車椅子で行く代官山~代官山T-SITEバリアフリー情報

代官山T-SITE

蔦屋書店を中核にした代官山T-SITEは人気の施設。車椅子目線での、現地現場のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○アクセスは駅から5分

代官山駅は改装されてバリアフリーです。代官山T-SITEまでは、直線コースで200mほど。その行程の大半が、交通量が少ない裏通りと旧山手通りの歩道です。車椅子で通行しにくいのは、信号を渡る箇所。デコボコガタゴトするので、車椅子は慎重に横断歩道を渡ってください。

代官山T-SITE

○車利用も便利

車でのアクセスも便利です。専用駐車場は120台を収容。満車の場合は数台なら路上待ちが許されます。右折入庫は禁止なので協力してください。

代官山T-SITE周辺の旧山手通りは、パーキングメーター設置路線。駐車禁止除外指定を受けている身体障害者は、パーキングメーターの利用も便利です。混み合いますが、代官山T-SITEから少し離れた場所なら、空きがある可能性が高いパーキングメーターです。

 

○蔦屋書店はエレベーターあり

代官山蔦屋書店は3棟並びの2フロア構造。障害者用トイレとエレベーターは、1号館と3号館にあります。3棟は2Fでもデッキで連結。車椅子で代官山蔦屋書店の売り場を巡ることが出来ます。

代官山T-SITEの障害者用トイレはもう一か所、1Fにボーネルランドが入る別棟内に用意されています。トイレはいずれも綺麗。一般的な車椅子利用者なら、問題なく利用できます。

 

○1FはBOOKS

3棟構造の代官山蔦屋書店の1FはBOOKSと文具。空いている時は車椅子で快適に利用出来る書店ですが、他のお客さんが選書していると、車椅子では通行できない幅の店内通路です。人気の売り場は、車椅子での利用は難しいほど混雑することが多い書店です。

1号館の1Fは過半がCVS。窓際がイートインコーナーです。CVSのレイアウトは一般的なスタイル。極端な混雑がなければ、車椅子での利用は可能です。

代官山T-SITE

○2FはDVDやカフェ

代官山蔦屋書店の2Fは、映像・音楽と喫茶のフロアです。DVDやCDのコーナーは、それほど混み合いません。車椅子で快適に利用出来る時間帯が多いコーナーです。

喫茶はカフェとスタバ。どちらも混雑していることが多いお店です。混雑が原因で、車椅子では利用しにくいことが多い、カフェとスタバです。休日の日中は、車椅子での利用は難しいことが多いでしょう。

 

○別棟もバリアフリー

代官山T-SITEは、代官山蔦屋書店以外に別棟が6棟。このエリアを通る歩行路は、車椅子で快適に移動可能です。一番人気はダイニング「アイヴィープレイス」。よく行列ができます。混雑は問題ですが、構造としてはバリアフリーなので、車椅子でお食事ができます。

 

○ガーデンギャラリーはイベントスペース

別棟の一つ「ガーデンギャラリー」はイベントスペース。数多くのイベントが開催されます。構造的にはバリアフリーなので、車椅子でガーデンギャラリーの内部へ入ることが出来ます。

 

○フリー座席はほぼ満席

休日ともなると、代官山蔦屋書店は午前中から混み合います。蔦屋書店内の各所に配置されるフリー座席は、終日ほぼ満席。来客の平均滞在時間が長い書店です。選書を楽しむスペースは豊富にありますが、そこは人でいっぱい。その中での車椅子での選書になります。何度も行きたくなる場所、長い時間を過ごしたい場所。多くの人にそう思われている書店です。

代官山T-SITE

蔦屋書店の混雑問題はありますが、代官山T-SITEの基本設計はバリアフリーで、車でも利用しやすい。代官山T-SITEは、車椅子での利用をお薦めできる施設です。