車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~埼玉県東部・中央地区編~

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~埼玉県東部・中央地区編~

「道の駅」は車椅子で利用出来る施設です。しかし現地のバリアフリー状況はそれぞれ。車椅子目線での情報と施設の特徴を紹介します。

本稿は埼玉県の東部・中央地区(行田市、加須市、羽生市、久喜市、蓮田市、幸手市、宮代町、白岡市、杉戸町、鴻巣市、上尾市、桶川市、北本市、伊奈町、さいたま市、春日部市、草加市、越谷市、八潮市、三郷市、吉川市、松伏町、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、富士見市、ふじみ野市、三芳町)にある「道の駅」情報です。開業年が新しい順に紹介します。

 

 

「道の駅はにゅう」(羽生市)

2007年開業。群馬県との県境にある、利根川の雄大な風景が美しい道の駅です。

独立トイレ棟と商業施設棟で構成されます。

道の駅はにゅう

トイレ棟に障害者用トイレを2つ用意。障害者用駐車区画はトイレ棟の前に2台分あります。

道の駅はにゅう

道の駅はにゅう

道の駅はにゅう

商業施設棟には産直ショップと食事処が入ります。

産直ショップは、農産物以外ではお煎餅やカステラなどのお菓子類が充実。マグロの刺身などの魚介類も扱っています。埼玉北部の利根川域はお米の生産が盛ん。特産の大利根米を販売しています。

道の駅はにゅう

羽生市が創作した最近の名物は「いが饅頭」。酒饅頭にお赤飯をかぶせたようなお饅頭で、この道の駅でも販売されています。

道の駅はにゅう

産直ショップの店内はやや狭い設計で、通路幅も十分ではありません。空いていれば大丈夫ですが、混雑すると車椅子での買い物はやや苦戦します。

道の駅はにゅう

店内の奥にある食事処は、ラーメン類中心の小さなお店です。食券方式のセルフサービスで、テーブル席が4卓くらいとカウンター席が4~5席。空いていれば車椅子でも利用出来ます。

道の駅はにゅう

 

「道の駅庄和」(春日部市)

2005年の開業当時は庄和町でしたが、開業後約半年で春日部市と合併しました。

施設は産直ショップなどが入る本館、フードコートの別館、交通情報・観光情報が流れる情報館、独立トイレ棟で構成されます。

道の駅庄和

障害者用駐車スペースは2台分。駐車スペースの上には屋根が無く、駐車スペース2台分の間に屋根があります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~埼玉県東部・中央地区編~

トイレ棟は2014年に改装されました。障害者用トイレはトイレ棟内と、本館の中にあります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~埼玉県東部・中央地区編~

本館内の障害者用トイレは、トイレの横の事務所に声をかけて利用してください、という案内が表示されています。土足厳禁のスリッパに履き替えるトイレで、車椅子の車輪を備え付けの雑巾で拭いて利用します。トイレには「クレヨンしんちゃん」のスリッパが用意されています。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~埼玉県東部・中央地区編~

本館内のショップは、車椅子での移動がギリギリの通路幅です。春日部特産品、春日部地場産品も多々ありますが、そこだけにこだわらず全国の商品、産品が並びます。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~埼玉県東部・中央地区編~

フードコートの別館はプレハブ感覚の造り。やや急なスロープを上って入館します。中に入れば、車椅子でも移動ができる通路の余裕はあります。飲食では、他に屋外屋台4店舗が出店しています。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~埼玉県東部・中央地区編~

情報館はバリアフリーな構造で、出入口は自動ドア、内部は段差の無いフラット構造です。

道の駅庄和

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~埼玉県東部・中央地区編~

 

「道の駅きたかわべ」(加須市)

2004年開業。埼玉県と栃木県との県境、渡良遊水地に隣接した道の駅です。

「スポーツ遊学館」と産直ショップ、食事処、独立トイレ棟、そして独立した休憩棟で構成されます。

障害者用駐車区画は3台分。障害者用トイレは独立トイレ棟と「スポーツ遊学館」に各一つあります。

「スポーツ遊学館」は渡良瀬遊水地で遊ぶためのカヌーや自転車の貸し出しをします。上階には遊水地を望む展望台があり、車椅子でもエレベーターで昇れます。

産直ショップの内部の通路幅はやや狭い設計で、混雑時は車椅子ではあまり快適な利用はできません。産直ショップの一押し商品は、北川辺コシヒカリのお米。お米だけの特別コーナーまであります。

外の広場にも出店があります。こちらは広々しているので、車椅子で問題なく利用できます。

食堂は食券を買うスタイル。狭いお店で食券を買った人が空席を狙っています。車椅子でゆったりと食事をする雰囲気ではありませんが、値段の割に美味しいお店です。食堂営業は14時までです。

休憩棟は平屋のガラス張りで外から丸見えの構造。出入口は手動ドアで、テーブルとベンチが配置されています。

 

 

 

「道の駅アグリパークゆめすぎと」(杉戸町)

道の駅登録は2002年ですが、供用は2001年。そもそもは農業体験施設として企画され、開園して1年後に道の駅になりました。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~埼玉県東部・中央地区編~

 

敷地総面積は102,000㎡。施設は、駐車場、公園、ショップ&レストラン、農園と、大きく4つに区分されます。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~埼玉県東部・中央地区編~

 

駐車場は広い。障害者用駐車区画は本館棟前に7台分用意。北側の離れた一角にも「北駐車場」という第二駐車場が用意されています。この「北駐車場」は未舗装ですがそれほどひどいデコボコではないので、車椅子でもなんとか利用できます。公園スペース側にも小規模ながら「南駐車場」用意されています。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~埼玉県東部・中央地区編~

駐車場前の独立トイレ棟が2019年2月にリニューアルオープンしました。障害者用トイレが一つあります。他に食事処がある棟のインドアトイレに、障害者用トイレが一つあります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~埼玉県東部・中央地区編~

 

公園スペースには、原っぱ、池、丘、ふわふわドームなどの遊具類。バーベキュー広場から野外ステージまであります。舗装された通路が整備され、公園内を車椅子で散策ができます。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~埼玉県東部・中央地区編~

 

産直ショップは、2016年にリニューアルしました。車椅子でのお買い物は可能ですが、スペースの余裕はそれほどありません。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~埼玉県東部・中央地区編~

食事処はセルフサービス方式。店内に入るとスペースが二手に分かれ、その一つは靴を脱いで上がるスペースです。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~埼玉県東部・中央地区編~

食事処が入る棟の横に独立棟の「花屋」があります。品揃えは、切り花、鉢モノ、野菜の苗などで、お店の規模としては大型です。完全なフラット構造ではありませんが、車椅子で利用可能です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~埼玉県東部・中央地区編~

「農園」はバリアフリーではありませんが、専用の駐車場が用意されているので、車椅子でも様子を覗くことはできます。管理棟内には障害者用トイレがあります。

 

 

 

「道の駅童謡のふる里おおとね」(加須市)

1998年開業。施設の名称は、大利根地区が童謡「たなばたさま」などを作曲した音楽家の出身地であることに由来します。施設内に音楽家の全身像が建立されています。

施設はそれぞれ独立棟で、農産物直売所と食事処、そしてトイレ棟で構成されます。

障害者用駐車区画は2台分用意。場所はトイレ棟の前です。駐車場が空いていて、直売所や食事処の前でも広々駐車できる、と思って停めると、車道と歩道の段差あり、車椅子では乗り越えられません。結局トイレ側にある段差解消スロープを通ることになるので、車椅子利用者はトイレ棟付近に駐車することをお薦めします。

障害者用トイレは、独立トイレ棟と農産物直売所内にそれぞれ一つあります。

農産物直売所の通路幅はそれほど広くはなく、混雑すると車椅子での買い物はやや苦戦します。ショップの自慢の商品は「お米」。この一帯は米どころです。

食事処「わらべ」は半分がお座敷席。テーブル席を利用出来れば車椅子で利用できます。看板メニューは「うどん」。加須のうどんは有名ですが、それとはやや違う独自性がある「うどん」です。ショップでもうどん粉が売っています。

隣接地では「ホテイアオイ」が栽培され、7月から10月にはお花が咲き誇ります。また「田んぼアート」が行われています。

 

 

 

「道の駅川口・あんぎょう」(川口市)

1996年開業。川口市の緑化産業の情報発信施設で、一般的な道の駅のイメージとは違う施設です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~埼玉県東部・中央地区編~

5F構造の「川口緑化センター樹里安」という大きな棟と、隣接するイベント広場及びその周辺の独立棟産直ショップや自販機コーナー、トイレ棟などから構成されます。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~埼玉県東部・中央地区編~

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~埼玉県東部・中央地区編~

障害者用駐車区画は、第一駐車場の施設出入口付近に1台分。第二駐車場に2台分。障害者用トイレは独立トイレ棟と「川口緑化センター樹里安」3Fにあります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~埼玉県東部・中央地区編~

「川口緑化センター樹里安」は、1Fが情報コーナーと軽食や自販機のコーナー。そして花木や資材売場。車椅子での利用が可能なフラット構造です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~埼玉県東部・中央地区編~

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~埼玉県東部・中央地区編~

エレベーターは1系統2基あります。2Fにはフラットでテーブル席のレストランと、川口安行の植栽の歴史に関する展示があるコーナー。5Fには屋内休憩スペースから窓越しに鑑賞する屋上庭園があります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~埼玉県東部・中央地区編~

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~埼玉県東部・中央地区編~

 

埼玉県「道の駅」の紹介記事は、別に「埼玉県北部・西部地区編」「埼玉県秩父地区」を掲載しています。クリックすると別稿が開きますので、ぜひご覧下さい。