宇都宮城址公園 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

栃木県宇都宮市の中心部にある、宇都宮城の一部を再現した公園です。高さ約10mの土塁、その上に土塀と櫓、周囲には堀があります。面積は約3.7haですべて無料公開されています。

宇都宮城址公園

アクセスは車が便利です。宇都宮市役所の東側にある無料の「城址公園駐車場」などを利用してください。城址公園駐車場には身障者用駐車スペースが設けられています。

宇都宮城址公園

駐車場から横断歩道を渡ると土塁があります。この土塁の下に展示室「宇都宮ものしり館」があります。

宇都宮城址公園

宇都宮ものしり館は入館無料の小さな展示室です。出入口は手動ドアですが、今回取材時は開放されていました。車椅子で観覧できる資料館です。

宇都宮城址公園

宇都宮ものしり館内にエレベーターを利用して、車椅子で土塁に上部に上がることができます。

宇都宮城址公園

土塁の上はバリアフリーな歩道が整備されています。櫓の入口まではスロープが設置されています。

宇都宮城址公園

櫓内は段差構造で靴を脱いで見学します。車椅子ではスロープで櫓の苙口に近づいて、内部をのぞきます。

宇都宮城址公園

櫓は「富士見櫓」と「清明台」です。現地に解説版が設置されています。

宇都宮城址公園

宇都宮ものしり館の反対側の土塁の下は、お祭りで使われる山車が展示されていました。ここも車椅子で見学できます。宇都宮城址公園の再現施設は、ほぼすべてを車椅子で見学できます。

宇都宮城址公園

宇都宮市の八幡山公園のバリアフリー情報を別稿で紹介しています。ご参照ください。

(本稿は2023年1月に執筆しました)

御殿場 秩父宮記念公園 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

静岡県御殿場市にあった秩父宮殿下のご別邸が公園として公開されています。秩父宮両殿下が昭和16年から約10年間お住まいになられたご別邸で、妃殿下のご遺言で御殿場市に寄贈され、平成15年に開園しました。記念館、庭園、そして管理棟などがある有料の公園です。

秩父宮記念公園

アクセスは車が便利です。記念公園の前に身障者用駐車スペースがある有料の駐車場が整備されています。駐車料金の障がい者減免制度はありません。秩父宮記念公園内の売店で買い物をすると駐車料金の減免サービスがあります。

秩父宮記念公園

駐車場から道路を横断して秩父宮記念公園正門に進みます。

秩父宮記念公園

正門から先の森の中の通路は砂利路面の未舗装路です。そのため車椅子利用者は左方向に公園沿いの道路を迂回し「西門」から入園します。

秩父宮記念公園

西門から入園すると目の前に管理棟があります。段差迂回スロープを上がり管理棟に入ります。

秩父宮記念公園

管理棟内に受付、売店、休憩所があります。秩父宮記念公園は入園料の障がい者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。

バリアフリートイレは管理棟内のトイレとその横にあるトイレ、駐車場にあるトイレにあります。

秩父宮記念公園

管理棟から出て園内の散策路に進みます。散策路はすべて段差回避できるバリアフリー改修が行われています。傾斜路や路面の舗装が荒れている箇所はありますが、園内は車椅子で散策できます。

秩父宮記念公園

元車庫であった建物が内部公開されています。車椅子で見学できます。

秩父宮記念公園

ロックガーデンは舗装散策路から見学できます。

秩父宮記念公園

散策路の一部は車椅子で動きやすいウッドデッキ仕様です。

秩父宮記念公園

両殿下用の防空壕が部分的に公開されていますが、階段で防空壕の中に入ります。車椅子では見学できません。

秩父宮記念公園

記念館は平成4年築の新館の一部を改装して公開されています。入口は自動ドアです。記念館内にはトイレはありません。

秩父宮記念公園

記念館内は土足を脱いで観覧します。車椅子のために段差解消スロープ、エレベーターが用意されています。車椅子のタイヤを拭いて入館してください。

秩父宮記念公園

館内には様々な資料が展示解説されています。展示室は車椅子で観覧できます。

秩父宮記念公園

茅葺の母屋は享保8年の築で、母屋内部のごく一部が公開されています。母屋のリビングは英国風の部屋です。家具やカーテンは英国から取り寄せたものです。

秩父宮記念公園

母屋は段差構造でバリアフリーではありません。母屋内部は車椅子では見学できません。

秩父宮記念公園

坂道を上がりますが母屋の外側に回り、車椅子から外観を見学することはできます。

秩父宮記念公園

防空壕と母屋の内部は車椅子では見学できませんが、秩父宮記念公園はバリアフリーな施設です。

秩父宮記念公園

静岡県小山町にある「富士浅間神社富士山東口本宮」、別称「須走浅間神社」を別稿で紹介しています。ぜひご覧ください。

(本稿は2022年12月に執筆しました)

九段会館テラス 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

登録有形文化財「九段会館」が2022年10月「九段会館テラス」に生まれ変わりました。アクセスは九段下駅から徒歩1分の案内。有料地下駐車場は予約制です。

高層階はオフィスで、2Fから4Fに貸会議室と宴会場があります。1Fと5Fは一般利用できるカフェが営業。B1はクリニックモールです。5Fの屋上庭園は無料公開されています。

九段会館テラス

内堀通り沿いにある昔からのエントランスは階段路です。九段下交差点寄りから敷地内に入ります。植栽のある前庭があります。

九段会館テラス

前庭には自由に利用できるテーブル席が配置されています。奥にあるのは隣接する「昭和館」です。

九段会館テラス

前庭は内堀に面しています。内堀の上に日本武道館が見える立地です。

九段会館テラス

前庭から段差回避スロープを通り、B1と2Fをつなぐ外付けエレベーターを利用できます。

九段会館テラス

メインエントランスからもバリアフリーに館内に移動できます。

九段会館テラス

通常ルートは階段路です。階段の横に段差回避用のレベーターがあります。

九段会館テラス

このエレベーターで10段の階段を回避して、九段会館テラス1Fに移動できます。

九段会館テラス

1Fのエレベーターへの出入口は手動ドアです。

九段会館テラス

館内はバリアフリー仕様です。1Fには広いエントランスホールがあり、スペースに余裕があるカフェが営業しています。B1のクリニックモールもバリアフリー仕様です。

九段会館テラス

一般利用できるB1から5Fまで、各階にバリアフリートイレが用意されています。下の写真は1Fのトイレです。一般的なサイズの個室で、ウォシュレット付き便器、オストメイト装置が備えられています。

九段会館テラス

エレベーターで屋上庭園とカフェがある5Fへ移動します。庭園とカフェは段差がある構造ですが、段差回避できるルートが用意されています。

九段会館テラス

旧九段会館の構造を残す箇所がエレベーターホールです。

九段会館テラス

屋上庭園の正面は日本武道館です。九段会館テラスの商業エリアと1Fと5Fの公開庭園は車椅子で利用できます。

九段会館テラス

日本武道館がある「北の丸公園」のバリアフリー情報を別稿で紹介しています。ぜひご覧ください。

(本稿は2022年12月に執筆しました)