国宝松本城 車椅子観光ガイド バリアフリー情報

車椅子で行く松本 国宝松本城 バリアフリー情報

国宝松本城は、「天守」内は階段構造なので車椅子での見学は出来ません。

「本丸庭園」の通路は車椅子で通行可能です。しかしお城の周囲は砂利面、未舗装、段差ありで、車椅子で楽に移動できる箇所は少なく、移動行程のほとんどは気を使いながら車椅子で進むことになります。以下、現地のバリアフリー状況を紹介します。

「内堀」内の天守がそびえる本丸庭園は有料施設ですが、障がい者減免制度があり本人と介助者1名の入園料が無料に減免されます。「黒門」手前の券売所で入園手続きを行います。

バリアフリートイレは「太鼓門」横の公衆トイレ、「松本城公園」の公衆トイレ、「本丸御殿内」のトイレに用意されています。

車椅子で本丸庭園入口である「黒門」を目指すルートです。車椅子でもっとも楽なルートは、松本市役所側の「外堀」沿いの歩道から、橋を渡り「太鼓門」をくぐります。「太鼓門」内には段差箇所がありますが、不完全ながらスロープが架かっているので、慎重に移動すれば車椅子で通行できます。

「太鼓門」の先は未舗装路、砂利面路になりますが、車椅子にとって決定的な通行困難箇所にはゴムマットが敷かれています。隙間や小さなデコボコがあるので、必ずしも快適ではありませんが、車椅子での移動は頑張れば可能です。

「黒門」周辺も、不完全ですが段差にはスロープがあります。未舗装、砂利面路ですが路面は固いので、なんとか車椅子で通行できます。

本丸庭園内に入ると、通行路は舗装されています。舗装路を通るだけで、松本城天守の見学は可能です。

内堀と外堀の間に「二の丸御殿跡」があります。このエリア内は舗装路ではありません。車椅子では通行に苦労する砂利面路なので、無理をしないで下さい。

駐車場の状況です。松本城周辺には複数の有料駐車場があります。車椅子お薦めルートである、松本市役所側の「外堀」沿いの歩道から「太鼓門」を目指すルートなら、最も近い有料駐車場は「松本市役所本庁舎駐車場」です。

近くにある身障者用の駐車区画「信州パーキングパーミット制度」対象の駐車場は、前出の「松本市役所本庁舎駐車場」入口に2台分、「松本市役所東庁舎ATM前駐車場」に4台分、そして「松本市役所東庁舎北駐車場」入口に2台分用意されています。同制度を運用している他府県で交付された利用証でも駐車できます。

冬の恒例イベントは「氷彫フェスティバル」。2019年は1月26日、27日の二日間開催されました。会場には数多くの氷の彫刻が展示されます。

松本城の天守内は車椅子では利用できません。周辺の公園スペースや本丸庭園は、ルートを選べば車椅子で移動可能です。

松本市にある「旧制高等学校記念館」を別稿で紹介しています。ご参照ください。

(本稿は2019年1月の取材に基づいています)