銀座の無料公開アートスペース 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

東京の中心地「銀座」には、車椅子で利用できるバリアフリーなアートスペースが複数あります。その中から企画展が無料公開、または障害者減免制度で無料になる主な施設を、銀座一丁目方面から歩きながら観覧する順で紹介します。

なお各施設のイベント開催スケジュールは、それぞれ個別に確認して利用してください。

LIXIL GALLERY

住所は中央区京橋です。1Fはミュージアムショップ。2Fに3つのアートスペースがあり、それぞれで企画展が開催されます。観覧は無料です。

2Fへの通常ルートは階段です。車椅子ではミュージアムショップ奥の手動ドアを開けて、ビルのエレベーターを利用します。ミュージアムショップに入らずに、スロープがあるビルのエントランスからエレベーターホールに入ることもできます。

2Fはフラットな構造で、車椅子での移動、展示会の観覧は可能です。障害者用も兼ねる大きな個室の男女別トイレがあります。

LIXIL GALLERY

ポーラミュージアムアネックス

銀座一丁目のポーラビル3Fのアートスペースです。年間に10本程度、企画展が開催されます。観覧は無料です。

中央通りに面したビル1Fからエレベーターを利用して3Fへ上がります。3Fはフラットな構造で出入口は自動ドアです。車椅子での利用は可能です。

ポーラミュージアムアネックス

シャネルネクサスホール

銀座三丁目のシャネル銀座ビル4Fにあるアートスペースです。写真アートの展示会を中心に「シャネルの精神に基づいた文化的イベント」が年間数本開催されます。観覧は無料。若手音楽家の発表会「ピグマリオンズデイズ」は、事前申し込み制です。

そのイベントにより、店内エレベーターを利用する場合と、店外にあるエレベーターを利用する場合があります。店内エレベーターは1F内に段差がある構造です。銀座シャネル店舗1Fでネクサスホールの利用を申告して、スタッフの誘導を受けてください。

シャネルネクサスホール

銀座松屋イベントスクエア

銀座三丁目の松屋8Fイベントスクエアでは、有料無料の企画展が定期的に開催されます。有料展の観覧料は障害者減免制度があります。

銀座松屋の8Fはバリアフリー仕様です。企画展の車椅子での観覧は可能です。

銀座松屋イベントスクエア

銀座メゾンエルメス フォーラム

銀座五丁目の銀座メゾンエルメス8Fが、アートスペース「フォーラム」です。年間3本から4本の展示会と、映画鑑賞会などが開催されます。入場は無料です。映画鑑賞会は事前予約性です。

銀座メゾンエルメス1Fの通常の店舗入口は、段差があります。店舗前でスタッフにフォーラムの利用を告げてください。別の入口または別のエレベーターに案内をしていただけます。

フォーラムの展示会場はフラットな構造です。映画鑑賞の席は階段構造なので、車椅子では最前列での鑑賞になります。

銀座メゾンエルメス フォーラム

ギンザグラフィックギャラリー

銀座七丁目のDNP銀座ビルにあるアートスペースです。定期的にグラフィックアートの展示会が開催されます。入場は無料です。

通常の入口は段差があります。車椅子では、入口にあるインターフォンで連絡してください。別にある車椅子入場口に誘導していただけます。

会場はB1から2Fまであります。各フロア内はフラットな構造で、エレベーターを利用して上下階移動します。1Fのエレベーター乗り場は、スタッフの誘導が必要です。利用の際は声をかけてください。

障害者用トイレはB2にあります。

ギンザグラフィックギャラリー

銀座資生堂ギャラリー

銀座八丁目の資生堂銀座ビル地階にあるアートスペースで、入場無料の展示会が定期的に開催されます。

通常の入場ルートは1Fから階段を利用します。車椅子では、1F店舗内からエレベーターを利用して下さい。階段ルートの途中に展示物がある展示会もありますが、車椅子では階段途中の観覧はできません。

展示室はフラットな構造で、車椅子で利用できます。

銀座資生堂ギャラリー

以上、車椅子で利用できる主な銀座のアートスペースの概況です。

(本稿は2020年3月に執筆しました)

銀座ggg「河口洋一郎生命のインテリジェンス」展 車椅子観覧ガイド

ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)で、コンピュータ・グラフィックスの先駆者である河口洋一郎氏の個展を車椅子で観覧しました。会場のバリアフリー状況を紹介します。

本展は2020年1月30日から3月19日までの開催。入場は無料です。

銀座ggg「河口洋一郎生命のインテリジェンス」展 車椅子観覧ガイド

○gggの出入口

gggの出入口は段差があります。

車椅子では入口にあるインターフォンで連絡をして、別にある段差の無い入口から館内に入ります。スタッフの誘導に従ってください。

銀座ggg「河口洋一郎生命のインテリジェンス」展 車椅子観覧ガイド

○gggのバリアフリー状況

車椅子用出入口から1F展示室に入ります。1Fの展示はスペースに余裕があり、車椅子で問題なく鑑賞できます。いきなり、河口洋一郎氏による独特なグラフィックの世界に魅せられる展示です。

B1も展示室です。このフロアも車椅子でゆっくり鑑賞できるスペースの余裕があります。

2Fは資料室兼展示室で、本展では展示があります。

館内にはエレベーターがあり上下階移動が可能です。ただし1Fでのエレベーター乗降はスタッフの誘導が必要です。

障害者用トイレはB2に用意されています。

 

銀座ggg「河口洋一郎生命のインテリジェンス」展 車椅子観覧ガイド

○5億年後の生物

河口洋一郎氏の創作のテーマは「5億年後」です。氏はコンピューター・グラフィックによる創作の先駆的な存在で、今回の展示ではB1に初期の作品も展示され、当時の創作の苦労が紹介されています。

銀座ggg「河口洋一郎生命のインテリジェンス」展

河口洋一郎氏は「宇宙鳳凰」など巨大な立体作品が有名ですが、gggでの展示は、グラフィックが中心です。むしろそれが、作者の志向や想像を理解するのに役立ちます。

銀座ggg「河口洋一郎生命のインテリジェンス」展

○同時開催イベント

gggの隣にある「MMM」では、展示会開催期間中、河口洋一郎オリジナルグッズが販売されています。

また市ヶ谷のDNPプラザでは、3月16日までの日程で、宇宙鳳凰など河口洋一郎氏の立体作品が展示されます。

銀座ggg「河口洋一郎生命のインテリジェンス」展

gggの出入口には段差がありますが、車椅子で利用できます。館内にはエレベーターと障害者用トイレが用意されています。

銀座シャネルネクサスホール「ヤコポ バボーニ スキリンジ展」車椅子観覧ガイド

スキリンジ氏の日本初個展となる写真展を車椅子で観覧しました。会場のバリアフリー状況を紹介します。

本展は2020年1月15日から2月16日までの開催。会場は銀座シャネル4Fネクサスホール。入場は無料です。

 

○車椅子でのアクセス方法

銀座シャネルネクサスホールへのアクセス方法は、企画展によって変わります。本展の一般ルートは、店内1Fからエレベーターで4Fへ上ります。ただし1F店内に段差があるため、車椅子ではエレベーターを利用できません。

別のエレベーターを利用して4Fへ上る方法があります。ネクサスホールの利用を申告して、スタッフの誘導に従ってください。

 

○会場内のバリアフリー状況

4Fホール内はフラットな構造で車椅子での移動に問題はありません。

「ヤコポ バボーニ スキリンジ展」の展示は、オーソドックスな大型パネルの壁掛け展示が多く、車椅子から作品を鑑賞できます。

銀座シャネルネクサスホール「ヤコポ バボーニ スキリンジ展」車椅子観覧ガイド

○音楽と写真アートの融合

スキリンジ氏は現代音楽作曲家でもあります。会場には、モデルの体に描かれた五線譜が奏でられているような楽曲が流れています。

モデルの表情や肉体の力強さ、そして場内に流れる音楽の重さに、作者の感情の動きを感じる展示会です。

 

銀座シャネルネクサスホール「ヤコポ バボーニ スキリンジ展」は車椅子で観覧できます。スタッフの誘導に従って上下階移動をして下さい。