車椅子で行く銀座~シャネル銀座ネクサスホール バリアフリー情報

銀座三丁目のシャネル銀座ビル。その4Fにあるイベントホールが「ネクサスホール」です。「シャネルの精神に基づいた文化的イベント」が開催されるホール。車椅子で利用出来るのか。バリアフリー状況を詳しく紹介します。

シャネル銀座ネクサスホール バリアフリー事情

 

○銀座の真ん中でアートに出会う

シャネル銀座ビルは2004年12月の開業。「ネクサスホール」も同日オープン。以来変わらないコンセプトでイベントが開催されています。「NEXUS」とは「結びつき」という意味です。エントランスは銀座通りに面しています。車椅子でのアクセスに大きな問題はありません。

シャネル銀座ネクサスホール

○シャネルはピグマリオン

毎年の恒例イベントは、若手音楽家5人の支援コンサート。一年を通して5人のソロコンサートを開催。事前申込で抽選制、入場は無料です。

若手音楽家のコンサート名は「シャネル・ピグマリオン・ディズ」。ピグマリオンはギリシャ神話に由来する人名で「才能を信じ、支援して、開花させる人」という意味で用いられています。シャネルは「ピグマリオン」。「ネクサスホール」はその精神で運営されています。

その他に年間数本、写真展などの展示会が開催されます。これまでの実績では、すべて入場無料の展示会です。

シャネル銀座ネクサスホール

○マロニエ通りから入るエレベーターで行く

シャネル銀座ビル正面入口から車椅子で入り、スタッフにネクサスホールの利用を告げてください。バリアフリールートを案内していただけるはずです。

横の道(マロニエ通り)からの入口にあるエレベーターを利用すると、段差なくネクサスホールへ上がることができます。

展示会によって、利用できるエレベーターが限られることもあるので、現地でスタッフの誘導を受けるようにしてください。

シャネル銀座ネクサスホール バリアフリー事情

 

○ネクサスホールはワンフロアでフラット構造

4Fに到着。入場無料のフリー展示会では、とくに受付もなくそのまま自由に会場内へ。ホールの基本構造はワンフロアすべてを使ったフラット構造。極めてシンプルな設計です。エレベーターの他に、3F売り場からの階段もあります。

シャネル銀座ネクサスホール バリアフリー事情

○車椅子でイベントを楽しむ

ホールのハード構造はバリアフリー。内部の状況はイベント毎ですが、知る限り車椅子で困ったことはありません。「ネクサスホール」は、銀座でシャネルの文化的イベントを、車椅子で楽しめます。