東京都庭園美術館「キスリング展」車椅子鑑賞バリアフリー情報

東京都庭園美術館「キスリング展 エコール・ド・パリの夢」を車椅子でみる。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

会期は2019年4月20日から7月7日までです。

 

○展覧会の概要

旧朝香宮邸の室内をギャラリーにした展覧会です。1Fと2F、そして新館が展示会場として使用されます。アール・デコの旧朝香宮邸。その雰囲気の中でキスリングを鑑賞できる展覧会です。

テーブルなど本館の各部屋にある家具はほとんどが撤去され、鑑賞スペースが設けられます。また通常の屋内見学コースとは違う鑑賞ルートが設定され、いつもは公開されている部屋でも、立入が禁止される場所もあります。

車椅子でみる 東京都庭園美術館「キスリング展」

○東京都庭園美術館へのアクセス

東京都庭園美術館は目黒駅や白金台駅から徒歩で10分弱の距離にあります。

一般用の駐車場はありませんが、身体障害のある人の来館に限り駐車が認められます。予約をしなくても駐車できますが、事前に駐車場の利用を連絡しておくと受入がよりスムーズになります。

車椅子でみる 東京都庭園美術館「キスリング展」

○バリアフリー概況

「キスリング展」は障害者手帳の提示で本人と介助者1名の観覧料が無料に減免されます。旧朝香宮邸の入口で手帳を提示して入館手続きをします。

旧朝香宮邸のエントランス及び2Fは段差があり、車椅子では簡易スロープを設置して通行します。

旧朝香宮邸内は部屋の出入口など各所に小さな段差あり、車椅子では慎重に移動する必要があります。

新館はバリアフリー設計で車椅子での利用に大きな問題はありません。障害者用トイレがあります。

 

○駐車場からエントランスへ

駐車場を利用した場合の現地の詳しい状況です。

駐車スペースは旧朝香宮邸の先です。スタッフが誘導するので従ってください。車椅子利用者が旧朝香宮邸のエントランス付近で乗降することはできます。

旧朝香宮邸のエントランスは階段で、段差回避スロープはありません。車椅子で行くとスタッフが簡易スロープを設置してくれます。エントランス内に階段箇所は2か所あり、それぞれを簡易スロープで上ります。

車椅子でみる 東京都庭園美術館「キスリング展」

○旧朝香宮邸1Fの鑑賞

2つ目の簡易スロープを上ったところが受付です。ここで障害者手帳を提示して入館続きを行います。

1Fの展示は「序 キスリングとアール・デコの時代」。3つの部屋がギャラリーです。鑑賞コースが定められています。

1Fの鑑賞後、一般来場者は階段で2Fへ上がるコース設定です。車椅子利用者は、スタッフの誘導にしたがって新館方面に進み、いったん外に出てエレベーターを利用して2Fへ上がります。

車椅子でみる 東京都庭園美術館「キスリング展」

○旧朝香宮邸2Fの鑑賞

エレベーター棟は、旧朝香宮邸の横に増設されました。旧朝香宮邸2Fはフロア内に階段があります。

2Fでエレベーターを降りて進むと、すぐに階段があります。ここもスタッフが簡易スロープを用意してくれます。

2Fは8部屋がギャラリーとして利用されます。部屋の出入口は小さな段差がありますが、車椅子での移動は可能です。鑑賞ルートにしたがって車椅子で進みます。

2Fのテーマは「第1部」で「1910-1940キスリング、エコール・ド・パリの主役」と「セザンヌへの傾倒とキュビズムの影響」です。

階段しかない3Fにある「ウィンターガーデン」は、本展開催中は見学できません。

車椅子でみる 東京都庭園美術館「キスリング展」

○新館ギャラリーの鑑賞

旧朝香宮邸2Fの次は新館です。車椅子では同じ階段を簡易スロープで下ります。2Fから下りるときは、スタッフに声をかけて下さい。スロープを用意していただけます。

その先はエレベーターで1Fへ。エレベーター乗降場所から新館へは、車椅子で問題なく移動できます。

新館の展示は、最初は「第1部」の続きで「独自のスタイルの確立」。そして「第2部 1941-1946 アメリカ亡命時代」「第3部 1946-1953 フランスへの帰還と南仏時代」です。

新館内はバリアフリーで車椅子での利用に問題はありません。ミュージアムショップとカフェは車椅子で利用可能です。

車椅子でみる 東京都庭園美術館「キスリング展」

○12年ぶりの個展

キスリングの個展は、日本では2007年以来の開催です。本展では92点の作品が展示されます。藤田嗣治と映る写真の展示もあります。

 

旧朝香宮邸がギャラリー。東京都庭園美術館ならではの展覧会です。3カ所を簡易スロープで移動しますが、「キスリング展」は車椅子で鑑賞できます。

車椅子で行く東京都庭園美術館 バリアフリー情報

2018年3月にすべての工事が完了し「総合開館」した「東京都庭園美術館」は、どこまでバリアフリーなのか。車椅子から見た、現地現場の実際を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年の取材に基づいています。

東京都庭園美術館

○総合開館までの歴史

東京都庭園美術館は、1933年竣工の旧浅香宮邸。フランス滞在中にアール・デコに魅せられた浅香宮ご夫妻が建てた自宅です。戦後の1947年から1954年の間は首相公邸に、1955年から1974年までは国賓公賓を迎える「白金迎賓館」として使用されました。

東京都の有形文化財に指定されています。2011年から3年の大改修が行われ、2014年に新館が完成して再び公開されるようになりました。その後さらにリニューアルを順次進め、最後の工事は「西洋庭園」と「レストラン棟」の改修。2018年3月にすべての工事が完了し「総合開館」が宣言されました。

東京都庭園美術館

○あえてバリア構造を残す

歴史ある文化財なので、すべてをバリアフリー化してはいません。あえてバリア構造を残し、決定的な段差には移動式スロープをその都度設置するなど、スタッフの人力で対応しています。バリアフリー化された箇所、あえて残されたバリア構造、その全貌を紹介します。

東京都庭園美術館

○本館入口は簡易スロープ対応

本館入口は変わらずに段差構造です。車椅子で本館に向かうと、スタッフが簡易スロープを設置して待っています。段差は連続して2か所あるので、二つのスロープを車椅子でクリア。やや力技が必要な簡易スロープなので、介助者と同行することをお薦めします。

美術館出口も同じ本館の出入口です。再び2つの段差を簡易スロープでクリアします。お帰り前にスタッフに声をかけてください。すぐにスロープの準備をしていただけます。

東京都庭園美術館

○館内の小さな段差

館内フロア内の小さな段差は、以前よりも随分穏やかになりました。それでも部屋の出入口などに小さなデコボコはあります。やや大きな段差がある箇所には注意を促す案内が掲示されているので、車椅子では慎重に進んで下さい。

東京都庭園美術館

○新設エレベーターで2Fへ

本館の横にエレベーター棟が増築されました。エレベーター1Fの乗り口は、新館へ向かう歩道の横。いったん本館を出て左側です。そしてエレベーターで2Fへ上がります。

東京都庭園美術館

東京都庭園美術館

○2Fで簡易スロープを上がる

本館の2Fは同フロア内でも段差のある構造です。一段低い「姫宮居間」の高さにエレベーターの降り口があります。一段高い「北の間」などがあるメインフロアへは簡易スロープで上ります。スロープはスタッフが用意します。

エレベーターが新設されましたが、2F内でスロープ対応があります。このスロープもそれほど楽な傾斜ではなく、力技が必要です。

東京都庭園美術館

○ウインターガーデンは階段のみ

車椅子では無理な箇所が一か所だけ残りました。本館の3F相当部にある「ウインターガーデン」。ここへのアクセスルートは2Fから「第二階段」で行くしかありません。車椅子での見学は諦めて下さい。

東京都庭園美術館

○新館はバリアフリー

新館はバリアフリー。車椅子での利用に大きな問題はありません。ギャラリーやカフェも車椅子で利用できます。新館には綺麗な障害者用トイレがあります。障害者用トイレは本館1Fにも設置されています。

東京都庭園美術館

○日本庭園はバリアルートが現存

庭園のバリアフリー状況です。日本庭園は一部バリアルートが現存し、車椅子での回遊は不可。それでも庭園の眺望を楽しめるポジションまでは、車椅子で行くことができます。

東京都庭園美術館

○西洋庭園はバリアフリー

西洋庭園の園路はバリアフリーに改修されました。そして庭園の端、改修されたレストラン棟の2F部を活用して障害者用トイレを新設。一般トイレはなく障害者用の個室がひとつある新トイレです。

この西洋庭園とレストラン棟の改修が、最後に行われた工事になります。

東京都庭園美術館

○身体障害者は駐車場利用可

入園料は障害者手帳の提示で、本人と介助者1名が無料に減免されます。

そして身体障害者は駐車場が無料で利用できます。受け入れ準備の都合上、事前連絡が推奨されています。電話を入れると、来館日時と氏名を聞かれます。現時点では車のナンバーなどの情報は不要です。

正面入口前でスタッフから駐車許可書をいただき園内へ。駐車スペースは本館の奥。スタッフの誘導に従ってください。

東京都庭園美術館

東京都庭園美術館は、本館と日本庭園には、あえてバリア構造を残しています。そして簡易スロープを利用する際には、少し力が必要です。それでも総合的には、車椅子で利用できる美術館です。