明治記念大磯邸園 車椅子散策ガイド バリアフリー情報

神奈川県大磯町は明治政界の要人が邸宅や別荘を築いた地。残された邸宅と庭園をあわせて「邸園」を開発する事業が進行中です。2020年11月、明治記念大磯邸園は第一期開園となりました。この時点での車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

明治記念大磯邸園

○アクセス方法と駐車場の状況

大磯駅から約1.2km、徒歩15分の案内です。車椅子利用者は車でのアクセスが便利です。

第一期開園時点では、駐車場は未整備で、一般来園者用の駐車場はありません。車椅子利用者の車両の駐車は「事前にお問い合わせください」という案内です。

車椅子利用者は事前予約不要で駐車スペースが利用できます。場所は「団体バス等専用乗降場」内です。

明治記念大磯邸園

国道1号線の明治記念大磯邸園の西側、約100mの地点に「団体バス等専用乗降場」の入口があります。ここから入ります。

明治記念大磯邸園

入口のすぐ近くが、車椅子利用者用の駐車スペースです。通常は管理スタッフがいるので、利用を申告して誘導を受けてください。はっきりとした駐車区画はありませんが、2~3台は駐車可能です。

明治記念大磯邸園

○邸園入口付近のバリアフリー状況

駐車スペースから国道1号線の歩道を通行して、明治記念大磯邸園の入口へ向かいます。この間のルートは多少のアップダウンはありますが、一般的な車椅子利用者なら移動可能です。

明治記念大磯邸園明治記念大磯邸園

明治記念大磯邸園は入園無料です。邸園入口の先、左側が管理事務所。パンプレットが置かれています。入口から短い区間は舗装路が整備されています。

明治記念大磯邸園

明治記念大磯邸園

○邸園内通路の状況

車椅子で問題なく通行できる舗装散策路は、一部だけです。邸園内を進むと、すぐに砂利路面の散策路になります。

明治記念大磯邸園

明治記念大磯邸園

砂利路面は浅くはありませんが、見た印象よりは車椅子は進みました。もちろん力は必要です。

明治記念大磯邸園

砂利路面以外には、石畳風の路面がゴツゴツした、車椅子に衝撃がくる散策路もあります。

明治記念大磯邸園

第一期開園部の通常の見学コースの70%程度は、車椅子で快適には移動できない未舗装路面です。

明治記念大磯邸園

○ビュースポットの路面状況

第一期開園は公園部だけで、邸宅内は非公開です。「旧大隈重信別邸」および「旧陸奥宗光別邸」の庭から、各邸宅の外観を観る場所が、ビュースポットとされています。

明治記念大磯邸園

明治記念大磯邸園

どちらも砂利路面から、芝生路面に移動して建物外観を見学します。芝生には固いサポートシートが埋め込まれているので、見た目よりは車椅子で移動できます。砂利路面よりは、芝生路面のほうが、車椅子での移動は楽です。

明治記念大磯邸園

明治記念大磯邸園

まだ整備中ですが、旧別邸の外観はそれなりに復元されています。観るだけで往時の生活が想像できます。

明治記念大磯邸園

明治記念大磯邸園

○トイレの状況

園内に障害者用トイレが用意されている案内です。邸園内のトイレ案内標識は、「旧陸奥宗光別邸」の奥に進むように掲示されていますが、そのルート途中の庭には段差箇所があり、車椅子では通行できません。

明治記念大磯邸園

「旧陸奥宗光別邸」の北側の、車椅子が通行しにくい砂利路面の路を進みます。

明治記念大磯邸園

その突き当りに、簡易トイレが用意されています。

明治記念大磯邸園

内部はこのような簡易トイレで、手洗いの水はタンクから供給されます。

明治記念大磯邸園

明治記念大磯邸園の第一期開園部の散策路は、未舗装路が多く、車椅子での移動は楽ではありません。また園内トイレの利用は積極的にはお薦めできません。車椅子で悪路が走破出来れば、「旧大隈重信別邸」と「旧陸奥宗光別邸」の外観を鑑賞できます。

(本稿は2021年1月に執筆しました)

埼玉県深谷市 誠之堂・清風亭・旧煉瓦製造施設 バリアフリー情報

深谷市には歴史を訪ねる無料施設があります。その中で「誠之堂・清風亭」と「旧煉瓦製造施設」は、出入口が段差構造なので、車椅子での内部見学は簡単ではありません。それぞれ車椅子でどこまで見学が可能なのか。現地の状況を紹介します。アクセスはどちらも車が便利です。

誠之堂・清風亭

「誠之堂・清風亭」

○受付は公民館

「誠之堂」と「清風亭」は、隣接して展示されています。東京の瀬田にあった時代も、2棟は隣接して建っていました。往時と同じ方角を向き、ほぼ同じ間隔で移築されています。

誠之堂・清風亭

見学の受付は「深谷市大寄公民館」内です。公民館の建物の中から、見学ルートにでることができます。公民館で受付を済ませないないと、見学はできません。

公民館の駐車場には、障害者用駐車スペースが屋根なしで2台分用意されています。

誠之堂・清風亭

そこから公民館のエントランスに向かいます。出入口は自動ドアです。

誠之堂・清風亭

○トイレの状況

深谷市大寄公民館の1Fに、障害者用トイレが1つ用意されています。スペースは一般的なサイズで、ウォシュレット付きのトイレです。ユニバーサルベッドはありません。

誠之堂・清風亭

誠之堂・清風亭

○見学手順の概要

公民館内の見学受付で簡単な記帳をします。そこから手動ドアを開けて、公民館の中庭のような空間に出ます。

誠之堂・清風亭

誠之堂・清風亭

すると正面に「誠之堂」と「清風亭」があります。

誠之堂・清風亭

中庭内はフラットな舗装路面で、車椅子で通行できます。

「誠之堂」と「清風亭」の周囲は、未舗装路面で浅い砂利が敷かれています。それでも車椅子はスタックしませんでした。見た目よりも楽に移動できる未舗装路面です。

誠之堂・清風亭

受付を担当していただいているボランティアスタッフが、「誠之堂」と「清風亭」の正面まで案内していただけました。現在はコロナ対策で、その場の屋外で、簡潔な解説をしていただけました。5分ほどの解説で、2棟の歴史と概要、そして移築された理由などが理解できます。解説の後は自由見学です。

誠之堂・清風亭誠之堂・清風亭

○見学のバリアフリー状況

2棟とも内部見学が可能ですが、出入口は段差構造で、土足を脱いでスリッパに履き替えます。

誠之堂・清風亭

建物の外観は車椅子で見学できます。2棟とも未舗装路面ですが、車椅子で苦労することなく、外周を回ることができました。

誠之堂・清風亭

「誠之堂」の出入口の段差と内部の様子です。

誠之堂・清風亭

誠之堂・清風亭

誠之堂・清風亭

誠之堂・清風亭

次は「清風亭」の出入口と内部の様子です。

誠之堂・清風亭

誠之堂・清風亭

この程度の段差なら介助で上がることができる人は、内部見学が可能です。

誠之堂・清風亭

「旧煉瓦製造施設」

○施設の構成

明治から操業された煉瓦工場の史跡です。国重要文化財に指定されているのは「旧事務所」「ホフマン輪窯6号窯」「旧変電室」「備前渠鉄橋」の4つの施設です。

「ホフマン輪窯6号窯」は、保存修理のため2019年から見学を休止しています。再開は2024年頃の予定です。

旧煉瓦製造施設

「旧事務所」内が資料館のように整備され、ボランティアスタッフが常駐しています。見学をすべき「旧煉瓦製造施設」は、「旧事務所」です。

旧煉瓦製造施設

○エントランス周辺のバリアフリー状況

「旧事務所」の前庭が駐車スペースです。駐車区画はなく、適当に車を停めます。

旧煉瓦製造施設

そこから「旧事務所」の正面出入口までは、段差の無い舗装路面です。

旧煉瓦製造施設

正面出入口が受付です。ここで簡単な記帳をします。そしてここに2つの段差があります。他にバリアフリールートはありません。内部は土足見学で、大きな段差はありません。この段差を何らかの方法で乗り越えることができれば、車椅子で内部の見学ができます。

旧煉瓦製造施設

○2段目が高い

車椅子で無理をして段差に挑戦したところ、1段目は前輪を上げて乗り越えることができました。しかし2段目は高さがあり、無理でした。車椅子ごと持ち上げるか、介助歩行が多少でも可能な人なら、ここだけ歩いてもらう必要があります。

旧煉瓦製造施設

○展示コースの概要

「旧事務所」内に一般トイレはありますが、障害者用はありません。

4つの部屋を使い、煉瓦の歴史などが展示解説されます。今回取材時は、ボランティアスタッフの方が、丁寧に説明をしていただけました。屋内見学ですが、4つの部屋で暖房が入っているのは1室だけです。冬季の見学は寒さ対策をしてください。

旧煉瓦製造施設

解説を聞きながら見学をすると、煉瓦のことはもちろん、深谷ネギの美味しさの理由も理解が深まります。

旧煉瓦製造施設

退館するときも、入館時と同様に正面出入口の段差を通ります。

旧煉瓦製造施設

「誠之堂・清風亭」は外観だけなら車椅子で見学可能。「旧煉瓦製造施設」の「旧事務所」は、2つの段差が越えられれば車椅子で見学できます。

(本稿は2020年12月に執筆しました)

国立天文台三鷹キャンパス 車椅子見学ガイド バリアフリー情報

東京都三鷹市にある国立天文台は、敷地内が一般開放されています。見学コースには大正時代に建設された施設が残り、往時の望遠鏡などが展示されています。見学コースは車椅子で散策可能です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

国立天文台三鷹キャンパス

○障がい者専用駐車場の利用方法

徒歩圏に駅はありません。車でのアクセスが便利です。一般来場者用の有料駐車場があります。

国立天文台三鷹キャンパス

身体障がい者でかつ車椅子利用者は無料駐車場が利用できます。一般車両通行禁止の正門からキャンパス内に車で進入します。

国立天文台三鷹キャンパス

門の先右側に守衛所があります。この建物は「門衛所」で国の登録有形文化財です。ここで障害者手帳を提示して、車椅子利用と駐車場の利用を申告します。簡単な記帳をして、見学者シールと駐車許可書を受け取ります。そして施設スタッフから駐車場の場所の説明を受けます。

今回取材時は、正門の先正面にある「中央棟」前の障害者用駐車スペースを案内されました。ここに限らず、キャンパス内には複数個所に障害者用駐車スペースが用意されています。

国立天文台三鷹キャンパス

○見学コースの概要

見学者は見学コースに限り散策できます。コースを外れて他の施設に行くのはルール違反です。

国立天文台三鷹キャンパス

見学コースはほとんどアップダウンがない舗装路で、車椅子で問題なく移動できます。周回コースではなく、すべての施設を巡るには、同じ道を行ったり来たりするコースです。すべてを巡って、全行程で2㎞程度のコースです。

国立天文台三鷹キャンパス

見学コースの約半分は、大正時代からある豊かな森、武蔵野の雑木林の中を通ります。木立の中に忽然と大正時代の天文施設が現れます。

国立天文台三鷹キャンパス

国立天文台三鷹キャンパス

○トイレの状況

今回取材時はコロナ対策で、展示室など一部の施設は閉鎖されていました。そのため「ドームシアター」内の屋内トイレは確認できていません。案内では障害者用トイレがあるようです。

職員専用駐車場に隣接して独立トイレ棟があり、障害者用トイレが1つ用意されています。一般的な公衆トイレの仕様です。

国立天文台三鷹キャンパス

○主な見学施設のバリアフリー概況

・第一赤道儀室

大正10年築の天文台最古の建物で、口径20cmの屈折望遠鏡があります。ただし入口まで10段強の階段があり、車椅子では内部見学はできません。

国立天文台三鷹キャンパス

・アインシュタイン塔

昭和5年に完成。塔全体が望遠鏡の筒の役割をしています。見学は外観のみ。健常者と同等に、車椅子で近づいて見学できます。

国立天文台三鷹キャンパス

・大赤道儀室

大正15年築。高さ19.5m、ドーム直径が15m。内部には65cm屈折望遠鏡があります。今回取材時は外観のみ見学可でした。舗装路を通り、車椅子で近づけます。

国立天文台三鷹キャンパス

・旧図書庫

昭和5年築。国登録有形文化財です。外観のみの見学で、散策路から車椅子で見学できます。

国立天文台三鷹キャンパス

・レプソルド子牛儀室

大正14年築。子牛儀資料館として内部見学ができます。展示されているレプソルド子牛儀は、1880年ドイツ製で、国指定重要文化財です。

国立天文台三鷹キャンパス

5段の階段を上がれば、はっきりと内部を見学することができますが、段の下からでも、内部がまったく見えないことはありません。

国立天文台三鷹キャンパス

・ゴーチェ子牛環室

大正13年築の国登録有形文化財です。半円形のドームの入口が台形の屋根。階段の下から内部をのぞくことができます。

国立天文台三鷹キャンパス

国立天文台三鷹キャンパス

・6m太陽電波望遠鏡

1970年製、日本初の電波望遠鏡です。最初はこの地三鷹で活躍。その後3ヵ所に移設されて観測に使用されました。現役を引退して2018年に、歴史遺産として展示されるために、また三鷹に戻ってきました。

散策路を通り、車椅子で近づいて見学できます。

国立天文台三鷹キャンパス

・自動光電子牛環

昭和57年築。現在は天文機器資料館として活用されています。今回取材時はコロナ対策で閉館していました。内部のバリアフリー状況は不明です。

国立天文台三鷹キャンパス

・50センチ公開望遠鏡

1994年に設置。市民のための天体観望会が開催されます。入口までスロープがあります。

国立天文台三鷹キャンパス

・太陽系ウォーク

太陽系の大きさを140億分の1に縮めて各惑星を紹介する展示施設です。惑星の距離を14億分の1に縮めて配置しています。したがってここでの1mは1,400万kmに相当します。散策路に沿って展示されているので、車椅子で見学できます。

国立天文台三鷹キャンパス

○三鷹市「星と森と絵本の家」のバリアフリー状況

国立天文台三鷹キャンパス内にある、三鷹市が運営する入館無料の文化施設です。大正時代に建設された「国立天文台旧1号官舎」を保存活用した施設で、エントランスがある新棟には回廊ギャラリー、旧1号官舎内は絵本館になっています。

国立天文台三鷹キャンパス

エントランスへは段差回避スロープで向かいます。

国立天文台三鷹キャンパス

新棟にはユニバーサルベッドがある障害者用トイレがあります。

国立天文台三鷹キャンパス

回廊ギャラリーを抜けて旧1号官舎に入る箇所で、土足禁止になります。車椅子は施設の雑巾でタイヤを拭いて上がります。

国立天文台三鷹キャンパス

廊下は車椅子で自由に通行できます。

国立天文台三鷹キャンパス

畳みの上は、車椅子利用者が来館すると、施設スタッフがマットを敷きます。その上に限り通行可能です。

国立天文台三鷹キャンパス

旧書斎、旧客間、旧女中部屋、旧台所、旧浴室などを活用した絵本館です。そういう目でみると、建築物そのものが楽しめます。

国立天文台三鷹キャンパス

縁側からは、お庭を眺めることができます。

国立天文台三鷹キャンパス

三鷹市星と森と絵本の家は、スタッフが特別対応をして、車椅子用のマットを用意していただけるバリアフリー施設です。

国立天文台三鷹キャンパス

森が広がる広い敷地の中の舗装路を散策して、大正から昭和初期に造られた天文台施設を見学し、バリアフリーな文化施設を利用できます。国立天文台三鷹キャンパスは、車椅子利用者にお薦めできる、穴場のお出かけ先です。

(本稿は2020年11月に執筆しました)