車椅子で行く富士五湖ドライブコース~河口湖ICから朝霧高原へ

富士五湖ドライブコース~河口湖ICから朝霧高原へ

車椅子から見る絶景ポイント、バリアフリーな観光施設など、車椅子で富士五湖観光を楽しむドライブコースを紹介します。

本稿では、河口湖ICを起点に国道139号線を西へ向かうルート上にある、車椅子での立ち寄りスポットをピックアップします。

 

○富士山世界遺産センター

2016年オープン。新設された南館と既存の北館で構成される施設です。駐車場には障害者用駐車区画の用意があります。

富士五湖ドライブコース~河口湖ICから朝霧高原へ

南館は有料の施設。障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。1Fは円形空間の中に数多くの展示物を配置。2Fは回廊のような展示スペース。両フロアとも車椅子での見学は可能です。スペースに余裕があるので、少々混雑しても車椅子で苦戦することはありません。

富士五湖ドライブコース~河口湖ICから朝霧高原へ

旧ビジターセンターの北館は無料施設。新しい南館と比較すると見劣りしますが、基本的にはバリアフリー設計です。北館の展示は富士の自然がメインテーマ。富士山を題材にした浮世絵などの展示、そしてショップがあります。

富士五湖ドライブコース~河口湖ICから朝霧高原へ

○富士スバルライン

マイカー規制期間や降雪による交通規制がありますが、全線営業中であれば、富士山五合目まで行くことが出来ます。

通行料金は障害者減免で半額になります。適用条件は、有料道路減免指定を受けた本人の乗車と車両の使用で、ETCはなく、料金窓口で手帳の記載事項がチェックされます。

五合目のレストハウスには、障害者専用駐車区画と障害者用トイレの用意があります。

富士五湖ドライブコース~河口湖ICから朝霧高原へ

○河口湖ショッピングセンターBELL

元々は「ヤオハン」で1987年の開業。最新の施設には及びませんが、改装を重ねてバリアフリーになっています。

1Fは食品スーパー、ドラッグ、フードコートなど。2Fは衣料雑貨他。3Fには100均などが入っています。全32店舗。延べ床面積は約6000坪で、エリア最大級の商業施設です。

富士五湖ドライブコース~河口湖ICから朝霧高原へ

障害者用トイレは、1Fと2Fにそれぞれ一つ。3Fにはありません。

駐車場は2か所。東側駐車場は1Fで障害者駐車スペースあり。店舗までの通路は屋根無しです。西側駐車場は構造的には半地下方式でB1。車椅子だと、店舗へはエレベーターで上がります。

富士五湖ドライブコース~河口湖ICから朝霧高原へ

 

○ほうとう不動東恋路店

際立つ個性的な外観が人気のバリアフリーほうとう専門店です。

富士五湖ドライブコース~河口湖ICから朝霧高原へ

国道から曲がった先の入り口近くに、障害者用駐車スペースが1台分あります。店舗の入口は引き戸で、入口は段差がありますが、車椅子で店舗に向かうと、店舗スタッフが段差の無い戸を開けてくれます。

テーブルや椅子はデザイナー家具。店内は全席テーブル席で、店舗内の通路は広々しています。障害者用トイレもあります。

富士五湖ドライブコース~河口湖ICから朝霧高原へ

 

○フォレストモール富士河口湖

2011年の開業。モール内から富士山を仰ぎ見ることができます。

総敷地面積2万坪超。テナントは大小26店舗。食品スーパーは「マックスバリュ」。ホームセンターは「くろがねや」。ドラッグは「サンドラッグ」などです。

富士五湖ドライブコース~河口湖ICから朝霧高原へ

利用したいお店の近くに車を停める方式で、各店舗の近くにそれぞれ障害者用駐車スペースが設置されているのが特徴。トイレも原則各店舗内にあります。敷地内はオールフラット構造。車椅子での利用に問題はありません。

富士五湖ドライブコース~河口湖ICから朝霧高原へ

 

○道の駅なるさわ・なるさわ富士山博物館

「道の駅なるさわ」は1995年開業。産直ショップとテイクアウト、休憩コーナー、観光案内所、そしてトイレ棟という構成です。これらの施設は段差の上。施設前の通路幅は狭く、車椅子一台分の幅です。

段差が多い施設ですがスロープ設置は進み、トイレも小規模改良されています。

富士五湖ドライブコース~河口湖ICから朝霧高原へ

「道の駅なるさわ」の敷地内に「なるさわ富士山博物館」があります。2008年に土産屋になった博物館で、現在は入館無料です。お土産屋の名称は「鉱石ミュージアム」、つまり宝石屋さんです。

巨大な恐竜ロボ、フジシアター、大型富士山模型などがあり、スロープやエレベーターを利用して車椅子で見学が出来ます。

富士五湖ドライブコース~河口湖ICから朝霧高原へ

 

○森の駅風穴

「鳴沢氷穴」にある売店と食事処がある施設です。2012年に大規模リニューアルして、バリアフリー施設になりました。氷穴、それ自体は車椅子での見学は出来ません。

富士五湖ドライブコース~河口湖ICから朝霧高原へ

 

○道の駅朝霧高原・あさぎりフードパーク

「道の駅朝霧高原」は2000年に開業。富士山の間には、遮るものは何もありません。抜群の富士山ビューポイントにある道の駅です。

独立したトイレ棟と、コの字型のメイン棟があります。産直コーナーの通路幅は余裕がありませんが、テイクアウトコーナーの周囲は余裕があり、食事処はバリアフリーです。

富士五湖ドライブコース~河口湖ICから朝霧高原へ

隣接する「あさぎりフードパーク」は2012年に開業。工場を併設した独立棟の6店舗「朝霧乳業」「茶工房富士園」「上野製菓」「いも工房かくたに」「富士正酒造」「ビュッフェレストランふじさん+売店」が約5万㎡の敷地内に並びます。

共同駐車場の他に各店舗横に駐車場を設置。敷地内は緩やかな斜面の舗装路。各店舗はバリアフリーで、障害者用トイレ、または兼用の大型トイレを設置。車椅子で快適に散策し、お買い物が楽しめます。また、各工場では製造体験イベントなども開催されます。

広い「あさぎりフードパーク」ですが、季節の良い好天の日なら、車椅子で一周ぶらぶらするのに問題はありません。

富士五湖ドライブコース~河口湖ICから朝霧高原へ

 

○富士花鳥園

有料の観光施設です。ベコニアガーデンがあり、フクロウ、タカなどの鳥類がいます。入園料は、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が約2割引になります。駐車場は無料です。

施設は大きく屋内と屋外の庭園スペースに分かれます。屋外は若干のアップダウンがありますが、車椅子で鑑賞可能。屋内はバリアフリーです。

フクロウを飛ばすショーが開催されます。また、花の下で食事ができるコーナーがあり、富士宮やきそばが人気です。園内に富士山の伏流水の汲み放題コーナーもあります。

富士五湖ドライブコース~河口湖ICから朝霧高原へ

 

 

次は、河口湖IC方面へ戻る「車椅子で行く富士五湖ドライブコース~本栖湖から湖北ビューラインへ」です。

河口湖から山中湖方面へ進むルートは「車椅子で行く富士五湖ドライブコース~富士吉田から忍野八海、山中湖へ」をご覧ください。