埼玉県 道の駅はにゅう 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

道の駅はにゅう

埼玉県羽生市にある道の駅です。開業は2007年。トイレ棟と商業施設棟で構成される施設です。利根川沿いにあり、雄大な景観が楽しめます。川を渡れば群馬県です。

道の駅はにゅう

物流の幹線道路である国道122号線に面しているので、駐車場は大型55台、普通車45台を収容。身障者用駐車スペースは、トイレ棟前に2台分用意されています。ブルーペイントされた幅広い駐車区画です。

道の駅はにゅう

バリアフリートイレは、トイレ棟内に2つ用意されています。

道の駅はにゅう

バリアフリートイレはスペースに余裕がある個室です。

道の駅はにゅう

ウォシュレット付き便器、オストメイト、折り畳み式のユニバーサルベッドが備えられています。

道の駅はにゅう

駐車場から商業施設棟にかけて、車道と歩道に段差がありますが、段差回避箇所が設けられているので、施設敷地内全域を車椅子で移動できます。

道の駅はにゅう

商業施設棟には、物産販売施設とレストランが営業しています。

道の駅はにゅう

羽生は豊かな水と肥沃な大地がある農業王国。郊外には水田が広がります。お米は「彩のかがやき」などのブランド米。物産販売施設で販売されています。他には新鮮野菜、お煎餅やカステラなどのお菓子類も充実。マグロの刺身などの魚介類も扱っています。羽生市の郷土料理である和菓子は「いがまんじゅう」。饅頭にお赤飯をかぶせたようなお饅頭で、物産販売施設で販売されています。

物産販売施設はフラットな構造ですが、店内の通路幅はあまり余裕がありません。混雑していると車椅子での買い物は少し苦戦します。

商業施設棟の奥にあるレストランは、ラーメン類が中心の小さなお店です。食券方式のセルフサービスで、テーブル席が5卓とカウンター席があります。席を選べれば車椅子で利用できます。

道の駅はにゅう

見渡す限り利根川の流れと大きな空が広がります。「道の駅はにゅう」は、遮るものがない開放的な景観が魅力の道の駅です。

(本稿は2021年11月に加筆修正しました)