車椅子で行く表参道~東急プラザ表参道原宿バリアフリー情報

東急プラザ表参道原宿

神宮前交差点に2012年に開業した「東急ブラザ表参道原宿」は、構造的にエスカレーターでの上下階移動が主動線になる商業施設です。車椅子ではどうやって利用するのか。現地現場の実際を詳しく紹介します。

 

○明治通り側にあるエレベーターへ

神宮前交差点の上階部に大きな木が見えるビル。印象的な正面エスカレーターの設計。見た目だけでインパクトがある施設です。車椅子利用者は、明治通り側にあるエレベーターを利用してください。エスカレーターがメインの場所にある設計なので、健常者がエレベーターに必要以上に流れてくることはあまりありません

東急プラザ表参道原宿

○トイレは一か所のみ

障害者用トイレは5Fに一つ。一般トイレも男女別に一か所しかありません。これだけの施設でこのトイレの少なさには驚きます。障害者用トイレは男性用トイレの横。赤ちゃん用のスペースは女性用トイレに併設されています。

 

○3Fの「おもはらテラス」へ

表参道の並木を眼前に見るなら、3Fの「おもはらテラス」へ。それほど幅はない、狭いバルコニーです。狭いといっても車椅子での利用は十分に可能。テラスにテーブルと席が幾つか置いてある程度のテラスですが、表参道の並木とほぼ同じ高さ。したがって冬場のイルミネーションは同じ高さ。記念撮影スポットです。

東急プラザ表参道原宿

○エスカレーターは5Fまで

1Fからのエスカレーターは5Fまでの構造です。「おもはらの森」の6F、ダイニングがある7Fへは、階段かエレベーターの選択になります。

来客の年齢層が若いためか、5Fより上階へは階段を利用する人が多く、5Fからわざわざエレベーターを利用する人は少ない印象です。ただしベビーカー利用者はかなりいます。ベビーカーでエレベーターが混むことがあります。

 

○6Fは「おもはらの森」

6F「おもはらの森」は屋上の森。表参道の並木と同じ「ケヤキ」や「カツラ」の中高木が、30本超植栽されています。これだけ大きな木が屋上庭園に植栽されているのは希少。巣箱やバードパスも設置され、野鳥の訪れを歓迎しています。ここは神宮の森が至近で、近くに野鳥が数多く生息しているエリアです。ここの巣箱で育った野鳥もいるのかもしれません。

東急プラザ表参道原宿

○「おもはらの森」の段差構造

「おもはらの森」の外を眺める眺望スポットへは、段差があり車椅子では行くことができません。表参道一帯はそれほど高い建物はないので、数段のステップを上がれる人は、6Fからの眺望ですが、ある程度の視界が確保されます。表参道原宿界隈。日本を代表する街を上から眺めることができます。

 

この森で行われる季節のイベントは楽しい。冬のイルミネーションだけではありません。四季折々イベントが楽しめます。段差部を避ければ、「おもはらの森」は車椅子でもイベントを楽しむことが出来る施設です。

東急プラザ表参道原宿

○休日は開店直後が混雑

メインフロアの営業時間は11時から21時。休日ともなると、10:30くらいには開店を待つお客さんの列が出来ます。車椅子利用者は、混みあう開店直後の時間帯は避けることをお薦めします。

 

混雑時間帯を避ければ、車椅子で快適にエレベーターを利用できます。「東急ブラザ表参道原宿」は、ショップ、テラス、森を、車椅子で楽しめる施設です。