銀座エルメスフォーラム「ル・パルク展」バリアフリー観覧情報

銀座メゾンエルメス フォーラムで「ル・パルクの色 遊びと企て‐ジュリオ・ル・パルク展」が開催されています。観覧は無料。会期は2021年8月13日から11月30日までですが、社会情勢によっては変更になる可能性があります。

銀座エルメスフォーラム「ル・パルク展」

ジュリオ・ル・パルクは1928年生まれ。90歳を過ぎた現在でも活動をしているアーティストです。展示会場では、ル・パルク氏を紹介するパネル展示と、本人がこれまでの創作とアートを語る映像が放映されるコーナーがあります。

銀座エルメスフォーラム「ル・パルク展」

展示はメゾンエルメスビルのファザードから始まっています。ファザード展示は一足早く10月中旬ごろに終了する予定です。

銀座エルメスフォーラム「ル・パルク展」

本展はメゾンエルメスビル8Fと9Fの2フロアを使用しています。ソニー通り側のエレベーターが入口。そこからはスタッフの誘導に従ってください。検温、手指消毒をしてエレベーターに乗ります。エレベーターのかごは、一般的な車椅子が十分に入る大きさです。エレベーター内から見える、ビルの内壁にもアートが用意されています。

観覧は、最初は9F、次に8Fの順です。健常者は9Fから8Fへ階段で移動しますが、車椅子利用者はエレベーターで移動します。観覧後は8Fから1Fへ。行きと同じソニー通り側のエレベーターで移動します。

9Fの展示は主題である「色」から。下の写真は微妙に動くことで造形される白のグラデーション。

銀座エルメスフォーラム「ル・パルク展」

そして14色のシリーズ。

銀座エルメスフォーラム「ル・パルク展」

8Fではエルメスフォーラムの大きな空間を使用した大型作品が展示されています。

銀座エルメスフォーラム「ル・パルク展」

銀座エルメスフォーラム「ル・パルク展」

ガラス壁面越しにファザード展示が輝く構成です。

銀座エルメスフォーラム「ル・パルク展」

巨大な作品は「鋼球」。このアートスペースで、ル・パルク氏がアートを語る放映が行われています。

銀座エルメスフォーラム「ル・パルク展」

ル・パルク氏が目指しているのは「鑑賞者との開かれた出会い」。色と遊びの試みと企てを楽しむ、車椅子で観覧できる展示会です。

銀座セイコーミュージアム 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

セイコーミュージアムは、向島から2020年に銀座並木通りに移転しました。エントランス前に飾られる大型振り子時計は、今や並木通りのランドマーク的な存在です。

車椅子でセイコーミュージアムを観覧しました。車椅子からみたミュージアムのバリアフリー状況を紹介します。

銀座セイコーミュージアム

〇エントランスのバリアフリー状況
セイコーミュージアムは観覧無料。現在事前予約制です。HPなどから日時予約を行います。

ミュージアム1Fエントランスはフラットな自動ドア。問題なく車椅子で入館できます。大型振り子時計とドア越しに見える1Fの展示室のテーマは「はじまりの時間」。正面右側が受付です。事前予約をしたので、受付で名前を告げるだけでチェックインができました。そして来館記念の缶バッジをいただきました。

銀座セイコーミュージアム

〇エレベーターとトイレの状況

ミュージアムはB1 から5Fまでの6フロア構造。各階に展示テーマが設定されています。

銀座セイコーミュージアム

階段があるのは1Fと2F間のみ。それ以外のフロア間移動は、健常者も1基のエレベーターを利用します。今回取材時は、エレベーターの混雑で困ることはありませんでした。

銀座セイコーミュージアム

エレベーターのカゴは一般的な車椅子と2~3名は入るサイズ。ビルは10Fまでありますが、6F以上はスタッフ専用フロアで来館者がボタンを押してもエレベーターは止まりません。前後両開きのエレベーターですが、B1から5Fまでの出入口は、反対側は利用しない構造です。

銀座セイコーミュージアム

バリアフリートイレは5Fに1つ用意されています。出入口は手動の開き戸です。

銀座セイコーミュージアム

スペースは一般的なサイズで、設備はフル装備、綺麗なトイレです。ユニバーサルベッドはありません。

銀座セイコーミュージアム

〇2Fのバリアフリー状況

フロア別のバリアフリー状況です。2Fはセイコー創業時の歴史の紹介。お客様を大切にしたエピソードを象徴する展示として、関東大震災で焼け崩れた時計が展示されています。

銀座セイコーミュージアム

他にも創業者の起業精神が様々な角度から紹介されるフロアです。車椅子の高さから全く見えない展示はありません。

銀座セイコーミュージアム

銀座セイコーミュージアム

〇3Fのバリアフリー状況

3Fは古代エジプトの日時計から、水時計、振り子時計など、時計の歴史を紹介するフロア。世界の、そして日本の古い時計が展示されます。

銀座セイコーミュージアム

銀座セイコーミュージアム

銀座セイコーミュージアム

時計が実用品から装飾品へと昇華していく様が面白い。価値のある骨董時計がずらりと並びます。このフロアも車椅子から見えない展示はありません。

銀座セイコーミュージアム

銀座セイコーミュージアム

銀座セイコーミュージアム

銀座セイコーミュージアム

〇4F・5Fのバリアフリー状況

4Fと5Fは自社製品の紹介フロア。4Fは1970年代ごろまでのセイコー製品を展示。懐かしいブランドが並びます。ややショーケースが高い位置にあり、一部車椅子からは真横から見る展示があります。それでも時計鑑賞に大きな問題はありません。

銀座セイコーミュージアム

飾られるアナログ時計は、ほぼすべてが10時8分を指しています。

銀座セイコーミュージアム

時計の針がもっとも美しく見える時間なのでしょう。

銀座セイコーミュージアム

5Fは現在に至るセイコー商品の紹介フロア。お馴染みのブランドが並びます。このフロアのショーケースは、車椅子からの目線でしっかり見える高さです。

銀座セイコーミュージアム

キャラクター時計も展示。お子様が楽しめるのはこのフロアです。

銀座セイコーミュージアム

〇B1のバリアフリー状況

B1のテーマは「極限の時間」。オリンピックで使用されるストップウォッチなど、精密な測定ができる時計が展示されます。

銀座セイコーミュージアム

今回取材時は、山縣選手が記録した100m走の日本記録がフューチャーされていました。ケース内展示の高さは低く、すべての展示品が車椅子から鑑賞できます。

銀座セイコーミュージアム

車椅子が苦手な「縦型」の施設ですが、スムーズにエレベーターを利用できたので、ストレスなく全館を観覧できました。セイコーミュージアムは、展示手法に車椅子利用者への配慮があるバリアフリーミュージアムです。

(本稿は2021年8月に執筆しました)

銀座リコーアートギャラリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

東京都中央区銀座4丁目交差点のランドマーク「三愛ドリームセンター」。その8Fと9Fが、2022年3月までの期間限定で、「RICHO ART GALLERY」となり、2021年6月5日にオープンしました。

全面ガラス張りの円柱型の三愛ビル。その1Fエントランスに入ると、2基のエレベーターがあります。「RICHO ART GALLERY」がある8Fへ上がります。

銀座リコーアートギャラリー

リコーアートギャラリー内には、バリアフリートイレはありません。階段の途中に一般トイレが用意されています。

8Fでエレベーターを降りると、すぐに受付があります。オープン最初の展示会は観覧無料ですが、コロナ対策のため予約制です。会場内に余裕がある場合は、予約なしでも入場可能です。その場合は受付で簡単な記帳をします。

銀座リコーアートギャラリー

リコーアートギャラリーは、ビルの外見通りの回廊型ギャラリーです。一般的な四角い構造のギャラリーとは印象が異なります。

銀座リコーアートギャラリー

ここではリコー発のアートプロジェクト「StareReap」という、インクジェット技術とデジタル技術を使用した作品展が開催されと案内されています。

銀座リコーアートギャラリー

一つ上の9Fは「RICHO ART GALLERY LOUNGE」。銀座4丁目の交差点を一望する無料ラウンジです。通常は8Fから急階段を上がります。車椅子利用者は、エレベーターを利用してください。

銀座リコーアートギャラリー

円形ラウンジの様子です。窓際に座ることができます。

銀座リコーアートギャラリー

窓からの景観、4丁目交差点を見下ろします。

銀座リコーアートギャラリー

日本一の特等地に、期間限定のアートギャラリーが誕生しました。スペースにはあまり余裕はありませんが、「RICHO ART GALLERY」は車椅子で観覧できます。

(本稿は2021年6月に執筆しました)