松本市歴史の里 車椅子見学ガイド バリアフリー情報

車椅子で行く松本 松本市歴史の里 バリアフリー情報

「松本市歴史の里」は、信州の近代がテーマの「たてもの野外博物館」です。5棟の内3棟はスロープがあります。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

明治から昭和にかけての近代史を知る野外博物館です。移築して保存公開される建造物は5棟。重要文化財「旧松本区裁判所庁舎」、「旧松本少年刑務所独居舎房」、カイコ繭から生糸を生産した「旧昭和興行製糸場」、野麦峠の旅人宿「工女宿宝来屋」、社会運動家「木下尚江生家」です。

アクセスは車が便利です。広い無料駐車場があります。身障者用駐車区画は、一般車両は通行禁止の施設入口近くに2台分用意されていますが、駐車区画の箇所だけ路面が舗装されていません。周囲は舗装されているので、臨機応変に車椅子利用者は乗降してください。

「松本市歴史の里」の観覧料は障がい者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。入場口の先右手にある「管理・トイレ棟」で入場手続きを行ってください。

この棟の中と「展示・休憩棟」の中の2か所に、バリアフリートイレが用意されています。

入場手続きを済ませると、健常者は旧裁判所の階段入口に向かいます。車椅子利用者は裏にスロープがあるので、「工女宿宝来屋」方面へ向かい、左折して旧松本少年刑務所に向かいます。そこに旧裁判所と旧松本少年刑務所につながるスロープがあります。

「旧松本区裁判所庁舎」のバリアフリー状況です。旧裁判所は「松本市歴史の里」で最も大きな建造物、スロープで裏から館内に入ります。法廷には当時の裁判官や弁護士、被告人を模した人形展示があります。元々が段差構造の施設ですが、建物は平屋で、車椅子で建物内の約80%は見学可能です。

「旧松本少年刑務所独居舎房」のバリアフリー状況です。旧松本少年刑務所には、同じスロープから車椅子で入ることが出来ます。刑務所内はフラット構造なので、車椅子での見学は可能です。

いくつかの独居舎房がドアを開けて展示。自由に中に入り、ドアを閉める体験ができます。ただし段差があり、且つ土足禁止なので、車椅子のままでの体験はできません。

「旧昭和興行製糸場」のバリアフリー状況です。製糸場は1995年まで操業していた施設です。出入口にはスロープがあり、車椅子で場内に入ることが出来ます。

施設内には操業時の設備がそのまま残され、自由に見学します。見学通路はやや狭い箇所があり、車椅子での移動はギリギリで可能です。

「展示・休憩棟」のバリアフリー状況です。「展示・休憩棟」には、展示施設として「川島芳子記念室」と「山本茂実展示コーナー」「シベリア抑留展示コーナー」があります。

出入口はスロープがありドアは手動ドア。休憩室は機織り体験ができる施設も兼ねています。この棟は歴史的建造物ではないので、車椅子での利用は可能です。

段差構造の建物があります。「工女宿宝来屋」は江戸時代に建てられた宿。明治から大正にかけて、飛騨地方から諏訪・岡谷の製糸工場へ向かう工女たちが大勢宿泊しました。建物横には「ああ野麦峠」の像が建てられています。

「木下尚江生家」は社会運動家の木下が、明治2年に生まれた生家です。以上の2棟は、段差構造で車椅子での内部見学は出来ません。

史的建造物の野外博物館としては、車椅子利用者への配慮があります。すべては無理ですが「松本市歴史の里」は、車椅子である程度の見学が可能です。敷地内の通路は、デコボコが有る箇所が少なくないので、車椅子は慎重に進んで下さい。

「国宝松本城」のバリアフリー情報を別稿で紹介しています。ご参照ください。

(本稿は2019年1月の取材に基づいています)