車椅子で行く横浜 山下公園・マリンタワー バリアフリー情報

山下公園・マリンタワー バリアフリー情報

「山下公園」と隣接する「マリンタワー」。港横浜を代表する施設のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

「山下公園」

○公園全域がバリアフリー

関東大震災で発生したガレキを埋めて誕生した山下公園。公園全体の面積は74,121㎡。 海沿いに細長く広がる公園です。

車椅子で行く横浜 山下公園・マリンタワー バリアフリー情報

東側から「世界の広場」「石のステージ」「おまつり広場」「未来のバラ園」「中央広場」「芝生広場」「レストハウス」があり、ほぼ全域が車椅子で移動可能です。

3カ所の公衆トイレにはすべて障害者用トイレが併設されています。

山下公園・マリンタワー バリアフリー情報

○氷川丸は段差構造

海沿いは快適なバリアフリー歩道。2か所あるバルコニーは車椅子で利用できます。ただし「氷川丸」は段差構造で、車椅子での内部見学は出来ません。

山下公園・マリンタワー バリアフリー情報

○「未来のバラ園」に進化

氷川丸の前にある沈床式のバラ園は、2016年に新たなバラとバラ以外の草木を大量に新規投入し、アーチやオベリスクを使い立体的に演出。「未来のバラ園」に進化しました。一部スロープを通れば車椅子で鑑賞できる、入園無料のバラ園です。

山下公園・マリンタワー バリアフリー情報

○山下公園はお花畑

バラ園だけではなく、どの季節でもお花が綺麗な山下公園。中央広場花壇、赤い靴花壇、そして桜並木など、園内各所で車椅子からお花が楽しめます。

車椅子で行く横浜 山下公園・マリンタワー バリアフリー情報

車椅子で行く横浜 山下公園・マリンタワー バリアフリー情報○山下公園駐車場のバリアフリー状況

公園の東側にある「横浜市緑の協会」が管理する「山下公園駐車場」は、障害者手帳の提示で駐車料金が無料になります。

山下公園駐車場障害者用駐車区画から出口に向かう途中、出口精算機の手前にある管理事務所に駐車券と障害者手帳を提示すると、無料減免処理された駐車券と引き換えられます。

山下公園・マリンタワー バリアフリー情報

○1985年開業の公営駐車場

1985年に開催された「横浜博覧会」に合せて、この駐車場と駐車場上部の公園が整備されました。山下公園・マリンタワー バリアフリー情報

公園部には大階段や広場が整備され、人形の家と駐車場はスカイブリッジでつながっています。公園部からスカイブリッジを通り、人形の家の2Fへ車椅子で行くことが出来ます。そこにエレベーターがあり、1Fへ下りることができます。

山下公園・マリンタワー バリアフリー情報

 

「横浜マリンタワー」

○2009年にリニューアルオープン

マリンタワーは2009年にリニューアルオープン。大改装でバリアフリーに生まれ変わっています。

1Fから4Fの一般商業フロア、タワー上部の展望フロアとも、車椅子での利用に大きな問題はありません。障害者用トイレの用意もあります。現時点では、山下公園から中華街にかけてのエリアの中で、最もバリアフリーな施設といっても過言ではありません。

山下公園・マリンタワー バリアフリー情報

○一般商業フロアは無料ゾーン

1Fから4Fの一般商業フロアは無料ゾーンです。

1Fには山下清画伯が描いた2つの壁画の模写があります。横浜の景観の今昔で、“今”がマリンタワー開業時の1961年。“昔”がその100年前の横浜開港時の風景です。

2Fは「イメージオブヨコハマ」。横浜の歴史を映像、写真、絵画などでグラフィックに展示。ベイスターズやマリノスなどの地元スポーツチーム関係の展示もあり、横浜の今昔に触れることが出来ます。そしてオリジナルグッズなどのお土産屋「マリンタワーショップ」があります。

3Fはイベントホール。4Fはレストランです。1Fにはカフェやバーも入店しています。

山下公園・マリンタワー バリアフリー情報

○展望フロアは障害者割引あり

タワー上部の展望フロアは有料ゾーンで、障害者割引があり、本人と介助者1名が正規料金の半額以下の350円に減免されます。1Fのカウンターでチケットを購入し、2Fから専用エレベーターで展望室に昇ります。

1Fにマリンタワーが「灯台」であった頃に使用された「発光レンズ」などの現物が展示されています。マリンタワーが「灯台」であったとは大昔のことのようですが、実は2008年までは「灯台」でした。世界一高い灯台としてギネス認定も受けています。

山下公園・マリンタワー バリアフリー情報

 

山下公園とマリンタワーは、車椅子で利用できます。氷川丸の内覧と、山下公園駐車場の公園部及び連絡ブリッジは、段差があります。