川越 車椅子観光ガイド 主な観光名所のバリアフリー情報

観光客に人気の街「川越」。主な観光スポットのバリアフリー状況を紹介します。

「川越蔵造りの町並み」

「仲町」の交差点から「時の鐘」付近までのメインストリートがもっとも混雑します。歩道はバリアフリーに整備されていますが、車道との境界はフラットなので、人ごみで車椅子が車道に押し出されないように注意が必要です。大混雑時にこの区間のお店を車椅子で利用するのは困難です。

川越~観光名所のバリアフリー情報

「中央通り」の一本東側の一方通行の裏道から「大正浪漫夢通り」にかけてもお店があります。この付近は車の通行は少なく、混雑時もそれほどの混乱はありません。

「菓子屋横丁」は車の通行がないので、大混雑時でも車椅子で安全に散策できます。しかし横丁の路面はデコボコがある舗装で、車椅子に軽い衝撃がきます。

大きくて清潔な公衆トイレが「菓子屋横丁」の近く、「川越まつり会館」の横にあります。旧トイレ棟と新トイレ棟があり、両方にバリアフリートイレが併設されています。また新トイレ棟には休憩スペースが併設されています。

「川越まつり会館」の入館料は障がい者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。ただし完全なバリアフリー施設ではありません。

川越~観光名所のバリアフリー情報

「喜多院」

「喜多院」表参道はバリアフリーですが、境内はほとんどが未舗装です。それでも固い路面なので、車椅子で移動出来ないことはありません。

身障者用駐車区画は駐車場の奥、寺院への出入口付近に3台分用意されています。駐車料金の障がい者減免制度はありません。

本堂は階段の上です。車椅子用の簡易スロープが架けられていますが、車椅子での利用は難しいスロープです。

川越~観光名所のバリアフリー情報

五百羅漢の参拝は有料です。路面がゴツゴツしているので、車椅子での鑑賞は快適ではありません。

川越~観光名所のバリアフリー情報

境内には公衆トイレ棟があり、バリアフリートイレが併設されています。内部の設備は新しく、ウォシュレット付き便器が備えられています。

より詳しいバリアフリー情報は、別稿「川越 喜多院 車椅子お参りガイド バリアフリー情報」を参照してください。

本堂の階段脇に設置されたスロープ

「成田山川越別院」

「別院」は境内まではフラットな舗装路ですが、本堂へは階段でスロープがありません。車椅子での参拝は困難です。

「川越城本丸御殿」

段差があり、下足を脱いで見学する復元施設です。車椅子で見学する場合は、スタッフに連絡して昇降機の用意をしていただきます。

川越~観光名所のバリアフリー情報

「川越市立美術館」

2002年に開館したバリアフリーな美術館です。観覧料の障がい者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。

B1から2Fまでの3フロア構造でエレベーターが1基あります。メインの展示室はB1。1Fは受付と「相原求一朗記念室」「市民ギャラリー」そして「タッチアートコーナー」。2Fは多目的ホール。各階にバリアフリートイレが配備されています。

川越城二の丸跡に建設された市立美術館で、隣接して市立博物館もあります。両施設共通の身障者用駐車スペースが美術館の横にあり、無料で利用できます。

美術館から博物館に向かうルートは、車椅子に衝撃がくる石畳風の路面です。

詳しいバリアフリー情報を別稿で掲載しています。ご参照ください。

川越市立美術館

「川越市立博物館」

1990年に開館した博物館ですが、ほとんど段差のない設計です。一か所だけ段差のある展示物がありますが、スロープが設置されています。バリアフリートイレは館内に1つ用意されています。観覧料の障がい者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。

博物館では縄文・古墳時代の川越の様子から展示があります。以下概略を紹介します。平安時代に荘園として発展し、その支配者が「河越(かわごえ)氏」。次に上杉一族が支配。太田道灌に命じて川越城を築城。鎌倉時代後期に後北条氏に支配が移り、さらに小田原攻めで豊臣秀吉のものに。そして徳川幕府になってからは、江戸の北の守りとして重視され、有力譜代の大名が藩主を歴任。川越藩からは老中が8人も排出しています。同時の経済の要所としても発展。水運も整備され「小江戸」として繁栄しました。

「蔵の町」として名高い川越は、江戸時代に何度も火災の被害に合い、防火対策として建築費用が高くつくにも関わらず、蔵の建設が盛んになりました。川越で培われた、蔵の建設技術の様子が「民族」の展示コーナーでは紹介されています。そして「川越まつり」のこと。これらを学べる博物館です。

詳しいバリアフリー情報を別稿で掲載しています。ご参照ください。

川越市立博物館

「ヤオコー川越美術館」

川越氷川神社の近くにある美術館で正式名称は「ヤオコー川越美術館 三栖右嗣記念館」です。画家の三栖右嗣氏の作品を展示する2012年に開館した新しい美術館です。観覧料の障がい者減免制度があり、本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。

設計は建築家の伊東豊雄氏。建設候補地の選定から、伊東氏は積極的に関わったそうです。ワンフロア構造の小さな美術館で、館内はバリアフリー。バリアフリートイレが用意されています。

美術館前には6台分の駐車スペースがあり、身障者用駐車スペースも設置されています。車椅子での通行は可能ですが、エントランスへのアプローチの路面が少しゴツゴツしています。また駐車場からエントランスまでは庇はありません。

詳しいバリアフリーを別稿で掲載しています。ご参照ください。

ヤオコー川越美術館

「あぐれっしゅ川越」

最後に観光のついでに買物が楽しめる農産物直売所を紹介します。川越市内観光用の無料駐車場に隣接した「JAいるま野」の直営店です。敷地面積が約900坪。店舗面積は300坪超。店舗屋上には、太陽光発電設備を設置しています。ここから「時の鐘」までは約1kmの距離です。

2010年に開業したワイド通路でフラットな売り場、店舗の裏側にバリアフリートイレがあるバリアフリーショップです。「サツマイモ」などの地場産商品の品ぞろえが豊かなお店で、川越の「おかし横丁」さながらの昔懐かしいお菓子の品揃えも充実しています。

詳しいバリアフリー情報は、別稿「埼玉の産直 あぐれっしゅ川越 車椅子買物ガイド バリアフリー情報」を参照してください。

川越~観光名所のバリアフリー情報

車椅子での川越観光の最大の問題は混雑です。周辺道路の渋滞も深刻です。車椅子観光は、混雑を前提にした無理のない行動計画が重要です。

(本稿は2018年12月に初稿を執筆しました)

世界遺産 白川郷 車椅子観光ガイド バリアフリー情報

世界遺産「白川郷萩町合掌造り集落」。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

白川郷へのアクセスはバスか車です。観光駐車場は「せせらぎ公園駐車場」。有料駐車場で障がい者減免制度はありません。身障者用駐車区画は駐車場の入口近くにあります。誘導スタッフがいるので、車椅子利用の旨を申告して下さい。

白川郷 バリアフリー情報

萩町合掌造り集落へは、庄川を渡って進みます。駐車場からスロープルートで川辺へ上り「であい橋」で川を渡ります。

混雑時はここが車椅子通行で苦労します。傾斜はたいしたことはありませんが、スロープも橋も幅に余裕がなく、そこで観光客が写真を撮るので渋滞します。車椅子を人にぶつけないように、ゆっくり慎重に進む必要があります。

白川郷 バリアフリー情報

集落内には公衆トイレがあり、すべてのトイレにバリアフリートイレが用意されています。その数は合計5か所。いずれのトイレも、あくまで公衆トイレのレベルです。

混雑時はトイレに行列が出来ます。もっとも混むトイレは、せせらぎ公園駐車場横の「であいの館」のトイレです。大型観光バスが到着すると行列が発生します。

白川郷 バリアフリー情報

集落内の観光通路は、多少のデコボコはありますが、車椅子での通行は可能です。問題は混雑だけです。

観光客が少ないエリアは「かん町」。「であい橋」を渡り「本通り」を右に向かうエリアです。混雑嫌いなら「かん町」方面がお薦めです。

白川郷 バリアフリー情報

車椅子での立ち入りが困難なのは「萩町城跡展望台」「白川八幡宮」そして「合掌造り家屋の内部見学」です。

「萩町城跡展望台」へはシャトルバスで行きますが、混雑時は車椅子での利用は現実的には難しい状況になります。また「萩町城跡展望台」自体がデコボコ路面なので、近くに車を停めたとしても、車椅子での観光は努力が必要です。

「白川八幡宮」は、砂利路面と段差がある、車椅子での参拝が困難な神社です。

「合掌造り家屋の内部見学」は、段差構造のため車椅子向きではありません。

白川郷 バリアフリー情報

車椅子で「合掌造り家屋の見学」をするなら、「道の駅白川郷・合掌ミュージアム」がお薦めです。以下、詳しく紹介します。

「道の駅白川郷・合掌ミュージアム」

白川郷まで2kmの地点にある道の駅です。高速の白川郷ICの近くにあります。

道の駅のお土産売り場の奥に、屋根続きで合掌造り家屋のミュージアムがあります。入場無料。本物の合掌造りを様々な角度から勉強できる施設です。合掌ミュージアムは17時まで。年末年始は休館します。

白川郷 バリアフリー情報

「合掌ミュージアム」は屋内施設です。本物の合掌造りの家屋を、半分解体して移築。合掌造りが「輪切り」になっているイメージです。

お土産売場の奥から入ると、そこは合掌造りの2Fから3Fの高さ。半地下構造のミュージアムで、合掌造りの周囲にスロープがあり、車椅子で上から下から横から、輪切りの合掌造りを見学できます。それほど急なスロープではありません。一般的な車椅子利用者なら利用可能です。

家屋内に乗りこむルートは一部階段があるので、車椅子ではスロープからの見学だけになります。

白川郷 バリアフリー情報

茅葺屋根を建築している様が、再現されています。リアルな作業員人形があり、作業に使用される道具の展示があります。

館内ではDVDが流れ、詳しい解説をリピート放映。合掌造りの構造、建築工法、メンテナンス手法などが詳しく勉強できて、屋内を覗きこむことで内部構造の実際を現物確認できます。

白川郷 バリアフリー情報

白川郷の集落内を車椅子で散策することは可能です。合掌造り家屋の内部見学は、「道の駅白川郷」の利用をお薦めします。

(本稿は2017年5月の取材に基づいています)

岐阜の人気観光地「郡上八幡」のバリアフリー情報を別稿で掲載しています。ぜひご覧ください。

水戸 茨城県立歴史館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

1974年に開館した「茨城県立歴史館」は、博物館だけではなく、公文書館、古民家や明治の建築遺産の展示、公園と様々な機能があります。現地のバリアフリー状況を紹介します。

茨城県立歴史館

アクセスは車が便利。大きな無料駐車場が用意されています。身障者用駐車区画の用意があるので、車椅子利用者も無料駐車場に進入して下さい。

茨城県立歴史館

無料駐車場は通り抜けて、歴史館建物の裏手へ進みます。そこに業務用の駐車場があります。身障者用駐車区画は、歴史館建物沿いの道に縦列駐車する形式で3台分が用意されています。

茨城県立歴史館

身障者用駐車区画から歴史館内への車椅子の動線です。歴史館建物の裏から、車椅子利用者は建物に入ることができます。段差解消スロープがあり、その先が通用口です。ドアを開けて建物へ入ると、守衛室の横を通ります。少し薄暗い通路をしばらく進むと手動ドアがあります。このドアを開けると歴史館1F総合案内横にでます。

茨城県立歴史館

歴史館の建物内には博物館と公文書館の2つの機能があります。

博物館としては、茨城県の歴史を解説する「常設展」、一橋徳川家から寄贈された美術工芸品などを展示する「一橋徳川家記念室」、そして年間4本程度開催される企画展「テーマ展」があります。博物館は有料展示です。

公文書館の利用は無料。30万点以上の古文書や公文書があり、閲覧できます。

茨城県立歴史館バリアフリー情報

博物館の入館料は障がい者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。1F総合案内で入館手続きをおこないます。

館内のフロアはフラットなので、車椅子利用に大きな問題はありません。設備は古いトイレですが、バリアフリートイレはあります。

博物館は1Fが企画展室と「一橋徳川家記念室」。2Fが常設展示室です。車椅子での上下階移動はエレベーターを利用します。

企画展が開催されていない時期は、構造上の問題から一般来場者はエレベーターが利用できないことがあります。その場合車椅子利用者は、スタッフの誘導によってエレベーターを利用します。2Fから1Fへ下りるときも同様です。スタッフに声をかけてエレベーターを利用してください。

茨城県立歴史館バリアフリー情報

常設展は江戸時代を中心に茨城の歴史の紹介しています。「一橋徳川家記念室」は徳川家から寄贈された6,000点の資料をテーマ別に展示。常設展、記念室とも、極めて真面目な展示内容です。小さなお子様向けの展示はありません。内容的には小学校高学年以上の歴史好き向きです。

茨城県立歴史館バリアフリー情報

この地には1970年まで水戸農業高校がありました。

茨城県立歴史館

歴史館の敷地は広く、公園としての機能があり、歴史的建造物の展示があります。屋外の利用は無料です。

茨城県立歴史館

公園としては広い芝生エリアと野草園や池、茶室などがあります。

茨城県立歴史館

屋外展示物としては、明治14年築の校舎「旧水海道小学校本館」と、築300年の古民家「旧茂木家住宅」などがあり無料公開されています。

茨城県立歴史館

茨城県立歴史館

歴史館から公園エリアへの車椅子での動線です。歴史館正面玄関から外に出ると、段差迂回スロープが両側に設置されています。

茨城県立歴史館バリアフリー情報

歴史館建物側からみて、左手のスロープを利用すると、その先の歩道がゴツゴツ路面をフラットにしたバリアフリー改修路で、右手のスロープの先はゴツゴツ路面のままです。左側ルートで進むと、車椅子でバリアフリーに公園エリアに進むことができます。

茨城県立歴史館

公園内のイチョウ並木は黄葉の名所です。

茨城県立歴史館

「旧水海道小学校本館」と「旧茂木家住宅」は、内部は段差構造です。車椅子からは外観の見学になります。

茨城県立歴史館

茨城県立歴史館

「旧水海道小学校本館」の正面からみて右側にスロープがあり、その先のドアを開けると館内にもスロープがあります。1Fはその気になれば車椅子で上がることができます。通常は無人の施設なので、玄関先にある電話でドアの開錠を依頼して下さい。

茨城県立歴史館

複合施設「茨城県立歴史館」は、歴史館建物内はバリアフリーです。公園エリアの通路は車椅子で通行可能です。屋外展示物の内部は、段差構造で車椅子では利用できません。

千波湖を臨む高台に建つ「茨城県立近代美術館」を別稿で紹介しています。ぜひご覧ください。

(本稿は2020年11月に加筆修正しました)