車椅子で行くトレッサ横浜バリアフリー情報

トレッサ横浜バリアフリー情報

「トレッサ横浜」はトヨタが運営するSCで、施設内はバリアフリーです。施設の特徴と車椅子利用での注意点を紹介します。

 

○週末は渋滞と満車が問題

「トレッサ横浜」は、トヨタの関連施設があった土地に、2007年から2008年にかけて開業したショッピングセンター(SC)です。この年代の設計なので、バリアフリー面での基本的な問題はありません。

車ファーストのSCなので、週末は周辺道路が渋滞して時間がかかります。そして駐車場が満車になります。

トレッサ横浜バリアフリー情報

○雨天の臨時駐車場は注意

駐車場は無料で2,700台を収容します。施設に直結した立体駐車場で、ほぼ各階に障害者用駐車区画を用意。一部にはリモコンバー方式の区画もあります。屋上階以外は雨天でも濡れません。

週末は満車になると、隣接地にある450台収容の臨時駐車場が開きます。こちらは屋根無し駐車場です。

 

○「北館」と「南館」に分かれる

「トレッサ横浜」は環状2号線を挟んで「北館」と「南館」に分かれます。北館と南館は、2F間が屋根のある「リヨンブリッジ」で連結しています。したがって車椅子での移動は可能ですが、利用目的先が決まっている場合は、北館と南館どちらの駐車場に停めるかを、計画的に考えるとより便利に車椅子で利用できます。

トレッサ横浜バリアフリー情報

○石畳風の路面あり

車椅子利用上の、館内での唯一の注意点は「リヨン広場」からつながる北館2Fの中央通路です。リヨン旧市街の街並みが再現された、ゴツゴツした石畳風の路面になっています。

車椅子とベビーカーのために、一部がフラット路面になっているので、ルートを選んで車椅子で通行してください。

トレッサ横浜バリアフリー情報

○北館はリヨン

以下SCの商業的な特徴を紹介します。

横浜の姉妹都市はリヨン。という縁で北館には「リヨン広場」があり、リヨンの旧市街が再現されました。お台場の「ヴィーナスフォート」のようなイメージです。「ライオンの像」や「だまし絵」もあります。

トレッサ横浜バリアフリー情報トレッサ横浜バリアフリー情報

○北館には「オートモール」も

北館にはトヨタ系ディーラー6店舗が並ぶ「オートモール」があります。

1Fは整備工場街で6ディーラーの工場が並びます。

2Fは6ディーラーのショールームで、トヨタ車およびダイハツ車が展示されます。

似たコンセプトのショールームは、関東地方では「イオンレイクタウンmori」の1Fに「トヨタモール」があります。

トレッサ横浜バリアフリー情報

○南館は半円形

南館は施設が半円形で、メイン通路はカーブしています。1Fには「イベント広場」や「センターガーデン」があり、トヨタ系ディーラーなどがイベントを開催します。

他にショップ、グルメ、フード、サービスなどが入ります。南館は商業的には一般的なSCです。

トレッサ横浜バリアフリー情報

 

「トレッサ横浜」は、新しいSCなので車椅子利用上の大きな問題はありません。週末は渋滞と満車に注意しください。