ダイヤモンド富士を仰ぐ 山中湖花の都公園 バリアフリー情報

山梨県山中湖村の「花の都公園」は、重度の障がいのある人でもダイヤモンド富士を仰ぐことができる施設です。冬の利用方法を中心に、現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2018年12月の取材に基づいています。

山中湖花の都公園

○公園の全体概要

山中湖に近い標高1.000mの地にある30万㎡の公園です。無料の花畑エリアと有料のエリアがあります。有料エリアには屋外施設と屋内施設があります。

有料エリアは季節により料金が変動します。夏が最も高い入園料で、春と秋は少し安くなります。そして冬は有料エリアも無料開放されます。

入園料は障害者減免制度があります。障害者手帳の提示で、本人の入園料が4割引に減免されます。

障害者駐車区画のある、有料駐車場が用意されています。駐車料金の障害者減免制度はありません。

公園の全体概要

○無料の花畑エリアのバリアフリー状況

有料エリアを挟むように、無料の花畑エリアは大きく2つのブロックに分かれます。

春から秋まで、季節のお花が栽培され、自由に鑑賞できます。散策路は未舗装路もあります。車椅子では舗装区間から無理のない範囲で花畑を楽しみます。

障害者用トイレは、売店の近くと食事処の近くにある2つの公衆トイレに用意されています。

無料の花畑エリアのバリアフリー状況

○有料エリアのバリアフリー状況

駐車場からフラットな「花の都大橋」を渡り、有料エリアに向かいます。

屋外エリアは「清流の里」。水車や滝などがシンボルの施設です。車椅子で散策路を移動することは出来ます。

有料エリアのバリアフリー状況

屋内施設は「フローラルドーム ふらら」。植物園、科学館、喫茶コーナーなどがある施設で、エレベータがあり、館内全域を車椅子で利用出来るバリアフリー施設です。

障害者用トイレは、「清流の里」のトイレと、「フローラルドーム ふらら」内のトイレに用意されています。

有料エリアのバリアフリー状況

○ダイヤモンド富士の鑑賞方法

「花の都公園」からダイヤモンド富士がみえるのは、12月から1月にかけての夕方です。晴天の確立が高い季節なので、出現率は50%をはるかに超える年が多いようです。その日のダイヤモンド富士出現予想時刻は、公園のHPなどで前年の実績を参照し、検討をつけます。

ダイヤモンド富士の鑑賞方法

「花の都公園」は、上手に利用すれば、避寒出来るバリアフリー環境が揃っています。

車でアクセスした場合、有料駐車場の障害者用駐車区画に停めます。そこから「花の都大橋」を渡り、屋内施設「フローラルドーム ふらら」に向かいます。この間は100mほど屋外を通行します。寒いので防寒対策に注意してください。

ダイヤモンド富士の鑑賞方法

この季節は「フローラルドーム ふらら」は入館無料です。1Fの喫茶は営業しています。

「フローラルドーム ふらら」の壁面は大きなガラス面です。温かい屋内1Fのフリーテーブルがあるスペースからでも、ガラス越しにダイヤモンド富士をみることができます。

ダイヤモンド富士の鑑賞方法

屋外ではバリアフリーな「花の都大橋」が鑑賞ポイントの一つになります。ダイヤモンド富士の出現時間は5分程度です。その間寒気に耐えられる人は「花の都大橋」からの鑑賞がお薦めです。温かい屋内でスタンバイをして、ダイヤモンド富士の出現の直前に外に出て下さい。

その日の鑑賞ベストポイントは、他の来場者の立ち位置で見当がつきます。大きなカメラを構えている人の近くにいれば、間違いありません。

ダイヤモンド富士の鑑賞方法

山中湖花の都公園は、屋内施設「フローラルドーム ふらら」を中心にバリアフリーな施設です。そして重度の障がいのある人でも、ダイヤモンド富士を仰ぐことができる可能性がある施設です。

富士吉田 ふじさんミュージアム バリアフリー情報

山梨県富士吉田市の「ふじさんミュージアム」は、車椅子で利用できますが、駐車場の選択が重要なポイントです。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2017年12月の取材に基づいています。

 

・高品質な民俗資料館

世界遺産登録を機に大改修を行い、2015年に「ふじさんミュージアム」としてオープンしました。

元々は昭和54年に開館した「富士吉田市郷土館」。後には「民俗歴史博物館」。施設の増築改修を重ねた施設です。

蒐集資料の質の高さ、量の多さには定評があります。特に富士山信仰に関する展示は高品質。文化的価値の高い民俗資料館です。

ふじさんミュージアム

・館内までが車椅子の関門あり

元々が昭和の施設。館内に車椅子でたどり着くまでは大変です。HPにも詳しい案内がないので詳述します。

アクセスは車。駐車場は国道に面した第2Pと、側道から入る第1Pがあります。車椅子利用者は必ず第1Pに入ってください。第1Pからのルートも、建物正面入口へは段差あります。

車椅子での出入りは“裏口”からになります。第1Pの奥に、狭い通路があります。その先に“裏口”があり、その前に一台分だけ障害者用駐車区画があります。このスペースを利用してください。

今回取材時は、到着するとスタッフがサッと“裏口”を開けてくれました。

ふじさんミュージアム

・館内はバリアフリー

障害者手帳の提示で、本人と介助者1名の入館料が半額に減免されます。受付で減免措置を受けてください。

館内は改装されてバリアフリーです。

綺麗な障害者用トイレがあります。

展示室内の通路幅は広く、展示物周辺のスペースは余裕があります。

車椅子目線で見やすい展示方式。車椅子で快適に鑑賞できる資料館です。

蓄積された豊富な資料とハイテクを駆使した展示で、富士山と富士吉田の人々の繋がりがしっかりと理解できます。

ふじさんミュージアム

・屋上は「ふじさんラウンジ」

展示以外にもお薦めポイントがあります。

エレベーターで上がる屋上部が、屋内テラスと屋外空間で構成される「ふじさんラウンジ」。眼前には富士。反対方面は富士吉田の街並み。屋内からでも屋外からでも、眺望を楽しめます。

このコーナーは飲食可。休憩スペースとして車椅子でご利用ください。

ふじさんミュージアム

車椅子利用者はアクセスルートに気を付けてください。「ふじさんミュージアム」館内は、車椅子で利用できるバリアフリー施設です。

森の中の水族館。山梨県立富士湧水の里水族館 バリアフリー情報 

山梨県忍野村の「富士湧水の里水族館」は、車椅子で淡水魚を鑑賞できる森の中の水族館です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2017年12月、エントランス周辺の改修工事中の取材に基づいています。

 

水槽の水は富士の湧水

「さかな公園」の中にある有料施設。別称は「森の中の水族館」。淡水魚専門の小さな水族館です。

「富士湧水の里水族館」の水槽に使用されている水は、富士の湧水で透明度の高さが自慢です。

山梨県立富士湧水の里水族館

取材時は、キングサーモンとニジマスを掛け合わせた山梨県の新しいブランド魚「富士の介」の展示が行われていました。丸々と太った、とても立派な新種です。

 

2か所の障害者用駐車スペース

「さかな公園」エリアの道を挟んだ反対側が駐車場で、障害者用駐車区画があります。

また施設側のエントランス脇にも障害者専用駐車スペースがあります。どちらも屋根はありません。

少しでも移動距離を短くしたい方は、エントランス脇の駐車スペースを狙ってください。駐車料金は無料です。

入館料は障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。

エントランスから館内のバリアフリーレベルは、ギリギリなんとかなるレベルです。全般的に狭く、特に受付から水槽ゾーンに下りるスロープは傾斜が強い。

エントランス近くにある障害者用トイレは、やや狭い旧型タイプです。

山梨県立富士湧水の里水族館

魚はアップで鑑賞可

スペースは狭いのですが、水槽の鑑賞はアップで楽しめます。

1Fの鑑賞エリアは中央部に回遊水槽、周辺部にも複数の水槽を配置。いずれも車椅子から淡水魚たちを鑑賞できます。魚との距離が近い水族館です。

希少魚の「イトウ」など、淡水魚を鑑賞できます。

 

エレベーターで2F

健常者は回遊水槽の脇の階段を利用して2Fへ上がります。この階段が鑑賞ポイントの一つですが、車椅子利用者はエレベーターを利用してください。

山梨県立富士湧水の里水族館

2Fは回遊水槽の上。水槽の上部を横断する通路は車椅子でも通行可能です。真上から回遊水槽を鑑賞できます。

2Fには各種の企画展示とシアターホールがあります。シアターホールは車椅子での利用は可。最前列で映像を楽しめます。

山梨県立富士湧水の里水族館

「富士湧水の里水族館」の館内は、スペースの余裕があまりありません。したがって混雑すると車椅子は苦戦します。車椅子では、なるべく空き日を狙って利用してください。