車椅子で行く代官山~ログロード代官山バリアフリー情報

ログロード代官山

電車の地下化によって空いた旧線路スペース約220mを活用して、2015年4月に誕生した「LOG ROAD DAIKANYAMA」。車椅子で行くログロード代官山はどうなのか。現地現場のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2015年の取材に基づいています。

○ログロードは高い場所にある

代官山駅周辺は高低差がある地形で、歩道のない狭い道やアップダウンルートなどがあり、それほどバリアフリーなエリアではありません。ログロード代官山は、周辺よりも一段高い場所に横長に伸びる施設。車椅子でどうやって「上る」かがポイントです。

 

○お薦めルートはエレベーター

ログロード代官山へ上がるルートは3つあります。

代官山駅と反対側の「渋谷駅口」という名称の出入口は、階段のみで車椅子では利用できません。専用駐車場は、この渋谷駅口側にあります。

代官山駅方面から向かうと、ログロード代官山の入口へは急坂を上ります。気合を入れれば、車椅子で上ることが出来る坂道ルートです。

お薦めはエレベータールート。急坂を上がらずにログロード代官山に沿った下の道を進むと、中間付近にエレベーターがあります。車椅子では無理せずに、エレベーターを利用してください。

 

○施設内はバリアフリー

エレベーターで上れば、そこは旧線路スペースを活用したほぼ平坦な路。全体がバリアフリーで障害者用トイレもあります。緑豊かな植栽で散策路風に造られた通路の脇には、洒落たベンチ、粋なオブジェなど、ところどころに様々な設備が配置されています。線路の跡地をこういう洒落た施設に再開発できるのは、代官山ブランドの力です。

施設のデータを確認すると、全長220m、敷地面積約3200㎡、店舗棟は5棟で延床面積は約1900㎡。長いだけではなく、面積もある商業施設です。

施設内の通路には屋根はありません。車椅子利用者は、天気の安定した日の利用をお薦めします。

ログロード代官山

○食の2店舗

渋谷口側には“新鮮でオーガニックな旬の食材”が自慢なGARDEN HOUSE 鎌倉の2号店「GARDEN HOUSE CRAFTS」。主なメニューはデリやサンドイッチなど。車椅子でも利用できる屋外テラスが少々あります。

代官山駅口側が“代官山の新たなビールカルチャーの発信基地。その場でつくられたクラフトビールが楽しめるブルワリー併設のオールデイダイニング”の「スプリングバレーブルワリー・トーキョー」。開放的な構造の店舗で、車椅子で利用出来るテラス席があり、お客さんの様子が見えてしまいます。

 

○午前中からビール

午前中から皆さんビールを飲んでいます。特にテーブルの上で目立つのは、6種類のビールがテイスティングできる「ビア・フライト」。それぞれのビールに合わせたおつまみ6種類がついている“利き酒セット”です。

営業は朝8時から。早い人は何時からビールを飲んでいるのか。夜は月~土が24時、日祝が22時までと、長時間営業です。

 

○ファッション2店舗は男子店舗と女子店舗

2軒の飲食店に挟まれる立地で、ファッション系店舗が2店舗あります。いずれも日本初上陸のアメリカ西海岸ライフスタイル複合セレクトショップ「Fred Segal」がプロデュースする店舗で、男子店舗と女子店舗。どちらも車椅子で利用出来るバリアフリー店舗です。

なお、開業当初に話題になったドーナッツ店は閉店しました。

ログロード代官山

周辺はアップダウンが多く、歩道は狭い。アクセスには少し苦労しますが、ログロード代官山の施設内は、車椅子で快適に利用できます。