車椅子で行く銀座~ポーラミュージアムアネックス バリアフリー情報

ポーラミュージアムアネックス

銀座一丁目ポーラ銀座ビル。その3Fが「ポーラミュージアムアネックス」。年間10本ほどの無料企画展示会を開催しているアートスペースです。車椅子でポーラミュージアムアネックスを利用出来るのか。バリアフリー状況を詳しく紹介します。

ポーラミュージアムアネックス

○1F路面から2基あるエレベーターで

銀座通りに面して建つポーラ銀座ビル。3F「ポーラミュージアムアネックス」へは、1F路面から2基あるエレベーターで3Fへ向かいます。ミュージアム専用エレベーターではなく、ポーラビルの各階へ行くエレベーターです。

ポーラミュージアムアネックス

○3Fも狭い

エレベーターで3Fへ到着。小さなエレベーターホールがあり、小型モニターで展覧会関連情報が流れていることもあります。その先がメイン会場です。ホール、会場とも狭いながらもバリアフリー。極端な混雑さえなければ、車椅子での見学は十分に可能です。

ポーラミュージアムアネックス

○会期中は無休

これまでの実績では、企画展は入場無料、開催期間中は無休、開館時間は11時から20時まで。企画展よって変わる可能性はあるので、利用案内はチェックしてください。

 

○天気の安定した日に

ポーラ銀座ビルは地下通路との直結はありません。1Fのエレベーター前は、雨を避けるのことはできる構造ですが、傘がさせない車椅子利用者の場合、できれば雨の日は来場を避けたいミュージアムです。

ポーラミュージアムアネックス

○ポーラ銀座=美容×美食×美術

ポーラ銀座ビルのコンセプトは、「美容」「美食」「美術」の3つ。そして「美術」を担う施設が「ポーラミュージアムアネックス」ということです。ビルには「美食」のグルメ店が入店しています。

ポーラミュージアムアネックス

○例えば「増田セバスチャン-モネの小宇宙」展

近年の人気企画を1つご紹介。2017年7月21日から9月3日の開催「増田セバスチャン-モネの小宇宙」展。2tの装飾素材で創られたカワイイ「モネの小宇宙」の展示。話題になりました。

ポーラミュージアム

題材となった絵はポーラ美術館所蔵のモネの「睡蓮の池」。モネは日本好き、浮世絵好き。自宅の庭に池を造り、浮世絵にある太鼓橋を架けました。池の畔には竹、柳、桜、藤などを植栽。フランスのお庭ですが、パーツは和風なモネの「睡蓮の池」。この絵を題材に、増田セバスチャン氏が世界にカワイイを発信した企画展です。

ポーラミュージアム

立地は超一等地。会場は狭いながらもバリアフリー。そして企画展が面白い。車椅子での利用をお薦めできる施設です。