信州千曲の酒蔵 酒井銘醸と長野銘醸 車椅子見学ガイド バリアフリー情報

長野県千曲市にある2つの酒藏は、直売所の他にも見所がある老舗です。400年の歴史がある「酒井銘醸」の母屋は築230年の巨大な茅葺屋根の建物。内部で営業している蕎麦処は段差構造ですが、ショップは車椅子で買い物ができます。

酒井銘醸と長野銘醸

母屋の他に宝暦蔵、寛政蔵、慶応蔵、明治蔵、大正蔵などがあり、大正蔵は「酒造資料室」として公開されています。段差構造の箇所もありますが、車椅子で歴史的建造物が見学できます。

酒井銘醸と長野銘醸

公開している施設全体の名称は「酒造コレクション」。伝統ある酒蔵の歴史を学べます。

酒井銘醸と長野銘醸

長野銘醸は元禄2年(1689年)の創業。湧水と棚田でつくるお米を使用した酒蔵です。江戸末期に建てられた木造2階建ての建物で現在も酒造りが行われています。

酒井銘醸と長野銘醸

敷地内はアップダウンがあるので、駐車場から車椅子で直売所まで移動するのは大変です。車椅子の人がいる場合は、直売所の近くまで車で来てかまわないそうです。

酒井銘醸と長野銘醸

見逃せないのは駐車場の近くにある松の巨木です。

酒井銘醸と長野銘醸

嘉永2年の「善光寺道名所図会」に記載された記録が残る「七曲の松」です。車椅子で鑑賞できる銘木です。

酒井銘醸と長野銘醸

信州千曲の酒蔵、酒井銘醸と長野銘醸は古い建物が残る施設なので全面的にバリアフリーとはいえませんが、車椅子で見所が見学できる老舗です。

(本稿は2024年4月に執筆しました)

隣町の長野県坂城町「鉄の展示館」を別稿で掲載しています。ご参照ください。

坂城町 鉄の展示館・坂木宿 ふるさと歴史館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

長野県坂城町は刀匠の町。人間国宝の刀匠、故宮入行平氏は坂城町名誉町民第一号です。また戦国時代から製鉄がおこなわれてきた町で「人間国宝 故宮入行平刀匠の功績を顕彰するとともに、町の工業発展に大きく寄与した鉄の素材、加工技術の変遷など鉄に思いを馳せて」鉄の展示館が誕生しました。

坂城町 鉄の展示館

アクセスは坂城駅から徒歩3分の案内。展示館の前に来館者用無料駐車場が用意されています。身障者用駐車スペースの設定はありませんが、乗降しやすい場所に駐車すれば問題ありません。駐車場の奥に独立したお土産ショップが営業しています。

坂城町 鉄の展示館

駐車場からエントランスにかけてフラットな舗装路を通り移動できます。鉄の展示館は有料施設ですが入館料の障がい者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。

坂城町 鉄の展示館

鉄の展示館の館内はバリアフリー仕様です。バリアフリートイレは一般的なサイズの個室で、シンプルな設備のトイレです。

坂城町 鉄の展示館

2フロア構造の施設で、エレベーターがあり車椅子で上下階移動できます。

坂城町 鉄の展示館

いずれの展示室もフラットな構造。車椅子で観覧できます。宮入行平刀匠の作品、歴史的な名刀、坂城町の産業などが紹介されています。

坂城町 鉄の展示館

坂城町は北国街道の坂木宿。鉄の展示館の近くに「坂木宿 ふるさと歴史館」があります。昭和4年に建造された木造3階建て建築物を活用した施設です。

坂城町 鉄の展示館

ふるさと歴史館は車椅子では観覧できません。段差のない箇所から建物に近づくのが精一杯です。

坂城町 鉄の展示館

ふるさと歴史館の内部は段差構造で車椅子での観覧は不可能です。中世信濃の村上氏や坂木宿の歴史が展示解説されています。

坂城町 鉄の展示館

坂城町の「鉄の展示館」は車椅子で観覧できるバリアフリー施設です。

(本稿は2024年4月に執筆しました)

長野県長野市にある「真田宝物館」を別稿で掲載しています。ご参照ください。

北アルプスを眺望 信州まつもと空港 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

長野県松本市にある「日本で一番空に近い空港」です。ターミナルビルは3フロア構造。1Fが到着ロビーで売店などが営業、2Fが出発ロビー、3Fが送迎デッキです。送迎デッキからは、天気の良い日は北アルプスの眺望が楽しめます。

信州まつもと空港

約500台を収容する無料駐車場が用意されています。身障者用駐車スペースはターミナルビルのエントランス近くに設けられています。

信州まつもと空港

駐車場からエントランスまでフラットな構造です。

信州まつもと空港

ターミナルビルの出入口は2重構造の自動ドアです。もちろん館内にバリアフリートイレはあります。

信州まつもと空港

ビル内にエレベーターが1基あり、車椅子で3F送迎デッキへ移動できます。ただしエレベーターホールから送迎デッキへの出入口は押し開くタイプの手動ドアです。ここだけは介助者がいないと辛い構造です。

信州まつもと空港

送迎デッキはフラットな構造。車椅子で移動できます。

信州まつもと空港

フェンス等がありますが、車椅子からの目線で景観を楽しめます。

信州まつもと空港

信州まつもと空港は、送迎デッキから雄大な景観が楽しめるバリアフリー施設です。

(本稿は2024年3月に執筆しました)

2023年に新しく生まれ変わった「松本市立博物館」を別稿で掲載しています。ご参照ください。