山梨県 道の駅南きよさと 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

山梨県北杜市にある道の駅です。中央高速道路須玉ICから清里高原へ向かう途中にあります。供用は2000年から、その後2002年に道の駅に登録されています。傾斜地にあり、施設はやや古い構造です。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

○駐車場から直売所へのルート

高低差のある敷地に建つ施設なので、駐車場が高地部と低地部にそれぞれ用意されます。産直ショップやレストランを利用するなら、高地部の駐車場が便利です。障害者用駐車区画は、最も施設よりに屋根なしで2台分設置されています。

道の駅南きよさと 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

高地駐車場から坂下のトイレ棟を見下した写真です。

道の駅南きよさと 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

そこから下り坂を進み直売所に向かいます。坂の路面は経年劣化が進んでいますが、傾斜角度はそれほど強くはありません。

道の駅南きよさと 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○障害者用トイレの状況

独立棟トイレが直売所の横と裏側に2棟あり、それぞれに障害者用トイレが1つ用意されています。両トイレとも老朽化したシンプルな設備のトイレで、実用には耐えますが、付加機能はありません。

道の駅南きよさと 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○直売所のバリアフリー状況

小規模で細長い構造のお店です。店内の床面には段差はありません。通路幅に余裕がなく、人がいると車椅子では通行できません。空いていれば車椅子で買い物ができますが、少し混むと店内移動に苦戦します。

道の駅南きよさと 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

直売所の周辺はフラットな構造で、フリーベンチなどが配置されています。アイスなどを販売するスタンドもあります。

道の駅南きよさと 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○レストランへは橋を渡る

レストラン「ほたる」へは、橋を渡り移動します。この橋は車椅子で移動可能です。

道の駅南きよさと 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

橋からは池などがある低地部を見渡すことができます。

道の駅南きよさと 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○裏山は「花の森公園」

レストランの先にケーブルカーがあり裏山の頂上まで上がりますが、ケーブルカー乗り場の手前に階段があるので、車椅子では利用出来ません。

道の駅南きよさと 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

頂上付近は公園になっているそうです。

道の駅南きよさと 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

「道の駅南きよさと」は、施設内の移動に坂道を通行します。全般的に老朽化していますが、車椅子で利用出来ます。

(本稿は2020年8月に執筆しました)

清里フォトアートミュージアム 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

山梨県北杜市清里にあるバリアフリー美術館です。アクセスは車が便利。山中奥深くまで、一部区間は細い道を進む行程です。車椅子から見た現地のバリアフリー状況を紹介します。

○モダンなデザイン建築

1995年に開館した美術館です。宿泊施設とレストランが入る設計ですが、現在は使用されていません。美術館とショップ、そしてロビーや中庭があります。

エントランス横に来館者用無料駐車場があります。舗装路面ですが、デザイン上の問題で、ところどころにスリットがあり、車椅子の車輪が挟まる可能性があります。移動しやすい場所選んで駐車してください。障害者用駐車区画の設定はありません。

清里フォトアートミュージアム 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

建物全体がデザイン建築です。館内に入る前に、無理のない範囲で、建物の外観を見学することをお薦めします。

清里フォトアートミュージアム 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

○ロビーから中庭を楽しむ

施設全般老朽化現象はありますが、エントランスから館内にかけてフラットな構造で車椅子での利用に大きな問題はありません。

エントランスの造形は独特のデザイン言語。

清里フォトアートミュージアム 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

館内に入ると、すぐ左側に古い巨大なカメラ機が展示されています。

清里フォトアートミュージアム 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

正面には広いロビーがありフリーテーブルが配置されています。

清里フォトアートミュージアム 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

その奥に清里の自然を感じる中庭が広がります。手動ドアを開け、小さな段差を越えれば、車椅子で庭に出ることが出来ます。

清里フォトアートミュージアム 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

障害者用トイレはロビーの右側奥にあります。広さは一般的なサイズで、ウォシュレット付き、ユニバーサルベッドはありません。

清里フォトアートミュージアム 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

○展示室のバリアフリー状況

「清里フォトアートミュージアム」の観覧料は障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。ロビー左手の受付で手帳を提示して入館手続きを行います。

展示は展示室とロビー空間を連続して利用しています。ワンフロアで全く段差のない構造なので、車椅子で問題なく鑑賞できます。

今回取材時は「密」が気になるような混雑状況ではありませんでした。

展示室の出口が、小さなミュージアムショップになっています。

清里フォトアートミュージアム 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

冬季は休館になります。「清里フォトアートミュージアム」は、車椅子で観覧できるバリアフリー美術館です。

(本稿は2020年8月に執筆しました)

清里 萌木の村 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

山梨県北杜市清里の「萌木の村」は、傾斜地の中に、数多くのショップやグルメ、レストラン、ミュージアムなどが点在する、清里を代表するお洒落な観光施設です。ただし、車椅子からみると全般的にバリアフリーではありません。

萌木の村の中で、車椅子で無理なく利用できる範囲を紹介します。

清里 萌木の村 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○アクセス方法と駐車場の選択

清里駅からは近く徒歩圏内です。ただしエリア全体が傾斜地です。車椅子で坂道を移動します。

駐車場が北と南にあります。中央部の臨時駐車場は、通路がなく移動には不便です。隣接する「ともにこの森」にも駐車場があります。

清里 萌木の村 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

村内の通路は一部を除き舗装されていますが、とにかく傾斜路です。車椅子利用者は、車でアクセスして、利用したいお店の近くの駐車場を利用することをお薦めします。各駐車場には、今どきの仕様ではありませんが、障害者用駐車区画の設定があります。

清里 萌木の村 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○店舗のバリアフリー概況

数多くのお店や施設がありますが、多くのお店はエントランスなどに段差があり、車椅子で利用できるお店はごく一部です。

「オルゴール博物館」も段差があり「スタッフがサポートします」と案内されています。

その中でレストラン「ROCK」は、新しく建て直されたバリアフリー仕様店舗です。障害者用トイレは、ROCK店内にあります。

清里 萌木の村 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

レストラン「ROCK」を利用する場合は、「北駐車場」に入り、そのまま右手の坂道を上がり「ホテルハット・ウォールデン」宿泊者専用駐車区画の並びの区画に停められれば、傾斜路を通行せずにレストランに移動できます。

隣接する「ともにこの森」の「ミルクプラント」などの店舗は、傾斜路はありますが決定的な段差はなく、車椅子で利用可能です。

清里 萌木の村 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○南北エリアの移動は傾斜が強い

北駐車場または南駐車場に停めて、萌木の村全域を散策したくなりますが、北側が高地、南側が低地で、高低差があり、村内の素敵な散策路は強い傾斜があります。

清里 萌木の村 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

坂道に自信のある人以外は、車椅子利用者は南北それぞれに車を移動して、無理のない範囲で村内散策を楽しむことをお薦めします。

清里 萌木の村 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

夏恒例の「清里フィールドバレイ」の会場は、この南北間にある広場が会場です。どちらかといえば、南からのアクセスのほうが傾斜角度は楽です。

清里 萌木の村 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

「萌木の村」は清里の魅力にあふれる素敵な観光地です。ただし通路の傾斜が強く、店舗の多くは段差があります。車椅子では無理のない範囲での観光に限定されます。

(本稿は2020年8月に執筆しました)