入ることもできます。

2Fはフラットな構造で、車椅子での移動、展示会の観覧は可能です。障害者用も兼ねる大きな個室の男女別トイレがあります。

LIXIL GALLERY

ポーラミュージアムアネックス

銀座一丁目のポーラビル3Fのアートスペースです。年間に10本程度、企画展が開催されます。観覧は無料です。

中央通りに面したビル1Fからエレベーターを利用して3Fへ上がります。3Fはフラットな構造で出入口は自動ドアです。車椅子での利用は可能です。

ポーラミュージアムアネックス

シャネルネクサスホール

銀座三丁目のシャネル銀座ビル4Fにあるアートスペースです。写真アートの展示会を中心に「シャネルの精神に基づいた文化的イベント」が年間数本開催されます。観覧は無料。若手音楽家の発表会「ピグマリオンズデイズ」は、事前申し込み制です。

そのイベントにより、店内エレベーターを利用する場合と、店外にあるエレベーターを利用する場合があります。店内エレベーターは1F内に段差がある構造です。銀座シャネル店舗1Fでネクサスホールの利用を申告して、スタッフの誘導を受けてください。

シャネルネクサスホール

銀座松屋イベントスクエア

銀座三丁目の松屋8Fイベントスクエアでは、有料無料の企画展が定期的に開催されます。有料展の観覧料は障害者減免制度があります。

銀座松屋の8Fはバリアフリー仕様です。企画展の車椅子での観覧は可能です。

銀座松屋イベントスクエア

銀座メゾンエルメス フォーラム

銀座五丁目の銀座メゾンエルメス8Fが、アートスペース「フォーラム」です。年間3本から4本の展示会と、映画鑑賞会などが開催されます。入場は無料です。映画鑑賞会は事前予約性です。

銀座メゾンエルメス1Fの通常の店舗入口は、段差があります。店舗前でスタッフにフォーラムの利用を告げてください。別の入口または別のエレベーターに案内をしていただけます。

フォーラムの展示会場はフラットな構造です。映画鑑賞の席は階段構造なので、車椅子では最前列での鑑賞になります。

銀座メゾンエルメス フォーラム

ギンザグラフィックギャラリー

銀座七丁目のDNP銀座ビルにあるアートスペースです。定期的にグラフィックアートの展示会が開催されます。入場は無料です。

通常の入口は段差があります。車椅子では、入口にあるインターフォンで連絡してください。別にある車椅子入場口に誘導していただけます。

会場はB1から2Fまであります。各フロア内はフラットな構造で、エレベーターを利用して上下階移動します。1Fのエレベーター乗り場は、スタッフの誘導が必要です。利用の際は声をかけてください。

障害者用トイレはB2にあります。

ギンザグラフィックギャラリー

銀座資生堂ギャラリー

銀座八丁目の資生堂銀座ビル地階にあるアートスペースで、入場無料の展示会が定期的に開催されます。

通常の入場ルートは1Fから階段を利用します。車椅子では、1F店舗内からエレベーターを利用して下さい。階段ルートの途中に展示物がある展示会もありますが、車椅子では階段途中の観覧はできません。

展示室はフラットな構造で、車椅子で利用できます。

銀座資生堂ギャラリー

以上、車椅子で利用できる主な銀座のアートスペースの概況です。

(本稿は2020年3月に執筆しました)