埼玉県環境科学国際センター 車椅子見学ガイド バリアフリー情報

埼玉県加須市にある環境問題を考える施設で、屋外施設「種足ふれあいの森」と「生態園」、屋内有料施設「展示館彩かんかん」があります。

埼玉県環境科学国際センター

アクセスは車が便利で、来館者用無料駐車場があります。身障者用駐車スペースは2か所に分かれて設けられています。

埼玉県環境科学国際センター

駐車場から屋外施設にかけては、フラットな舗装路面です。

埼玉県環境科学国際センター

「種足ふれあいの森」は里山を再現した施設で、散策路はほとんどが未舗装路面ですが、硬くて凸凹が少ない路面なので、どこか懐かしい風景の中、車椅子で一周散策できます。

埼玉県環境科学国際センター

生態園は埼玉県東部の平野の自然を再現した施設です。

埼玉県環境科学国際センター

園内は階段路や未舗装段差路があるので、車椅子での移動可能範囲は限られます。上の池から下の池にかけての散策はできます。

埼玉県環境科学国際センター

屋内施設「展示館彩かんかん」のエントランスは階段ですが、段差回避スロープが設置されています。

埼玉県環境科学国際センター

「展示館彩かんかん」の観覧料は障がい者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。

展示館内はバリアフリーです。「楽しみながら環境問題を理解し、環境にやさしい行動につながるきっかけとなることを目的」にしている施設です。展示内容は小学校中学年向けです。

埼玉県環境科学国際センター

館内には2か所のエレベーターがあり2Fの環境情報プラザも車椅子で利用できます。バリアフリートイレは1Fに2か所設置されています。一般的なサイズの個室で、シンプルな設備のトイレでした。

埼玉県環境科学国際センター

埼玉県環境科学国際センターは「環境学習」「国際貢献」「試験研究」「情報発信」の4つの機能をもつセンターです。

プラネタリウム、天体観測室、科学実験室などがある「加須未来館」を別稿で掲載しています。ぜひご覧ください。

(本稿は2022年11月に執筆しました)

茨城県霞ケ浦環境科学センター 車椅子見学ガイド バリアフリー情報

茨城県土浦市にある水環境保全対策の推進拠点で、霞ヶ浦の水質問題を学ぶ展示室があります。開館は2005年、車椅子で利用できるバリアフリー施設です。

徒歩圏に駅はありません。アクセスは車が便利です。センターのエントランス前が駐車場で身障者用駐車スペースが2台分設けられています。前後左右スペースに余裕がある駐車区画です。

茨城県霞ケ浦環境科学センター

駐車場からエントランスにかけて、施設内はフラットでスペースに余裕があります。

茨城県霞ケ浦環境科学センター

展示室の利用時間は10時から16時30分、入室は16時までです。

茨城県霞ケ浦環境科学センター

センターの出入口はフラットな構造で、2枚の自動ドアを通り入館します。

茨城県霞ケ浦環境科学センター

広くてフラットなエントランスホールで、検温と手指消毒、簡単な記帳をして入館します。

茨城県霞ケ浦環境科学センター

エントランスホールに水槽などの展示物があります。

茨城県霞ケ浦環境科学センター

湖沼環境や大気・化学物質の調査研究を行う施設です。センター棟1Fの半分以上は研究室や実験室です。展示施設はエントランスホールの右側にあります。

茨城県霞ケ浦環境科学センター

展示室は観覧無料です。全く段差のないフラットな施設で、車椅子で問題なく見学できます。

茨城県霞ケ浦環境科学センター

映像資料によるガイダンス展示から、「霞ヶ浦の歴史と暮らし」へと展開します。

茨城県霞ケ浦環境科学センター

現在の霞ヶ浦の生態系を学習する「霞ヶ浦の生きもの」コーナーへと続きます。

茨城県霞ケ浦環境科学センター

展示室中央部にあるテーブル席は「みんなの学び舎」。パネル展示を見ながら自習ができるコーナーです。

茨城県霞ケ浦環境科学センター

展示は水質問題へと展開します。流域の河川に生きる魚類の生態展示があります。

茨城県霞ケ浦環境科学センター

難しいテーマをやさしく解説するデジタル絵本劇場。「清らかな水をめざして」のコーナーにある人気の展示物です。

茨城県霞ケ浦環境科学センター

最後のコーナーは「地球環境を考える」。すべての展示を丁寧に観覧すると、1時間以上はかかる内容の濃い展示室です。展示室から階段で2Fの「交流サロン」へ移動するのが通常のお薦め見学ルートです。

茨城県霞ケ浦環境科学センター

茨城県霞ケ浦環境科学センター棟は2F構造で、2Fにはオープンスペースの「交流サロン」、環境に関する論文や専門書が閲覧できる「文献資料室」、そして研究室などがあります。また屋外には霞ヶ浦を眺望する庭があり、自由に散策できます。バリアフリートイレは1Fと2Fにそれぞれ用意されています。

茨城県霞ケ浦環境科学センター

館内にエレベーターが1基あり、車椅子で2Fへ移動できます。車椅子が利用できるサイズのエレベーターです。

茨城県霞ケ浦環境科学センター

2Fは図書室のような雰囲気です。大きな窓から霞ヶ浦が観えます。

茨城県霞ケ浦環境科学センター

1Fから茨城県霞ケ浦環境科学センターの庭へ、車椅子で出ることができます。

茨城県霞ケ浦環境科学センター

ウッドデッキがありベンチが置かれています。

茨城県霞ケ浦環境科学センター

デッキから霞ヶ浦を観ることができます。

茨城県霞ケ浦環境科学センター

庭には上池が整備されています。お庭全体は多少アップダウンがありますが、無理のない範囲を車椅子で散策できます。

茨城県霞ケ浦環境科学センター

霞ヶ浦をはじめ茨城県内の湖沼と河川の水環境を保全する拠点施設「茨城県霞ケ浦環境科学センター」は、車椅子で見学及び散策ができるバリアフリー施設です。

霞ヶ浦総合公園のネイチャーセンターを別稿で紹介しています。ぜひご覧ください。

(本稿は2022年6月に執筆しました)

法政大学 HOSEIミュージアム 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

2020年に誕生した法政大学の施設。東京都千代田区九段にある「法政大学九段北校舎」の1Fにあります。他のキャンパスにある「ミュージアム・サテライト」と連動した展開を行うため、「ミュージアム・コア」と称されます。

来館者用の駐車場は身障者用も含めてありません。市ヶ谷駅と飯田橋駅から、それぞれ徒歩10分と案内されています。

エントランス前のスペースは、車道からの段差解消が不十分です。車椅子では少し横に移動して、段差の小さい箇所からエントランスに移動してください。

HOSEIミュージアム

エントランス横の休憩スペースは段差構造でスロープはありません。

HOSEIミュージアム

簡単な記帳をして、入口で検温、手指消毒をして入館。館内には来館者用のトイレはありません。おそらく大学校舎内のトイレを利用するのだと思われます。

ミュージアム・コアはスペースは広くはありませんが、デジタル展示が核になっているので、提供される情報量は膨大です。消毒済みのタッチペンが渡されるので、それを使用して情報を検索します。

HOSEIミュージアム

「大学史展示」は「若者たちによる建学」「進取の気象」「自由と進歩を追い求めて」「たゆまぬ変革の明日へ」「校歌展示」で構成されます。この他に大学が保有する資料やコレクションのデジタルアーカイブがあります。

例えば、卒業生の顔写真が次々に登場するメニューがあります。顔をタッチペンで押すと、その人のプロフィールなどが紹介されます。

「大学史展示」ゾーンの他に、「テーマ展示ゾーン」があり、「市民と地域への視点」「平和の探求」「働く人々とその社会の探求」「対話する伝統と現代」「持続可能性」「文化・芸術・スポーツの群像」の6つのテーマから、毎回一つのテーマが紹介されます。

HOSEIミュージアム・コアは、絶対的なスペースは広くはありませんが、他のキャンパスの物理的な空間とデジタル空間をつなぐ施設で、提供されている学内資源の量は膨大です。

近隣の東京理科大学神楽坂キャンパスには、「東京理科大学 近代科学資料館」があります。別稿で紹介していますので、ご参照ください。

(本稿は2021年9月に執筆しました)